新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

Road to THE NEW BEGINNING

2014/02/02(日)18:30東京・後楽園ホール  | 観衆  2,015人(超満員札止め)

第6試合30分1本勝負

田口隆祐 復帰戦

[11分30秒]
ダイビングフットスタンプ→片エビ固め

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 昨年6月から腰の負傷で欠場していた田口が、約9ヶ月ぶりに待望の復帰。自分を裏切ったかつてのパートナーであるデヴィットと対決。なお、この一戦は2月11日大阪で行われるIWGP Jr.タッグ戦マット&ニックvsKUSHIDA&シェリーの前哨戦でもある。
 
 田口とデヴィットが先発するも、デヴィットがすぐにファレとタッチ。そして、ファレが優位になった途端にスイッチし、田口にストンピングを連射した。
 KUSHIDA対マットの場面。シェリーとKUSHIDAがスピーディーな連携攻撃でマットを蹴散らし、続いてニックもその餌食にする。ところが、今度はマットとニックが息の合った連携攻撃でKUSHIDAに逆襲。
 これで場外乱闘に引き込まれたKUSHIDAは、ファレとデヴィットの追撃を食らい、マットとニックにも攻め立てられる。しかし、ウラカン・ラナでマットを投げ、ニックのハイキックを誤爆させることに成功。そして、ハンドスプリングエルボーでニックを退散させた。
 真壁対ファレの場面。真壁が串刺し攻撃をかわしてファレをコーナーに激突させ、串刺しラリアット2連発。そして、頭部にパンチを連射するが、ファレがカウンターバックフリップで逆襲。
 すると、デヴィットが現われてダイビングフットスタンプを投下するが、真壁が回避して右ラリアットを発射。そして、かわされた直後に左ラリアットを浴びせ、田口にタッチ。
 これで田口対デヴィットとなり、田口が前方回転エビ固めをすり抜け、低空ドロップキック。さらに、スイングDDT、ドロップキックで追い討ちをかける。
 続いて田口はどどんを狙うが、デヴィットが脱出し、ファレがグラネードの体勢に入る。これは田口が回避したものの、ファレがカウンターショルダータックルを浴びせ、さらに両腕ラリアットでKUSHIDAとシェリーをなぎ倒す。
 次にファレはバッドラックフォールを仕掛けるが、真壁が救出し、ラリアットで場外へ叩き出す。その後、KUSHIDAとシェリーが連携攻撃でマットとニックを場外へ追いやり、シェリーがマットにトペスイシーダをお見舞い。
 すると、田口がミサイルキックをデヴィットに食らわせ、どどんを狙う。これをデヴィットが切り返してブラディサンデーに行くが、田口が脱出してラ・マヒストラル。
 さらに田口は、延髄斬りでデヴィットに追撃し、なおもどどんを狙う。しかし、デヴィットが後ろ向きに走って田口をコーナーへぶつけ、直後にファレが串刺しボディアタックをお見舞い。そこからデヴィットがダイビングフットスタンプをさく裂させ、田口を仕留めた。

コメント
デヴィット「田口とはApollo55としてコンビを組んでいた。しかし、そんなものはとっくに終わっているんだ。田口が休んでいるあいだ、俺はBULLET CLUBを作った。最強の軍団だ。田口はもう不要だ、オレたちこそがリアルだ。いつでもかかってくるなら相手をしてやる。でも、田口、おまえは終わってい るんだ」
※ファレ、マット、ニックはノーコメント。
 
真壁「オイ、ウンコチ○チ○ヤロ〜! まだドームでもわかってねーか? 今シリーズよ、あのバカな頭にキッチリ教えこんでやる! こちとら田口の復帰戦だぞ? クソ! いいぜ、テメーらがそうくるなら、コッチもこれ(チェーン)使わせてもらうぜ? 覚悟しとけ!」
KUSHIDA「タイトルマッチをやる大阪、どんな土地か? 俺が初めてベルトを獲った土地だ。会場がひっくりかえるくらいの試合をして、ベルトを取り返す!!」
シェリー「BULLET CLUBには、本当に頭にくるよ! BEST OF THE SUPER Jr.の決勝からずっとね。そして、ヤングバックス! 彼らとTIME SPLITTERSが闘ってどっちが上なのか? それを証明してみせるよ」
田口「(最後のフットスタンプが急所に命中して)結果、負けたけど、自分のモノの大きさに負けたってとこかな? 相手に負けたというより、今日ほど自分のモノが大きくてくやしかったことはない……。大きいけど、そうですね。コスチユームを変更? そうですね。まぁ、Apollo55を組んで行くうえで、ショートタイツにしたところがあったんで。ま、このへんで心機一転、2014年田口隆祐、装いも新たにスタートします。ファッショナブルに突き進んでいきたいと思います」
――8か月ぶりのリングは?
田口「そうですね。緊張はしなかったんですけど、やっぱり試合に慣れていない。カンが少し鈍っている感じもあったんで。シリーズ通してじゃなく、次の試合からはキッチリと、勝ちに行きたいと思います。やはりテーマはデヴィット? そうですね。BULLET CLUBというより、デヴィット。SUPER Jr.の予選からメチャクチャにされ、ブチ壊されたんで、この罪は重いですよ。ボクは勝って終わり、じゃない。勝って、新日本のリングを追放して終わりですから。そこまでやりますから」
――今日は、田口さんが復帰され、井上さんが引退を表明されました。
田口「ハイ。ボクの場合は、運よく、本当に縫い糸の細さくらいの線でつながって、なんとか復帰できましたけど、一歩間違ったら、引退……してましたし。それどころか足が動かなくなりましたから。当初は車イス生活でしたから。ボクの場合、本当に運がよく。レスラーみんなこれだけ本当に、命を懸けて、身体を貼って、闘ってますんで。見ているみなさんもそういう闘いにシビれてもらって、楽しんでもらえればいいし。僕らは、命を懸けるだけの、やりがいのあるモノだと思ってるんで、これからも見ているみなさんも命を懸けてみて下さい、楽しんでください。みなさんが喜んでもらえるように、命を懸けてやるだけです。井上さん、おつかれさまでした」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.