新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

ブシモ Presents G1 CLIMAX 23

2013/08/02(金)18:30東京・後楽園ホール | 観衆  2,015人(超満員札止め)

第6試合30分1本勝負

「G1 CLIMAX 23」Aブロック公式戦

[10分13秒]
ブルドッグボム→エビ固め

レフェリー|マーティー浅見

試合経過情報

 初戦で後藤に快勝した真壁が、鈴木軍のスミスと激突。
 
 いきなり真壁がラリアット、スミスがフロントハイキックを放ち、真壁がラリアットでスミスを場外に落とす。だが、スミスが鉄柵攻撃を切り返し、反対に真壁を叩きつけた。
 リングへ戻り、スミスがショルダークロー、スリーパーホールドで追い討ち。さらに、髪の毛を掴んだ変型キャメルクラッチで絞り上げると、滞空式ブレーンバスターで豪快に投げつける。
 スミスの攻撃は続き、スリーパーホールドで絞め上げる。そして、パワーボムの体勢に入るものの、真壁がバックスープレックスで回避。そこからパンチ連射、串刺しラリアット2連発、頭部へのパンチ連射、ノーザンライトスープレックスホールドと畳み掛ける。
 しかしスミスは、パワースラムで逆転に成功。さらに、捻りの利いたバックドロップで叩きつけると、タイガースープレックスの体勢に入る。だが、真壁がバックエルボーで脱出し、カウンター袈裟斬りチョップで逆襲。
 ここで真壁はコーナー最上段にのぼるが、スミスが立ち上がって自分もコーナーへのぼる。そして、トップロープ上から雪崩式ブレーンバスターの大技を敢行。
 それでも真壁は右ラリアットを放ち、ブロックされた直後に左ラリアットを浴びせる。そして、デスバレーボムを狙うが、スミスが回避し、ドラゴンスープレックスを仕掛ける。
 これは真壁が回避したものの、直後にスミスがラリアットをお見舞い。そして、ブルドッグボム(シットダウン式パワーボム)をさく裂させ、真壁を倒した。

コメント
スミス「見ただろ? デイビーボーイ・スミスJr.が戻ってきたぞ。今夜G1で勝利した。真壁は確かに強いかもしれないが、その真壁に勝った。俺のパワーボム、シャープシューターを見ただろ。次は明日、棚橋だ。棚橋を破壊するぞ! 俺はパワーとテクニックがありすぎる。TAKAのようなセコンドがいてくれて、心強い限りだ。俺は『G1 CLIMAX』を優勝する! 決勝戦の相手はランス・アーチャーだ。どちらが優勝しても、俺達がKESがイチバンだ! 鈴木軍がイチバンだ! どけ!」
 
※真壁刀義はノーコメント
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.