新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

ブシモ Presents G1 CLIMAX 23

2013/08/02(金)18:30東京・後楽園ホール | 観衆  2,015人(超満員札止め)

第3試合30分1本勝負

「G1 CLIMAX 23」Bブロック公式戦

[06分46秒]
バックドロップホールド

レフェリー|佐藤健太

試合経過情報

 初戦で新技を披露し、宿命のライバル鈴木に快勝した永田が、クセ者の矢野と激突。
 
 ゴングを待たずに試合が始まり、フロントハイキックで矢野を場外へ蹴散らした永田が、敬礼ポーズ。すると矢野は、両手を広げる“デニーロポーズ”で対抗した。
 だが、矢野が鉄柵攻撃を切り返して逆襲し、イス攻撃で追い討ち。そしてリングへ戻ると、クッションを外して金具をむき出しにしたコーナーへ叩きつける。
 すると、永田がハンマースルーを切り返すが、矢野に突き飛ばされてまたもやコーナーの金具に衝突。しかし永田は、フェイント攻撃で逆転し、ミドルキック連射。そして、串刺しフロントハイキック、エクスプロイダー、パンチ連打と畳み掛ける。
 ここで矢野は逆さ押さえ込みを狙うが、永田が踏ん張って反対に逆さ押さえ込みを仕掛ける。すると矢野は、佐藤健太レフェリーの服を掴み、永田の急所めがけてバックキックを発射。しかし、永田がヒラリと身をかわす。
 続いて永田はリバースナガタロックIIIを繰り出すが、矢野が切り返して反対に押さえ込む。そして、カウンターマンハッタンドロップで反撃すると、永田の両脚を掴んで大きく投げ飛ばし、コーナーの金具へ叩きつける。
 次に矢野は鬼殺しの体勢に入るが、永田が頭部にパンチを落として脱出。ところが、矢野が背後から永田を突き飛ばして佐藤レフェリーと衝突寸前にし、急所攻撃。そこから逆さ押さえ込みを繰り出すが、カウントは2。
 苦しくなった永田は、ブレーンバスターで逆襲。そして、矢野をコーナーの金具へ激突させると、タイナーで追撃し、最後はバックドロップホールドで3カウントを奪取した。

コメント
永田「ハァ……! いや、いい出だしじゃないすかね? たぶん矢野は、あの戦法に長けてる男なんで、勝てば凄い『してやったり』という感情が出てくるし、負けると『してやられた!』という感じで、勝つと負けるとでは、えらい差がある相手なんで。勝ててよかったです」
――非常に全身からパワーを感じるが?
永田「そうですね。毎年のことなんですけど、今年はね。ゲバ評で永田裕志を推す声が少ないんですよ! たしかに今年の上半期ずーっとラクしちゃったなというのがあるんで。でも、その中で、俺の底力、まだまだこんなもんじゃないと。こんな試合、おまえらできるか? という試合をやってるつもりなんで。このあいだも言ったけど、俺に懸けろ!と。そしたら、最高の万馬券が獲れるぜ! と。そして、万馬券を逃したヤツには、『じぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇ!』と言わせてやりますよ。それじゃあまだ足らない。『じぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇ!』と、最高のサプライズとはそういう状態じゃないすか? まだまだ俺は負けない!」
 
矢野「チクショー!! 覚えてろよ!! 8月21日だバカヤロー!」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.