新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

ブシモ Presents G1 CLIMAX 23

2013/08/07(水)18:30宮城・仙台サンプラザホール | 観衆  2,950人(超満員札止め)

第7試合30分1本勝負

「G1 CLIMAX 23」Aブロック公式戦

[09分02秒]
ブラディサンデー→体固め

  • ○ プリンス・デヴィット
  • (4勝2敗=8点)

レフェリー|マーティー浅見

試合経過情報

 ゴング前から場内は「小島」コール。ロックアップで組み合う両者、小島はロープに押し込むとクリーンブレイク。続くロックアップではデヴィットがクリーンブレイクに見せかけて攻撃を見舞い、さらにテーピングで固めた小島の右腕を狙っていく。
 
 怒りの小島は力強いショルダータックル、ボディスラム。すかさずデヴィットは場外にエスケープ。小島が追いかけるもファレが仁王立ちで妨害。そのスキをついてデヴィットは小島の背後から背中に攻撃。そして、レフェリーが目を離したスキに、今度はファレが小島に鉄柵攻撃。そのあいだにデヴィットはコーナーマットを外す。
 
 リング上、デヴィットは金具むき出しのコーナーに小島をハンマースルー。さらにスレッジハンマー。小島は逆水平でやり返すも、続いてロープに飛ぶとデヴィットがカウンターのドロップキックで迎撃。そして、小島の右腕をダブルリストロックで固めていく。さらにデヴィットはロープを使って小島の右腕を締め上げる拷問技まで披露。挽回したい小島は、デヴィットを金具むき出しのコーナーにハンマースルー。そしてマシンガン・チョップから、いっちゃうぞエルボーで反撃開始。場内は「小島」コール。
 
 両者は胸板への張り手合戦、これに競り勝った小島はローリング・エルボーでデヴィットからダウンを奪う。しかし、デヴィットは小島にマンハッタンドロップ。すると、小島は即座にDDTでやり返す。続く小島の攻撃をかわしたデヴィットは、素早い動きでダイビングフットスタンプ。そして小島のマネをして、腕のサポーターを外してラリアットを狙うが、小島はその右腕をラリアットでたたき落とすとコジコジカッター。そして垂直落下式ブレーンバスターでデヴィットをマットに突き刺す。ここで小島はフォールに入るも、ファレがレフェリーの足を引っ張って妨害。そして小島がエプロンのファレに詰め寄ると、デヴィットがうしろからイス攻撃。しかし、小島はイスごとラリアットでデヴィットを吹き飛ばす、
 
 そしてもう一度ラリアットを狙うが、ここでファレが乱入してサモアンドロップ。続いてデヴィットはイスを小島の身体にセットするとダイビングフットスタンプ。これは小島がカウント2で意地のキックアウト。しかし、デヴィットは無慈悲に小島の脳天をイスで打ち抜くと、必殺のブラディサンデーをグサリ。BULEET CLUBが悪の連携で小島を叩きのめした。

コメント
デヴィット「オイオイ! 昨日言ったように、例え負けたとしても、“リアル・ロックンローラ”プリンス・デヴィットと“アンダーボス”バットラック・ファレ、バレットクラブはどんなことがあっても優勝する! 『G1 CLIMAX』は昨日のようなトラブルがあっても、今日勝つことに成功した。今日はコジの頭をイスで攻撃し、ブラディーサンデーで決めた。なぜならこれが“リアル”だ」
 
小島「過去20年以上、『G1 CLIMAX』をこの目で見てきた。こんな闘い方するヤツ初めてだよ! この闘い方がいいのか悪いのか、そんなの知らねぇ! ただ、初めてテメー、こんな闘い方するなら、ちゃんと落とし前つけろ! オイ! ふざけんじゃねぇぞコノヤロー! やられたらやり返してやるからよ! 100倍返しだコノヤロー!!」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.