新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

吉野家Presents KIZUNA ROAD 2013

2013/07/20(土)17:00秋田・秋田市立体育館 | 観衆  4,075人(超満員)

第9試合60分1本勝負

IWGPヘビー級選手権試合

[19分14秒]
レインメーカー→片エビ固め

※オカダが3度目の防衛に成功。

  • × プリンス・デヴィット

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 IWGPヘビー級王者のオカダに、IWGP Jr.ヘビー級王者のデヴィットが挑戦するタイトルマッチ。
 デヴィットのセコンドとして、アンダーソン、テリブレ、トンガ、ファレが登場。一方、オカダが外道と共に登場すると、場内にレインメーカードルの雨が降り注いだ。
 
 序盤、オカダがレインメーカーポーズを披露すると、デヴィットが怒ってトーキック。しかし、オカダが蹴り脚を掴み、低空ランニングフロントキックを発射。これをデヴィットがかわし、ファレが場外から引っ張る。するとデヴィットが、エプロンのオカダめがけてフットスタンプを投下した。
 これでデヴィットがペースを掴み、オカダを場外のフェンスに叩きつけ、ドロップキックをお見舞い。さらにリング上では、コブラツイストで追い討ちをかける。これで場内は「オカダ」コールに包まれるが、デヴィットがカウンタードロップキックでなぎ倒し、レインメーカーポーズで挑発。今度は場内がブーイングに包まれた。
 すると、外道がレッドシューズ海野レフェリーに激しく抗議。しかし、その隙を突いてアンダーソンがオカダに襲い掛かり、パワーボムでエプロンへ叩きつける。
 苦しくなったオカダは、ハンマースルーを切り返してデヴィットをコーナーの金具へぶつけ、エルボースマッシュ連打、串刺しバックエルボー、DDT、低空ランニングフロントキック、クロス式ネックブリーカー、ボディスラム、ダイビングエルボードロップと畳み掛ける。そして、レインメーカーポーズからレインメーカーに行くが、デヴィットが回避し、背中に飛びついて前方回転エビ固め。
 続いてデヴィットは、串刺し攻撃をかわしてオカダをコーナーに激突させ、トップロープ越しのフットスタンプを背中にお見舞い。これでオカダが場外に落ちると、ノータッチトペコンヒーロで追撃する。
 デヴィットの攻撃は続き、オカダの後頭部に串刺しドロップキック、ダイビングフットスタンプの連続弾。さらに、大技のリバースブラディサンデーをさく裂させる。だが、オカダは次のダイビングフットスタンプをかわし、リバースネックブリーカーで逆転。
 「オカダ」コールの中、両者はエルボー合戦を展開。そこからオカダが、エルボースマッシュ、カウンターエルボー。そして、デヴィットをコーナー最上段に座らせると、ドロップキックで場外に落とし、ノータッチトペコンヒーロをお返しする。
 リングへ戻り、オカダがヘビーレイン、ドロップキック、レッドインクとラッシュ。それでもデヴィットがロープへ逃れると、ツームストンパイルドライバーを狙う。しかし、回避したデヴィットがドロップキックもかわす。そして、オカダの突進をかわして突き飛ばすと、海野レフェリーが巻き込まれ、コーナーの金具に衝突。意識を失ってしまう。
 ここでデヴィットは、オカダの腹部をパイプイスで殴る。そして、さらにイスを振りかざすが、オカダがイスごとフロントハイキックで吹き飛ばす。それを見たトンガとアンダーソンが乱入するも、オカダがトンガをショルダースルー、アンダーソンをフラップジャックで排除。
 続いてファレもリングへ乱入し、オカダにグラネードを仕掛ける。すると、外道がコーナー最上段にのぼり、ファレにダブルスレッジハンマーを投下。それでもファレは外道を片手で受け止め、グラネードの体勢に入る。しかし、オカダがドロップキックでカット。
 その後、デヴィットがオカダのツームストンパイルドライバーを切り返し、反対にツームストンパイルドライバーで突き刺す。そして、オカダのボディにパイプイスを乗せ、そこにダイビングフットスタンプをお見舞い。
 続いてデヴィットはブラディサンデーに行くが、オカダが回避してレインメーカーを仕掛ける。これをデヴィットがさらに回避して再びブラディサンデーを狙うも、またもやオカダが切り返してレインメーカーの体勢に入る。
 これを再びデヴィットが回避すると、オカダが後頭部にドロップキックを浴びせる。そして、今度こそツームストンパイルドライバーを食らわせると、最後はレインメーカーで決着をつけた。

