新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

NEW YEAR DASH !!

2014/01/05(日)18:30東京・後楽園ホール  | 観衆  2,015人(超満員札止め)

第1試合20分1本勝負

スペシャル4WAYタッグマッチ

[07分01秒]
OUTATIME→体固め

レフェリー|佐藤健太

試合経過情報

 前日の東京ドーム大会で行なわれたIWGP Jr.選手権試合4WAYマッチに出場した4チームが、ノンタイトル戦で再戦。
 
 試合開始前、TAKAが「コズロフ、今日は歌わないのかな?」とマイクアピール。さらにタイチがファンに起立を命じるが、「タイチは帰れ」コールが起こってしまう。それでもタイチはお構いなしで君が代を歌いだし、妨害してきたロメロたちを蹴散らす。しかし、結局は無理やり中断させられ、ロメロの扇動で再び「タイチは帰れ」コールを浴びた。
 その後は4チームが激しく入り乱れる展開となり、コズロフがTAKAにコサックダンスキック。そこからヤングバックスがコズロフにダブル低空ドロップキック、シェリーがヤングバックスにフライングボディアタックを浴びせる。さらに、シェリーとKUSHIDAが、息のあった連携プレーでヤングバックスを追い込んだ。
 その後、TAKAとタイチがKUSHIDAとシェリーにトレイン攻撃を敢行。さらにタイチが、KUSHIDAに急所攻撃を見舞う。しかし、ロメロがタイチ、コズロフがTAKAにミサイルキック。続いてロメロが、KUSHIDA、シェリー、TAKA、タイチの4人に1人で連続串刺しラリアットを食らわせる。
 出番のないコズロフがロメロに注意して混乱が生じ、佐藤健太レフェリーが巻き込まれてしまう。すると、タイチがパイプイスを持ち出すも、自分がイス攻撃を浴びてしまう。
 ここでTAKAがコーナー最上段へのぼり、ヤングバックスが追いかけて合体雪崩式攻撃を狙う。すると、KUSHIDAとシェリーがさらに外側へ回り、雪崩式攻撃を仕掛ける。しかし、ロメロとコズロフが引き倒し、全員がマットへ落下した。
 その後、タイチがコズロフにイス攻撃。さらに、ロメロに急所攻撃を見舞うと、タイチ式外道クラッチで3カウントを狙う。しかし、ヤングバックスがリングへ飛び込み、ニックがシェリーに串刺しジャンピングニーアタック。そして、KUSHIDAには合体攻撃を食らわせ、タイチにはダブルトラースキックをヒットさせる。
 続いてヤングバックスはモアバング4ユアバックを仕掛けるが、タイチが脱出に成功。その後、マットがタイチを場外へ追いやり、ニックがマットを飛び越えてノータッチトペコンヒーロ。
 一方、TAKAが膝を軽く蹴ってシェリーの動きを止め、ラ・マヒストラルで丸め込む。そこからみちのくドライバーIIに行くが、シェリーがDDTで切り返し、パートナーのKUSHIDAが延髄斬りをお見舞い。
 さらにシェリーとKUSHIDAは、得意の連携攻撃でニックを排除し、合体技OUTATIMEでTAKAを仕留めた。

コメント
KUSHIDA「ヨシ! 今日は、ご存じのとおり、イッテンゴだ。イッテンヨンと何も変わらない。対戦相手だって変わらなかった。俺たちは一歩また階段を上りました。次はヤングバックスと4WAYもいいけど、俺たちはタッグベルトを賭けて、勝負したい!」
シェリー「ボクの番? 昨日は敗れたけど、東京ドームをエンジョイしたよ。そして今日は、後楽園ホール。ここはTIME SPLITTERSのホームだ。後楽園は『BEST OF THE SUPER Jr,』優勝決定戦まで勝ち上がった場所でもあり、IWGPジュニア王座に挑戦した思い出の場所。そして、今夜、新しいステップを踏んだ。ヤングバックス、君たちがチャンピオンでいる残り時間はもう少ない。チクタク、チクタク!」
 
マット「今日の試合はノンタイトル。勝敗は関係ない。昨日、トーキョードームという大きな試合で勝って、俺たちはタイトルを守った。それで十分。今日の結果は関係ない」
ニック「あいつらには2つのワードを贈ってやる。“スーパーキック”という2ワードをな」
  
ロメロ「なぜ、ヤングバックスへのチャレンジャーが俺たちフォーエバー・フーリガンズじゃないんだ? なぜだ、シャチョー! シャチョー! おかしいだろ?」
コズロフ「そのとおりだ。あのヤング“マザー・ファ○キン”バックスを倒すのは、俺たちしかないだろ? もともとはあのタイトルは俺たちのもんだ。ふざけるな! アイツらがいいレスラーか? とてもそうとは思えないぜ」
ロメロ「シャチョー! シャチョー、ドコデスカ! フォーエバー・フーリガンズこそ、次のチャレンジャーにふさわしいんだよ。準備はオッケーだ。フォーエバー! フォーエバー!」
  
タイチ「2連敗か…。さすがの俺らもよ、もう負け惜しみのネタもないよ。言い訳すら見つからねぇな。新春から2連敗…。ここまでかな…(横でうなだれているTAKAの肩をポンと叩いて先に引き揚げる)」
TAKA「(顔を上げるも視線はうつろ)3年間やってきて…。長かったな。グラシアス」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.