新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

ブシモ Presents G1 CLIMAX 23

2013/08/01(木)18:30静岡・アクトシティ浜松 <開幕戦> | 観衆  3,200人(超満員札止め)

第10試合30分1本勝負

「G1 CLIMAX 23」Aブロック公式戦

[12分56秒]
ブラディサンデー→体固め

  • ○ プリンス・デヴィット
  • (1勝=2点)

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 メインイベントは、オカダ・カズチカvsプリンス・デヴィット。7.20秋田大会のIWGPヘビー級選手権で激突したばかりの両者が再激突。
 ゴングが鳴ると場内は一斉に大「オカダ!」コール。そんな中、二人はまずグラウンドの攻防を展開。続いてオカダがスタンドレスリングの攻防からロープにデヴィットを押し込み、クリーンブレイク。しかし、デヴィットはすぐさま反撃し、エルボーを脳天に叩きこんでいく。一方のオカダも反撃に移るも、デヴィットはさっさと場外へ。バウンサーのファレの影に隠れると、これに気を取られたオカダを背後から攻撃。さらに解説席の蝶野に「アイ・アム・リアール!」とアピールしてから、鉄柵にもたれかかっていたオカダ目がけてドロップキック。これで肩口を痛めた様子のオカダ。
   リングに戻ると強烈な逆水平チョップを叩き込むデヴィット。コーナーの金具をむき出しにするとそこにオカダを叩きつける。さらにカウンターでドロップキックを炸裂させ、再びオカダを場外へと追いやった。その倒れているオカダをファレがまたぎながら仁王立ち。そして、追いかけてきたデヴィットはイスでオカダを突いてから、背中にも一撃を叩き込む。なんとかリングに戻ってきたオカダにデヴィットはダブルアックスハンドルで肩口に攻撃。再びコーナーの金具に叩きつけると、自身はコーナー最上段からダイブ。
 しかし、オカダはこれをカウンターのエルボーで迎撃。フラップジャックで顔面を叩きつけると、ヘッドスプリングで立ち上がり余裕を見せる。そして、クロスアームのネックブリーカーでいためつけ、ダイビングエルボードロップを投下。しかし、デヴィットも譲らない。すぐさま反撃に移ると、ダイビングのダブルフットスタンプをオカダの背中に突き刺していく。しかし、オカダもリバースのネックブリーカーと、一進一退の攻防となっていった。
  ここから二人はエルボー、張り手、フロントキック合戦を展開。ここをリードしたオカダはヘビーレインを決めるとツームストンパイルドライバーの体勢に。しかし、デヴィットは体勢を入れ替えて、リバースのブラディサンデーで切り返す。そして、コーナー最上段からダイビングのフットスタンプ。
 だが、オカダはデヴィットの続くツームストンパイルドライバーを体勢を入れ替えて、逆にツームストンパイルドライバーで切り返す。そして、いよいよトドメのレインメーカー! ところがデヴィットはレフェリーを巻き込んでこれを回避! 巻き込まれたレフェリーがリング上からいなくなったのを見ると、ここまで手を出すことはなかったセコンドのファレが遂にリングへと侵入してきた。 
 リングに入ったファレはオカダを攻撃。イスを片手に救出に入ってきた外道も蹴散らされ、オカダはファレにバックフリップまで食らってしまいダウン。そこにファレが場外で倒れていたデヴィットを無理やり覆い被させ、カウントを数えさせる。ここはギリギリキックアウトしたオカダ。続くデヴィットのブラディサンデーをかわしたものの、コーナーの金具に叩きつけられ、その勢いでスクールボーイを決めさせられそうになる。
  ここもなんとかキックアウトしたオカダはドロップキックで反撃。そして、今度こそはとレインメーカーの体勢に入る。しかし、今度もデヴィットは決めさせない。逆にオカダをロープに飛ばすと、待っていたのはファレのイス! これで脳天を撃ちぬかれたオカダは万事休す。最後はデヴィットの垂直落下式のブラディサンデーで3カウントを奪われ、まさかの敗北を喫してしまった。
  
 試合後、マイクを握ったデヴィットはマイクを握って『G1』優勝を猛アピール。ファレと共に勝ち誇った。

コメント
デヴィット「どいつもこいつも『G1 CLIMAX』のことを『シングルマッチが大変』だとか、『移動がキツい』とか、そんなことばかり言ってる。しかし、俺はぜんぜん気にしない。タッグマッチのように後ろに控えている外道がいなければ、秋田のIWGPヘビータイトルマッチは、俺が勝っていたはずだ。今度こそIWGPヘビーのチャンピオンになる。今日は単なる始まりにすぎない。『G1 CLIMAX』で俺がチャンピオンにふさわしいことを証明する。オマエたちは、シングルマッチで闘うという点で誰もが同じ条件だと思うだろう。だが、みんなは森を見るが、俺は木を見る。今日、俺は木を切った。これがリアルだ」
 
※オカダはノーコメント
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.