コメント
※外道が拍手でオカダを迎え入れる
外道「ありがとう! 仇を討ってくれて…」
オカダ「ありがとうございます」
※ガッチリ握手。外道は牛丼1年分の勝利者賞をみやって。
外道「コレは…」
オカダ「あ、これはべつです」
外道「半分半分に…」
オカダ「いえいえ! これは、べつです」
――率直な感想をお願いします。
オカダ「そうすね。ま、べつに。勝ててうれしい。カネの雨が降ってうれしい。そういうのはべつになく、シッカリ外道さんの仇をとりました、と。そういう感じですね」
――外道さんはいかがですか?
外道「わかってたからな? 最後に仇をとってくれるっていうのは。ま、今シリーズは大変な目に逢ったけどさ。最後に仇をとってくれたから、やられたかいがあったよ。ウン」
――試合中、外道さんが助けにくるというか、身代わりになってくれたようなシーンがありました。
オカダ「助けに……来たんですかね?」
外道「やられに行ったんだな(笑)」
オカダ「ま、そのスキをつかせて頂いたんで」
外道「助けに行ったつもりが、助けられた……おもしろいな?」
オカダ「ボク的には、余計な仕事がひとつ増えたというか…」
外道「そういうこと言うなよ?」
オカダ「ま、そうすね(笑)」
――デヴィット選手、ジュニアの選手が挑戦者というのは、難しいところもあったのでは?
オカダ「ま、難しいところもあれば、ラクなところもあったわけで。そのへんは気にはならなかったです。印象? デヴィットもバレットクラブも…。まぁ、がんばってるんじゃないすかね? ただ、G1のブロックはデヴィットと一緒ですから、もっともっとバレットクラブ全体で、俺を潰しにきてほしいですね」
――事前にバレットクラブの介入を認めるような発言もありました。
オカダ「ま、認めなきゃ。レベルが違うんで。タイトルマッチにならないっすよ。カネが! 雨が降らないっす」
――これだけの秋田のお客さんが、もの凄い歓声を送ってくれました。
オカダ「ま、そのへんは…。まぁ、普通です。ただ一個、いいすか。外道さん、今日は何もしゃべってくれないんですね?」
外道「えっ! もう感無量だよ…。俺の仇を討ってくれたからな? 俺は泣きそうだったよ」
オカダ「ホントすか? バンダナに隠れてるんじゃないすか?」
外道「そうそう。バンダナに隠れて見えないけど、じつは泣いてるからな」
オカダ「ホントすか。涙の勝利で……」
外道「そうだよ。外道に贈る勝利だよ!」
オカダ「いやまぁ、秋田に来てくれたファンの方たちにも……」
外道「違うのかよ?」
オカダ「いや! 外道さんに贈る勝利です」
外道「そうだよな?」
――G1に向けても一言。ドンドン期待は高まっていると思います。
オカダ「俺になんか、期待しないでください。もっともっとほかの先輩、棚橋、真壁、中邑、全員もっともっとやる気をみせて、この俺を潰しにきてください」
外道「応援してやらないと、レベルが違うからな? 差が開く一方だ。間違いなく2連覇するよ。ここで誰も出てこないってことは、頭がG1に行ってるんだろうな?」
オカダ「そうすね」
外道「ただ、頭が行ったとこで2連覇は間違いないから」
――では、最後に乾杯を。
オカダ「今日は、外道さん。飲みますよね、うれしいんで」
外道「飲むよ、俺は! 浴びるほどいくよ!」
※ビールの栓を開けて。
オカダ「今日は外道さんの仇を…」
外道「仇討ち成功だ! よし行くぞ」
 
デヴィット「俺達は悪魔を見つけた。早く殺した方がいい。オカダ、今日は俺を倒したかもしれないが、“リアル・ロックンローラ”はまだ殺されていない。俺の次の闘いが、オマエの次の闘いで、俺達の次の闘いだ。『G1 CLIMAX』のオープニングマッチで、“リアル・ロックンローラ”プリンス・デヴィットは、リベンジする」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.