新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

NEW YEAR DASH !!

2014/01/05(日)18:30東京・後楽園ホール  | 観衆  2,015人(超満員札止め)

第8試合30分1本勝負

[20分30秒]
昇天・改→片エビ固め

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 昨日の東京ドーム大会でIWGPヘビー戦を行なったオカダと内藤、IWGP IC戦を行なった棚橋と中邑が登場。新IC王者に輝いた棚橋は、白いベルトを巻いて入場。
 
 内藤対オカダで試合が始まり、内藤がいきなりドロップキック。さらに、ロープワークから2発目のドロップキックを見舞う。
 棚橋対オカダとなり、棚橋がカウンターエルボー、フライングボディアタック。しかし、オカダがフロントハイキックで報復。
 後藤対石井の場面。激しいラリアット合戦で場内がヒートアップし、後藤が打ち勝つ。そこからキャプテンが登場し、ジャンピングショルダータックルで石井とYOSHI-HASHIを蹴散らす。
 だが、控えの中邑がロープワークを妨害し、中邑&オカダ&石井がトリプルフロントハイキック&合体ヒップドロップの連続攻撃をお見舞い。これでキャプテンが失速し、オカダ組の標的にされる。
 まったく反撃できないキャプテンに対し、中邑がジャンピングニードロップ、頭部への膝蹴り、オカダがトップロープ越えのセントーンアトミコ、石井がブレーンバスター、YOSHI-HASHIが如意棒攻撃で追い討ち。しかしキャプテンは、ブレーンバスターとフライングボディアタックでYOSHI-HASHIに逆襲。
 棚橋対中邑となり、エルボー合戦から棚橋がフライングフォーアームで中邑を倒し、ダイビングサンセットフリップ。そして、中邑のパフォーマンスを真似て挑発する。だが、中邑が背後からトーキックで襲い掛かり、コーナーでバイブレーション式踏みつけ攻撃。さらに、棚橋をコーナー最上段へ固定し、ボディにランニングニーアタックを食らわせる。
 続いて中邑はリバースパワースラムからボマイェを発射するが、回避した棚橋がスリングブレイドでなぎ倒す。これで内藤の出番となり、中邑にアームホイップ、低空ドロップキックで追い討ち。しかし中邑は、フェイント式ニールキックで逆襲。
 内藤対石井の場面。石井がエルボー&逆水平チョップ連射から串刺しラリアット。さらに、再びエルボー&逆水平チョップ連射で追撃する。これに対して内藤は張り手を連発するが、石井が仁王立ちで受け止める。そして、左右の張り手を連打し、反対に内藤をダウンさせた。
 すると内藤は、次のラリアットをかわし、延髄斬りで逆襲。そして、ドロップキックで石井をニュートラルコーナーまで吹き飛ばし、ストンピング、エルボーを乱れ打つ。
 内藤の攻撃は続き、石井を踏み台にしてエプロンへ飛び出し、トップロープ越えの串刺し低空ドロップキックをお見舞い。さらに、エルボーを連射するが、石井がヘッドバットで報復。そこから内藤がカウンター浴びせ蹴り、石井がラリアット、内藤がジャンピングエルボーアタックを繰り出し、両者一歩も譲らなかった。
 後藤対オカダの場面。後藤が追走式ラリアット、ミドルキック3連射、串刺しニールキック、バックドロップと畳み掛ける。すると、オカダがエルボー連打で反撃に出るが、後藤が重いエルボー1発でダウンさせる。
 それでもオカダは、リバースネックブリーカーで巻き返し、ボディスラム、ダイビングエルボードロップ。そして、レインメーカーポーズからレインメーカーを放つが、後藤が回避。しかしオカダは、後藤の追走式ラリアットを避け、ドロップキックで吹き飛ばした。
 後藤対YOSHI-HASHIの場面。YOSHI-HASHIが串刺しラリアット、ヘッドハンターで先制。その後、顔面にヘッドバットを食らったものの、すぐさまカウンターラリアットで巻き返す。そして、スワントーンボムから後藤をフォールするが、キャプテンがカットに入る。
 すると、石井がキャプテンにラリアット、内藤が石井にミサイルキック、オカダが内藤にフロントハイキック、棚橋がオカダと中邑にドラゴンスクリュー。これで後藤とYOSHI-HASHIの一騎打ちとなり、後藤のローリングラリアットをYOSHI-HASHIがブロック。しかし、すぐに後藤が牛殺しを見舞い、最後は昇天・改でとどめを刺した。
 
