新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

KING OF PRO-WRESTLING

2013/10/14(月)16:00東京・両国国技館 | 観衆  9,000人(超満員札止め)

第4試合30分1本勝負

スペシャル6人タッグマッチ〜飯伏幸太 新日本プロレス所属第1戦〜

[10分37秒]
ガンスタン→片エビ固め

レフェリー|マーティー浅見

試合経過情報

 10月7日に新日本プロレスとDDTプロレスリングの2団体所属になることを発表した飯伏が、新日本のリングで初試合。ライオンマークTシャツを着て入場した。一方、かつてのライバルであるデヴィットは、新たにBULLET CLUBのフラッグを掲げて登場。
 
 両者の先発で試合が始まり、飯伏がロープ際でクリーンブレイク。すると、デヴィットが不意打ちで飯伏の動きを止め、アンダーソンが乱入。しかし、今度は真壁がリングへ入り、両腕ラリアットをデヴィットとアンダーソンにお見舞い。
 本間対デヴィットとなり、真壁組がトレイン攻撃を敢行。すると、デヴィットがカウンタードロップキックで逆襲し、アンダーソンとタッチ。それでも本間は、アンダーソンをボディスラムで叩きつけ、小こけしで追撃。
 続いて本間はロープへ走るが、控えのファレが背中を蹴って妨害。すると、アンダーソンがジャンピングフロントハイキックで逆襲し、マウントパンチ連射で追い討ち。さらに、ファレが本間を空中に投げてマットへ急降下させ、デヴィットがフットスタンプ、串刺し逆水平チョップで続く。
 それでも本間はアンダーソンに逆襲し、ようやく真壁とタッチ。その真壁に、ファレがショルダータックルを食らわせる。だが、真壁は串刺しラリアット、頭部へのパンチ連射、ラリアットで猛攻。バックフリップは食らったものの、替わったデヴィットに右ラリアットを放ち、かわされた直後に左ラリアットをヒットさせた。
 飯伏対デヴィットとなり、飯伏がミサイルキック、その場飛びシューティングスタープレス。たまらずファレがリングへ乱入するが、真壁がラリアットで場外に転落させる。
 すると飯伏は、高速ジャーマンスープレックスホールドでデヴィットに追撃し、コーナー最上段へのぼる。だが、デヴィットが後ろから突き飛ばし、宙吊り状態となった飯伏に串刺し低空ドロップキック。そこからブラディサンデーを狙うも、回避した飯伏がオーバーヘッドキックを見舞った。
 本間対アンダーソンの場面。本間がパンチ連射、串刺しジャンピングエルボー、フェースクラッシャー。そして、コーナー最上段からこけしを放つものの、かわされて自爆してしまう。
 ここでデヴィットが延髄斬り、アンダーソンがジャンピングフロントハイキックを本間へ同時発射し、ファレが串刺しボディアタックで追撃。そして、アンダーソンがスピニングガンスタンとガンスタンの連続攻撃でとどめを刺した。
 
 試合後、両軍が乱闘になるも、セコンドたちが必死で引き離した。

コメント
デヴィット「こんな新日本プロレスの看板、そんなものはもうないに等しい。新日本プロレスはもう“バレットクラブ・プロレスリング”だ! 俺達バレットクラブは、やりたいようにやらせてもらう! イブシ、ようこそニュージャパン“バレットクラブ”プロレスリングへ!」
アンダーソン「新日本プロレスリングのスガバヤシ! 新日本のファン達! クソだ! この国は俺達のものだ! 俺達はこの国で有名だ。俺達はこの国ですべてのタイトルを手に入れる。俺達はこの国を乗っ取るスタートを切った!(東スポ岡本記者を見つけて、アンダーソンは両肩に岡本記者を担ぎ上げる。デヴィットが岡本記者の頭に黒い布袋を被せてしまう)みんなこれを見ろ! こうだ!(と言って、岡本記者に旋回式ガンスタン。岡本記者は床に叩きつけられ動けない)」
デヴィット「バレットクラブはここだ。バレットクラブはリアルだ」
※ファレはノーコメント
 
真壁「チキショー! クソ、あったまくんな! これだけは言っておく、新日本よ、あのクソデカいヤツとの用意しろ! 用意しろっていう意味はわかるな! あのクソガキ、戻ってきていきがりやがって。いいぜ、タッグマッチ? シックスメン、フォースメン、なんでもいい。守られているのわかってるだろ? 1対1でやる勇気があるならよ? とっとと組め、新日本よ。トサカに来てんだ、こっちはよ! いいか、テメーら、抹殺してやる! それだけだ」
※先に控室へ
――新日本の飯伏幸太のデビュー戦ですが?
飯伏「そうですね。結果は、負けてしまいましたけども。自分は、いつもどおり全力。出し切れたかなと思うんで」
――いままでと違う心持?
飯伏「そうですね。いままでは一つの団体でしたが、自分が入って、少しでも貢献できたら、いいかなと思います」
――今後、ますます新日本のジュニアを盛り上げる?
飯伏「そうですね。ハイ。とりあえず、がんばるだけです。負けたけど、凄いおもしろかったです」
――デヴィットと絡むシーンが多かったが?
飯伏「そこに関しては、こっからですね」
――新日本プロレスのライオンマークのTシャツは
飯伏「やっぱり、ここでは自分は新日本プロレスという気持ちですね」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.