新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

NEW YEAR DASH !!

2014/01/05(日)18:30東京・後楽園ホール  | 観衆  2,015人(超満員札止め)

第7試合60分1本勝負

NWA世界タッグ選手権試合

[11分29秒]
エビ固め

※王者組が王座防衛に成功

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 昨日の東京ドーム大会で新NWA世界ヘビー級王者になった小島と、前王者のコンウェイがNWA世界タッグ戦で最激突。
 試合開始前、NWAのブルース・サープ社長が現われ、いつもように怪しげな日本語でマイクアピール。そして、コンウェイとダンを賞賛しつつ、自ら選手コールを行なった。
 
 そして試合は、小島とコンウェイの先発でスタート。コンウェイがラフに攻めてファンの反感を買う。しかし、替わったダンも荒っぽく小島を攻め込み、チャンピオンチームが試合の主導権を握り続ける。
 苦しくなった小島は、コンウェイとダンの合体サンセットフリップを回避し、ようやく天山とスイッチ。その天山は、ダンに対してモンゴリアンチョップ連射、ヘッドバット連射、串刺しラリアット、カーフブランディングと畳み掛ける。
 しかし、控えのコンウェイがロープワークを妨害し、ダンがラリアットで逆襲。たちまち場外乱闘が勃発し、今度は天山が孤立してしまう。
 長時間の劣勢を強いられた天山だったが、カウンターニールキックでダンに逆襲。これで小島対コンウェイとなり、コンウェイがコーナーで逆水平チョップ連射。しかし、小島が体勢を入れ替えて逆水平チョップを乱射し、串刺しジャンピングエルボー、「いっちゃうぞバカヤロー!」からのダイビングエルボードロップに繋ぐ。
 続いて小島はエルボー連打で攻めるが、コンウェイがハンマーブロー連射で対抗。そこから、低空ランニングフロントキック、変型パワーボムで追撃するも、小島がコジコジカッターで逆襲した。
 すると、コンウェイがエゴトリップを仕掛けるも、天山が妨害し、ダンを場外へ追いやる。そして、小島と天山はコンウェイにテンコジカッターをお見舞い。さらに天山が、ダンにモンゴリアンチョップ連射、マウンテンボムを見舞う。
 ここで小島が右肘のサポーターを投げ捨て、コンウェイの首をラリアットで打ち抜く。ところが、サープ社長がリングに乱入してカウントを妨害。激怒した小島がサープ社長に掴みかかると、コンウェイが背後から急所攻撃。そのままエビ固めで丸め込み、3カウントを強奪した。
 
 試合後、サープ社長は2本のベルトを掲げて大はしゃぎ。激怒した天山がマイクで再戦を要求する。これをサープ社長も受けて立ち、両チームの遺恨がさらに深まる格好となった。

コメント
サープ会長「テンザン、コジマ、おまえらにもう1度、NWA世界タッグに挑戦するチャンスを与えよう。なぜなら、おまえらは第1挑戦者にふさわしい実力を持っていると、私たちが認めているからだ。私たちはまた日本に戻ってくる用意はできている。このベルトを持ってな。第1挑戦者を相手にするのは当然のことだろ? だからもう1回チャンスをやる」
コンウェイ「今日、おまえらは負けたが第1挑戦者であることは変わらない。だけど、俺こそが歴史上最高の世界チャンピオンなんだ。そして俺とゴジラ(ダンを指す)こそが、世界でベストなタッグチームだ。コジマ、すぐにでも俺とリマッチを闘え。おまえの持つ、そのベルトを懸けてな。そして俺たちがタッグチャンピオンである限り、おまえらの挑戦はいつでも受けてやる。しかし、ジャックス(ダン)の前にはレスリングなんて存在しない。ただ破壊、粉砕するのみだ。NWAは目の前に立つ者すべてを蹴散らす。NWAこそがナンバー1なんだ」
ダン「コジマ、おまえに、この言葉が理解できるか?」
 
天山「オイオイオイ、オラ。NWA? アレがアイツらのやり方? なんなんや? 社長かなんか知らんけど、あんなもん堂々と入ったら、反則やないかい。NWA、昨日、コジが獲って、今日はタッグ獲ったら、このまま二冠になるとこやったのに、最悪やね? まぁ、コンウェイもジャックスもコジのラリアット食らったら、立てへんやったもん。あのチャンスを社長がジャマしやがって。こうなったら、NWAタッグ、もう一回や。アイツら、明日、アメリカに帰るか知らんけど、その前に決めろって。もう一回、あのタッグのベルト持って来いって! クソッタレ!」
※先に控室へ
小島「よくも悪くも必至じゃねーか? NWAらしいよ。意地でもベルトを守ろうとする姿が伝わってくるよ。ただ、去年の4月に言ったことと同じこと言ってやる。あきらめないでがんばっていれば、こういうチャンスはまた訪れるよ。アメリカンドリーム、夢見てたけどな? たった2日で奪えるチャンスだったけど。ただ、だからこそプロレスは深いし。甘くない。だからこそ。夢が実現したときの喜びが大きいんだと思います」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.