新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

ブシモ Presents G1 CLIMAX 23

2013/08/04(日)17:00大阪・大阪府立体育会館 〜BODY MAKER コロシアム〜 | 観衆  6,700人(超満員札止め)

第8試合30分1本勝負

「G1 CLIMAX 23」Aブロック公式戦

[11分07秒]
ブラディサンデー→体固め

  • ○ プリンス・デヴィット
  • (3勝1敗=6点)

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 ファレに担がれて出てきたデヴィットに対し、棚橋はなんとキャプテン・ニュージャパンに肩車されて入場。そして、コーナーに上がってアピールしていたが、なんとデヴィットがギターで後方から殴打! デヴィットは棚橋のガウンを奪うと自ら着込んで会場のブーイングを浴びた。
  
 これに怒った棚橋はエルボーで逆襲。突っ込んできたデヴィットをカウンターのバックエルボーで迎撃すると、フライングボディアタックを食らわした。そして、太陽ブローで追い込んでいく棚橋。ところが、ロープに飛んだところをファレが足を引っ張って妨害する。しかし、デヴィットがロープに飛ぶと、なんとキャプテンが足を引っ張って妨害! 棚橋へのナイスアシストを見せた。
   しかし、すぐさま巻き返したデヴィットは棚橋を場外に追いやると、客席に寝かせて鉄柵からフットスタンプを投下。棚橋が悶絶している隙にリングに戻るとコーナーのターンバックルを外して、棚橋を待つ。棚橋が戻ってくるとパンチを腹にぶちこみ、剥き出しになった金具に棚橋を激突させる。さらに髪の毛を引っ張り、チンロック。棚橋の反撃もカウンターのドロップキックで黙らせた。
  
 勢いに乗るデヴィットはコーナーからダブルアックスハンドルを棚橋に叩きこみ、コブラツイストへ。棚橋をおちょくるように、棚橋のあばらをギターに見立ててエアギターだ。続けてデヴィットはボディブローを叩きこむと、再びコーナーの金具に棚橋を叩きつける。そして、倒れた棚橋にダイビングフットスタンプを投下だ。
  しかし、棚橋はこれを間一髪回避すると、フライングフォアアームで反撃開始。ローリングセントーンを投下すると、デヴィットがエプロンから攻撃を加えようとしても、すぐさま察知して、逆に張り手をお見舞いだ。さらに場外に逃げたデヴィットとファレに向かって、コーナー最上段からフライングボディアタックを炸裂させる。
  
 流れを掴んだ棚橋はリングに戻りデヴィットをフルネルソンに捕らえられた。しかし、デヴィットは足をばたつかせてレフェリーを蹴飛ばして、リングから排除。その隙にファレが乱入。救出に入ったキャプテンもあっさり蹴散らされ、棚橋はファレのバックフリップで叩きつけられ、デヴィットからイス攻撃を連発される。さらに腹の上にイスを置かれてダイビングフットスタンプまで食らった棚橋。
 しかし、棚橋はデヴィットのブラディサンデーを踏ん張ると逆にスリングブレイドを発射。さらに先ほど蹴飛ばされた海野レフェリーがお返しとばかりにデヴィットの頭を蹴飛ばしたのだ。ここで戸惑いを見せたデヴィットを、棚橋はお返しとばかりに逆にコーナーの金具に叩きつけると、ダルマ式ジャーマン。さらにスリングブレイドを炸裂させ、すぐさまハイフライフローをデヴィットの背中に投下する。
  
 そして、棚橋はトドメの一撃を放つべく、再びコーナーへと駆け上がった。ところが、ここでまたもファレが妨害に出てくる。キャプテンもファレに食らいつき、なんとかこれを阻止しようとするが、ファレはどさくさに紛れて、海野レフェリーを巻き込んで場外へと引きずりだしたのだ。ここで棚橋はようやくハイフライフローを発射。
 しかし、あまりにも時間が経ちすぎてしまったため、回復したデヴィットに剣山で迎撃されてしまう。そして、レフェリー不在の隙を突いて、なんとすでに試合を終えていたアンダーソンが出現。棚橋にガンスタンを見舞うという暴挙を働いた。これではさすがの棚橋も万事休す。最後はデヴィットにブラディサンデーでトドメを刺され、早くも3敗目を喫してしまったのだった。

コメント
アンダーソン「プリンス・デヴィット!オマエは一体何者だ?!」
デヴィット「リアル!!」
アンダーソン「何者だ?!」
デヴィット「リアル!!」
アンダーソン「何者だ?!」
デヴィット「リアル!!」
アンダーソン「何者だ?!」
デヴィット「リアル!!」
アンダーソン「何者だ?!」
デヴィット「俺は“リアル・ロックンローラ”だ!! 今日の試合、G1で勝った負けたは関係ない。何が重要かというと、タナハシに痛みを味わわせたことだ。アイツの女みたいな髪の毛をむしり取ってやったし、存分に痛みつけてやった。““リアル・ロックンローラ”とバレットクラブはここにいる。この“リアル・ロックンローラ”に必要なことは、痛みなんかじゃない。“リアル”なことだ!」 

棚橋「(※コメントブースの床へ四つんばいになり)アァ〜〜!! クソ〜〜!! アァ〜〜!! アァ〜〜!! 3敗目はダメだ〜〜!! (※床へ仰向けで寝転び)アァ〜〜!! クソ〜〜!! アァ〜〜、クッソ〜〜!! アァ〜〜!! ダメだ〜〜!!(※キャプテンに抱え起こされて控室へ)」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.