 試合後、内藤と石井が乱闘を繰り広げ、仲間たちが制止する。
 その後、棚橋組の4人が勝ち名乗りをあげ、後藤が「討ち取ったりーー!!」とマイクアピール。さらに、「完全復活を証明するのはまだだ! オカダーー!! オカダのベルトを奪ってからが完全復活だ!」と、オカダに宣戦布告した。これを受け、オカダがIWGPヘビー級ベルトを肩にかけて登場。後藤と至近距離で睨み合った。
 
 オカダが去ったあと、今度は棚橋が「俺もいいかな?」と断ってからマイクアピールを開始。「中邑! 『リマッチやりたい』って言ってるらしいな!? ・・・どうしよっかな〜〜! ・・・・・・いいか? 1回しか言わねぇぞ、よく聞けよ! 答えはこうだ!! ・・・いいよ」と、中邑とのリマッチをぶち上げた。
 これで中邑がリングに上がり、両者が額を突きつけて睨み合う。しかし、中邑から不敵な笑みを浮かべて後ずさりし、生声で「イヤァオ!!」と叫んでから退場した。
 
 ここから棚橋は合計3回のエアギターを敢行。1回目はキャプテンと一緒に、2回目と3回目はソロでギターをかき鳴らした。そして、「改めて、皆さん最後までありがとうございました!」とファンに挨拶すると、「じゃあ後楽園ホールで久しぶりに行きますか!」と前置きし、「会場の皆さーーん!! 愛してまーーす!!」の叫びで今年最初の後楽園大会を締めくくった。

コメント
内藤「昨日、タイトルマッチで負けたけどね? …さっそく来てくれたぜ(ニヤリ)。石井かぁ! 石井かぁ! いいぜ? やってやるよ、石井。テメーもよ、生意気な口聞くな! 石井! 黙らせてやる! いいか? オメーをよ、相手にしてる時間なんかねーんだ! いいか、石井。テメーじゃよ、主役になれねーんだ。いいか? 新日本プロレスの! 主役は! 俺なんだ」
後藤「ま、イッキに、トップ戦線に割り込みたいと思います。次は、オカダ・カズチカのあのベルトを狙っていきます。あのベルトを獲ってからが、本当の完全復活です」
キャプテン「内藤クン…。あんなに怖い内藤クンを見るのは始めてだな? 内藤は凄いストレスが溜まっているようだな。アイツはブツければいいんだよ、内藤は!」
棚橋「2014年1月4日、“白いエース”が生まれました!“白いエース”…よく覚えておいて? 2014年、新日本プロレスの台風の目になるから。もうなってっかな。俺を中心に、新日本は回り出す! オカダ…俺はしつこいぞ? そして、中邑! 言ったとおりだ。こういうのはな、俺たちってのはな、溜めて溜めて、出会うまでがな、物語じゃないんだよ。こっから、どのステージまで行くか? であってから、その先の闘いが、本当の、本当のね? 目的だから。ウッシ!」

石井「オイ、あんなのNEVERのチャンピオンじゃねぇよ。テメーよ、NEVER、NEVERって言ってて、持った瞬間、あれか? いい加減にせぇよ。あのベルトはよ、俺と田中さんが輝かせたんだ。俺と田中さんが価値上げたんだ。ふざんけんな! あいつが持った瞬間、このザマか? 内藤、オラ、テメーの根 性、叩き直してやる。それとよ、アイツが持った時点で死んだNEVERのベルトよ、もう1回俺が輝かせてやるよ」
オカダ「病み上がりの男が、そんなすぐに挑戦できるほど甘くねぇんだよ? そんなにIWGPヘビーのベルトはレベル低くねぇんだよ。挑戦なんかしてもいいのか? またレインメーカーでアゴ骨折しちゃうぜ? だから俺が言ってやる。アナタはそんなレベルじゃありません」
外道「オイ、後藤、挑戦するって? レインメーカーが言った通り、アゴをへし折られるのは関の山だ。やめとけ」
中邑「聞きました。決まりでしょ? 昨日の今日だ、気持ちがいいね。何度でもやろうぜ。言っただろ? 新しい世界の扉を開けた」
※YOSHI-HASHIはノーコメント
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.