新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

吉野家Presents KIZUNA ROAD 2013

2013/07/20(土)17:00秋田・秋田市立体育館 | 観衆  4,075人(超満員)

第6試合30分1本勝負

スペシャル8人タッグマッチ

[12分07秒]
ハイフライフロー→片エビ固め

レフェリー|マーティー浅見

試合経過情報

 新日本プロレス本隊とBULLET CLUBが激突する8人タッグマッチ。
 
 先発したのは、棚橋とアンダーソン。ところが、控えのトンガがエプロンから棚橋の後ろ髪を引っ張り、アンダーソンがラフ殺法で攻勢に出る。すると、棚橋はカウンターバックエルボー&フライングボディアタックで巻き返すが、アンダーソンはマウントエルボー連射で逆襲した。
 ライガー対トンガの場面。ライガーがトンガとテリブレにスライディングキックを見舞い、自分を羽交い絞めにしたファレに、アンダーソンのスライディングキックを誤爆させる。そして、エプロンを駆け抜け、ファレに向かってトペコンヒーロを敢行。
 続いてライガーはコーナー最上段にのぼるが、トンガがドロップキックで場外に落とす。これで激しい場外戦が勃発し、大ダメージを負ったライガーをアンダーソン組が捕獲。長時間に渡って集中攻撃を浴びせる。
 それでもライガーはトンガに逆襲し、タッチを妨害するアンダーソンに掌底をお見舞い。これでようやく出番となった真壁は、串刺しラリアット2連発、頭部へのパンチ連射、ノーザンライトスープレックスホールド、カウンターラリアットでトンガに追い討ち。しかし、トンガはリープフロッグからのドロップキックで巻き返した。
 キャプテン対アンダーソンの場面。キャプテンが頭部へのパンチ連射から串刺し攻撃を狙う。しかし、アンダーソンが回避し、ジャンピングフロントハイキックで逆転。すかさず、トンガが串刺しジャンピングボディアタック、トンガが串刺しボディアタックで追い討ちをかけ、トンガ&アンダーソン&テリブレの合体バックドロップがさく裂。
 続いてアンダーソンがスピニングガンスタンからフォールに行くが、キャプテンが自力でキックアウト。さらに、ガンスタンを回避して地獄突きを見舞うと、カウンタージャンピングショルダータックルで逆襲。そして、替わったテリブレをヒラボトムで叩きつけた。
 棚橋対テリブレの場面。棚橋がフライングフォーアームで先制すると、テリブレが張り手で巻き返し、ブレーンバスターを狙う。だが、棚橋が背後に着地し、ドラゴンスクリューで反撃。
 次に棚橋はスリングブレイドを狙うが、控えのファレが背中を蹴って妨害。しかし、棚橋がテリブレの張り手をファレに誤爆させ、真壁が両腕ラリアットでアンダーソンとトンガを吹き飛ばす。
 その直後、キャプテンがファレに地獄突き、ライガーが掌底を見舞い、真壁がラリアットで場外に追いやる。すると、棚橋がダブル式ジャーマンスープレックスホールド、TWELVE SIXでテリブレの動きを止め、ハイフライフローでとどめを刺した。
 
 試合後、快勝を収めた棚橋が、特設花道上で1度だけエアギターをかき鳴らした。

コメント
真壁「オイ、コノヤロー! なめんじゃねーぞ、この三下どもが!」
――凄いラリアットでした。
真壁「あたりめーだ。バカヤロー! 俺のラリアットくらって、余裕かませるわけがねーだろ! テメーら、三下は三下らしくよ、身の振り方考えておけ。俺が本腰入れたらよ、壊滅に追い込むからな! 日本に来て、好き勝手できると思うなよ! 必ずだ、テメーらの行動、レスラーの価値も全部、消し去ってやる! それだけだ!」
――G1に向けては? 敗れたオカダ選手とも再戦がありますが。
真壁「敗れた? 誰が敗れたんだ? 試合には負けても、勝負に勝ったろ。あれを見て、観客は俺様の凄さがわかっただろ? ベルトもって、タイトルマッチかました? それがなんだ? ここには、ベルトもってなくてもスゲー選手はゴロゴロいる。とくに俺様を筆頭にな! オイ、G1楽しみだな! おまえらの存在、価値を全部、消し去ってやる! それだけだ!」
棚橋「開幕戦で、このCMLL世界タッグのベルトを持って、今シリーズ走ってきたけど、ちゃんとね。今シリーズ、かたちに残したし。わかったのは、俺のモチベーションもコンディションも一つも落ちてないということ。最高の状態でG1 CLIMAX、ちょっくら優勝してきます!」
キャプテン「君たち! だから言ったろ。私のことをカメだとか、ニセモノのスーパーヒーローだとか言ったな? 最後の最後に仕留めてやったぞ? 私には、G1はないがな。その次のシリーズこそ、彼らをねじ伏せてやるからな? よーく覚えておくんだぞ?」
※ライガーはノーコメント
 
トンガ「今日はなんだか、イマイチだった。俺達を見ろ。俺達はパーフェクトチームだ。俺達を止めようとするのか? マカベ、チェーンで勝とうとするなんて、バレットクラブには通用しない」 
テリブレ「タナハシ、ライガー、マカベ! バレットクラブがナンバーワンだ! オマエら全員ぶっ潰してやる」
アンダーソン「タマ・トンガとテリブレが言ったので、これ以上言う必要はない。この結果に、バレットクラブは怒り狂っている。プリンス・デヴィットが、今夜秋田でIWGPヘビー級王者になる。そしてこのマシンガンが、2013年『G1 CLIMAX』の優勝者になる。新日本プロレス、どうなると思う? メインイベントで、言って来たように、バレットクラブが新日本プロレスを乗っ取ったことを、ハッキリとみんなの前で見せつけてやる! 新日本プロレスの菅林社長、これはオマエをねらっている! いま乗っ取りは始まっている! オマエはこうなるぞ!(東スポ岡本記者を羽交い締めにして)この国で一番デカいこの身体が、天高くオマエの身体を吊るし上げるぞ! ファレ!」
※ファレは岡本記者の頬にペチンと平手打ち。マシンガンと共に控室へ。ファレはノーコメント。
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.