新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

吉野家Presents KIZUNA ROAD 2013

2013/07/20(土)17:00秋田・秋田市立体育館 | 観衆  4,075人(超満員)

第1試合60分1本勝負

IWGPジュニアタッグ選手権試合

[17分27秒]
コントラクトキラー→片エビ固め

※フォーエバーフーリガンズが2度目の防衛に成功。

レフェリー|佐藤健太

試合経過情報

 試合開始前、コズロフが観客を起立させ、ロシア国歌を独唱。それをTAKAとタイチもおとなしく聞く。
 その後、タイチが「皆さん、ご起立下さい! 国家斉唱!」とマイクアピールし、TAKAと一緒に君が代を歌い始める。しかし、その途中で奇襲を仕掛け、試合開始となった。
 
 すると、ロメロとコズロフがヘッドシザースホイップでTAKAとタイチを場外に落とし、2人同時にプランチャをお見舞い。そのままロメロ対TAKAとなり、ロメロが低空ドロップキックから連続串刺しラリアット。さらに、カットに入ったタイチにもラリアットを食らわせる。
 コズロフ対TAKAとなり、コズロフがトップロープ越えのダイビングボディプレスで追撃。しかし、タッチを受けたタイチが、握手を要求してコズロフを惑わせ、場外乱闘で逆転する。
 これでTAKA組がコズロフを捕まえ、TAKAがドロップキックで追い討ち。すると、コズロフがコサックダンスキックで巻き返すが、ロープワークをタイチが場外から松葉杖攻撃で妨害。復活したTAKAがコズロフのロシア帽を奪い、コサックダンスキックで追撃する。
 続いてタイチもロシア帽を被り、連続串刺しアックスボンバーなどでやりたい放題。そして、コサックダンスキックを試みるが、コズロフが蹴り脚を受け止め、延髄斬りで逆襲。
 だが、TAKAがタッチを妨害し、カウンターキチンシンク、トラースキックで追い討ち。さらに、TAKAがジャストフェースロック、串刺しジャンピングニーアタック、低空ランニングニーアタックで続くが、コズロフは捻りの利いたブレーンバスターでようやく巻き返した。
 ロメロ対TAKAとなり、ロメロが両脚ミサイルキックでTAKAとタイチを同時に吹き飛ばし、ジャーマンスープレックスを着地したTAKAに飛び膝蹴りを見舞う。しかし、TAKAもニールキックでお返し。
 コズロフ対タイチの場面。コズロフがスワンダイブボディアタックから逆さ押さえ込み。さらに、横回転して連続で押さえ込む。そして、コズロフはタイチを担ぐが、TAKAが妨害して丸め込み、すぐにタイチとチェンジする。
 コズロフが返すと、タイチがタイチ式外道クラッチを繰り出す。これをコズロフが前方回転エビ固めに切り返すと、タイチはラ・マヒストラル、トラースキックに繋いだ。
 続いてタイチはショートタイツ姿になり、邪外殺しを発射。これはコズロフがかわすが、直後にタイチとTAKAがダブルトラースキックをお見舞い。そしてタイチが、パワーボムホイップ、ジャンピングパワーボムで勝負に出る。
 だが、ロメロがカットに入り、トップロープとセカンドロープのあいだに急停止してタイチを翻ろうし、トペスイシーダを敢行。すると、TAKAがロメロに宇宙人プランチャを食らわせるが、直後にコズロフがノータッチトペコンヒーロでタイチとTAKAを押し潰した。
 リングに戻り、コズロフとロメロがTAKAとタイチにヘルズブルドーザーをお見舞い。さらに、コズロフがバックブリーカーでタイチを捕らえ、ロメロがコーナー最上段からダイビングニードロップを投下する。そして、コズロフがロシアンスタープレスからフォールに行くものの、TAKAがカット。
 次にコズロフはロシアンストライクを放つが、タイチが急所キックで逆襲。そして、タイチ式外道クラッチで押さえ込むも、コズロフがキックアウト。
 すると、タイチがパワーボムを狙うが、ロメロがドロップキックでカット。そして、ロメロが佐藤健太レフェリーを引きつけ、コズロフが急所攻撃で逆襲。最後は、合体技コントラクトキラーでタイチを沈めた。
 
 試合後、ロメロが「アキタ、アリガトウゴザイマシタ! 俺たちがIWGP Jr.タッグチャンピオンだ!! フォーーエバーー!!」とマイクアピールした。

コメント
コズロフ「どうだ? 誰にも俺たちフォーエバー・フーリガンズは倒せないぜ? 俺たちはジュニアタッグのキングなんだ! どんな団体の選手にも負けない! 世界最高のジュニアタッグ王者だ! 1、2、3、シバクゾ!」
ロメロ「次は誰だ? WHO’S NEXT ?  ダレ? プロレスリング・ノアの選手か? ドラゴンゲートか? オーケー。誰でもいいぜ? ROH? 世界中のどんな選手でもいい! ロシア、メキシコ、ドイツ、ワカラナ〜イ! 俺たちこそ、世界最高のタッグチームなんだ…!」
2人で「フォーエバ〜〜!」
※ビールを飲み干す2人
 
TAKA「初挑戦失敗しちまったな、マキ。今日はよ、俺の決死の『クソ!脱臼しちまったよ、なんちゃって作戦』失敗しちまってよ。今まで一度も失敗したことねぇのによ。クソ! 肩脱臼、わざわざ自分の肩、犠牲にまでしたのによ! 次はもっと黒くなってこい。俺はもっと白くなるからよ」
タイチ「終わりかもう?」
TAKA「初挑戦で、こんだけ追い込んだんだからよ、まだまだあるだろう」
タイチ「今年中に、もう一回、“初挑戦”といきますか」
TAKA「俺らはシングルで、4人に勝ってんだよ。シェリー、コズロフ、ロメロ、KUSHIDA。全員に勝ってんだよ。シングルで勝って、タッグはたまたまよ、今日は作戦ミスだな。タイチがもっと黒くなってくるべきだった」
タイチ「ヨシダの肩を心配しすぎたな。俺までダマすなんて、なかなかだな」
TAKA「仲間からダマすからよ、俺は」
タイチ「言っとけよ、先に。ていうかよ、キ○タマ蹴られたぞ、最後に!」
TAKA「反則勝ちじゃねぇのか? VTRチェックしろよ。俺達、反則勝ちで、チャンピオンじゃねぇか?!」
タイチ「チャンピオンが、キ○タマ蹴っていいのかよ?!」
TAKA「もう一回、IWGP実行委員会、VTRでチェックしろよ」
タイチ「あんなの認められんのかよ? 菅林(社長)どこだ? ガースー! 木谷もいたな?」
TAKA「探しに行くか?」
タイチ「どこだガースー!」
TAKA「直接抗議して、結果変わるかもしんねぇからな!」
タイチ「まだ(結果を)書くなよ!“ガースー預かり”って書いとけよ」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.