新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

POWER STRUGGLE

2013/11/09(土)17:00大阪・大阪府立体育会館 〜BODY MAKER コロシアム〜 | 観衆  6,400人(超満員)

第4試合60分2本勝負

IWGPタッグ&NWA世界タッグダブル選手権試合変則3WAYマッチ

[03分00秒]
【2本目】キラーボム→片エビ固め

※ロブ&ジャックス組がNWAタッグ王者、K.E.SがIWGPタッグ王者となる。

レフェリー|タイガー服部

試合経過情報

1本目
◯ロブ・コンウェイ
(5分41秒 エゴトリップ→片エビ固め)
☓小島聡
※ロブ・コンウェイ&ジャックス・ダン組がNWAタッグ王者となる。
 
2本目
◯ランス・アーチャー
(3分00秒 キラーボム→片エビ固め)
☓天山広吉
※K.E.Sが第63代IWGPタッグ王者となる。

 IWGPタッグ王座とNWA世界タッグ王座が同時に懸けられた変則3WAYマッチ。最初に勝利をあげたチームがNWAタッグ、次に勝利したチームがIWGPタッグを獲得する。
 
 コンウェイ&ダンのセコンドとして、NWAのブルース・サープ社長が登場。自ら2人をコールした。
 
 アーチャー組とコンウェイ組が天山組に襲い掛かり、試合がスタート。そして、アーチャーとスミスが天山にダブルショルダータックル、ジャンピングボディプレス&ギロチンドロップの合体攻撃をお見舞い。
 しかし天山と小島は、ダンにダブルショルダータックルを食らわせ、モンゴリアンチョップ&エルボーを交互に連射。そして、ヘッドドロップ&エルボードロップの合体攻撃に繋ぐ。
 その後、コンウェイが天山にエゴトリップを仕掛けるが、小島がカットし、逆水平チョップ連射。そして、スミスのエルボーをコンウェイに誤爆させると、スミスにも逆水平チョップを連射する。
 次に小島は、串刺しジャンピングエルボーでスミスに追撃し、「いっちゃうぞバカヤロー!」からダイビングエルボードロップを発射。しかし、アーチャーがチョークで受け止める。
 その直後、ダンがアーチャーをスパインバスターで叩きつけるが、天山と小島がダンを合体ブレーンバスターで投げる。そして、コンウェイにはテンコジカッターをお見舞い。
 ここで小島が右肘のサポーターを投げ捨てるが、エプロンにのぼったサープ社長に気を取られ、ダンのスピアーを被弾。そして、コンウェイがエゴトリップで小島を倒し、1本目を奪取。NWAタッグ王座を獲得した。
 2本目に入った直後、アーチャーとスミスがコンウェイにキラーボム。しかし、フォールは天山がカット。
 ここでダンがスピアーを放つも、天山が回避し、スミスに命中。そして、天山がダンにニールキック、アーチャーにマウンテンボムをお見舞い。続いて、コーナー最上段からダイビングヘッドバットを敢行するが、アーチャーにかわされて自爆。
 ここでアーチャー組が天山にキラーボムを仕掛けるも、小島がカットに入り、スミスにエルボー、アーチャーにDDT。そして、コンウェイにラリアットを浴びせてフォールに行くが、スミスが妨害。
 その後、スミスがパワーボムから小島をフォールするが、カウントは2。そして、小島はスミスの腕にラリアットを浴びせるが、スミスとアーチャーがキラーボムで逆転。
 ここで天山がリングへ入り、アーチャーとスミスにモンゴリアンチョップ。しかし、アーチャー組が天山を捕らえ、キラーボムで轟沈。IWGPタッグ王座を獲得した。

コメント
サープ社長「NWAが世界の歴史的にもベストな団体であり、チャンピオンだ」
コンウェイ「俺がNWA世界チャンピオンであり、タッグのチャンピオンでもある」
サープ社長「NWAが世界でいちばんの団体だ」
コンウェイ「我々がベストだ。NWAが最強だ」
サープ社長「NWA、イチバーン! アメリカジーン、イチバーン!」
コンウェイ「偉大なるNWA、我々がナンバーワンだ、ハハハ…」
 
スミス「俺たちがベストのタッグチームだ。IWGPタッグのタイトルがK.E.Sに返ってきたぞ。スズキグンの元に返ってきたぞ。フクオカのリベンジを果たした。キラーボムが決まればテンザン&コジマなど的ではない。次はロブ・コンウェイ&ジャックス・ダンをやってやる。NWAのベルトも俺たちのものだ。キラーボムでワンツースリーだ!」
アーチャー「出ていけ!」

天山「クッソ〜! どういうことや! コジ、悪かった…。もうわけわからんぞ! せっかく大事なコジの復帰戦をね。ベルトも獲られて、試合にも2人とも大負けして。こんなモン、なんのアレにもならん。ホンマ、最悪ですよ。今日勝って、二冠というものも考えてたけど、大ハズレ。最悪や。コジ、どうする…?」
小島「どうしますか? テンコジ、最大の危機だ。またやってきた。これ、何回目だ? 何回目かわからねぇ!」
天山「このまま、これで終わりなんか? それとももう一回、あのベルトを狙うべきなんか? よくわからんよ。でも、この次、タッグリーグもあるしな。でも、わからんよ…。アイツら、ホンマ、グルやな? コジ、すまんかったな?」
小島「いえ、こっちこそ、すみませんでした。…………でも、なんか俺は、俺は、今日の結果が、やっぱりいまのテンコジの現実かなって。冷静に受け止めてます。2人とも病み上がりだからさ。ただ、逆に、強がりじゃねーけどさ、こんなテンコジらしい再スタートないかなって。丸腰になってスゲーカッコ悪い姿見せて、でも、それも20年以上、テンコジが見せてきたドラマだから。何も悲観なんかしてねーよ。過去、これよりもひどい状態から、這い上がったことなんて、何度でもあるんだ。2人とも一回づつ負けちゃったけど、俺は、いまこうやってコメントできている現実にスゲーありがたいと思ってる。天山も本調子じゃないけど、いま試合のことを悔しいと振り返ることができる! それだけで、俺が生きている意味はあると思います」
天山「コジ…! まだまだ、まだまだやな? あきらめない」
小島「せっかく復帰したんだからさ? ね?」
※先に小島は控室へ
天山「いま、コジがテンコジにとって一番大切なことを言ってくれた。いっままでもドン底に落とされて這い上がってきた。一回、二回、負けた…それがなんやって? まだまだ俺らが生きている以上は、俺たちがガッチリ、テンコジとして組む意味があるんちゃうかなって。あらためて、気づきましたよ。こうなったら、とことんテンコジで次のタッグリーグをビシッと優勝。そこを狙っていきますよ。最後まであきらめへんから見ていてください」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.