新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

吉野家Presents KIZUNA ROAD 2013

2013/07/05(金)18:30東京・後楽園ホール | 観衆  2,015人(超満員札止め)

第7試合60分1本勝負

IWGP Jr.ヘビー級選手権試合

[18分11秒]
ブラディサンデー→体固め

※デヴィットが4度目の防衛に成功

  • (第66代王者)
  • ○ プリンス・デヴィット

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 7月20日秋田でオカダのIWGPヘビー級王座に挑戦するデヴィットが、交換条件として行なう外道とのIWGP Jr.戦。
 デヴィットのセコンドにはアンダーソンとファレ、外道のセコンドにはオカダと邪道がついた。
 
 序盤、クリーンブレイクしたデヴィットが、「オッケー! オジイチャン!」などと叫んで挑発。その後、外道がクリーンブレイクすると見せかけ、不意打ちに出る。
 するとデヴィットはスピードでかく乱しようとするが、外道が乗らずにロープ際で急停止。そして、場外に降りてアンダーソンを激しく挑発してデヴィットに隙を作り、膝へ集中攻撃を開始する。
 苦しくなったデヴィットはショルダースルーを繰り出すが、外道はそのまま場外に飛び、アンダーソンにプランチャをお見舞い。
 その後、デヴィットが自分からエプロンへ飛び出し、顔面攻撃で逆転。そして、背中にダイビングフットスタンプを投下する。これで場外戦となり、デヴィットが外道を鉄柵に引っ掛け、串刺し式でドロップキックを敢行。大ダメージを負った外道は、カウント19で辛うじてリングへ生還。
 しかし、デヴィットの攻撃は続き、強烈な逆水平チョップで追い討ち。そして、クッションをはずして金具をむき出しにしたコーナーへ外道を叩きつける。続いてデヴィットは、コーナー最上段からダイビングフットスタンプを敢行するが、外道が回避し、トラースキックで逆転。さらに、マンハッタンドロップ、チンクラッシャー、頭部へのパンチ連射に繋ぐ。
 続いて外道は、デヴィットの膝裏へタックルを見舞い、鉄柱を悪用して膝攻撃を開始。さらに、1度は手にしたパイプイスをわざとアンダーソンへ渡し、それにレッドシューズ海野レフェリーの注意を持っていく。そして、邪道から新たなイスを受け取ると、あらためてデヴィットの膝を殴打した。
 リングに戻った外道は、足4の字固めでデヴィットに追撃。続いて、軽やかなフットワークからパンチを連射し、コンプリートショット、DDTに繋ぐ。そして、コーナー最上段からスーパーフライを敢行するも、デヴィットが両膝を立ててブロック。
 さらにデヴィットは、カウンターラリアットで反撃し、コーナー最上段からのダイビングフットスタンプ、リバースブラディサンデーで追い討ち。だが、外道がことごとくフォールを跳ね返す。
 さらに外道は、ブラディサンデーを回避し、サミングで奇襲。そして、デヴィットを突き飛ばして海野レフェリーと衝突させ、急所攻撃を敢行。そこから外道クラッチを繰り出すも、デヴィットがギリギリでクリア。
 これを不服とした外道が海野レフェリーに詰め寄ると、デヴィットが背後からドロップキックをお見舞い。またもや海野レフェリーが巻き込まれてしまい、その隙を突いてデヴィットが腹部へイス攻撃を見舞う。
 続いてデヴィットは、コーナーに追い込んだ外道の顔面にパイプイスを被せて距離を取る。だが、外道がデヴィットの顔面にイスを投げつけて逆襲。すると、アンダーソンが乱入するが、オカダがドロップキックで一蹴。さらにオカダは、エプロンへのぼったファレもショルダータックルで場外に落とす。このチャンスに、外道が今度こそスーパーフライからフォールに行くが、デヴィットがキックアウト。
 ここでデヴィットがジャパニーズレッグロールクラッチホールドを繰り出すも、外道が跳ね飛ばし、邪道が場外からイス攻撃。すかさず外道がデヴィットを丸め込む。しかし、今度はデヴィットが跳ね返して外道を吹き飛ばし、アンダーソンがイス攻撃をお見舞い。
 その直後、デヴィットがドリームキャストをクリーンヒットさせ、最後はブラディサンデーでとどめを刺した。

コメント
アンダーソン「ニシザワ、こっちに来て座れ。シンプルな言葉だ、言え。『プリンス・デヴィットは世界一のレスラーだ』」
西澤管理部長「プリンス・デヴィット・イズ・ベストレスラー・インザワールド!」
アンダーソン「バレットクラブは新日本プロレス史上イチバンのグループだ。CHAOSやGBH、nWoやC.T.U、他のグループと比べても」
デヴィット「プリンス・デヴィット、自分自身の唯一の問題は、パートナーに恵まれなかったことだ。でも、このマシンガン、タマ、ファレと、バレットクラブという最強の軍団を得たことで、最強になった。今度対戦するオカダ、オカダは悪いものの象徴だ。新日本の悪いところ、日本人の悪いところ、すべて間違っているものの象徴だ。そのオカダを倒してやる。今日外道を倒したように、オカダも倒す。オカダを倒して俺がチャンピオンになる。バレットクラブがイチバンだ。それを証明する」
※東京スポーツ岡本記者が捕まり、バレットクラブの真ん中に座らされる
デヴィット「誰が今年の『BEST OF THE Super Jr.』優勝者だ?」
岡本記者「プリンス・デヴィット」
デヴィット「誰がIWGPジュニアチャンピオンだ?」
岡本記者「デヴィット」
デヴィット「誰が世界でイチバンのハイファイレスラーだ?」
岡本記者「デヴィット」
デヴィット「ファレ(指で引き金を引くアクション)」
※ファレが右手で岡本記者の喉元を掴んで、天井近くまで高く持ち上げる。バレットクラブは控室へ。
 
――あと一歩でしたね?
※言葉を発さずに、リング上のオカダのマイクを聞くようにポーズ
外道「聞いたか? ああ? 俺は試合が決まってからガッチリと準備してきた。そしてバレットクラブが手を出せないように、対策も考えてきた。負けたよ? 勝てない。デヴィット強い! …ただな! レェインメーカーは違うぞ? ああ? そんじょそこらのよ、ヤツとは違うぞ? いまレインメーカーが言ったとおり、俺のぶんまで、3倍、5倍、100倍にして返してやる!」
オカダ「ま、こういう結果で、外道さんが負けて、ボクと外道さんのチャンピオンチームというのはできないすけど、シッカリ秋田、テーマは決まった。外道さんの敵をとってやる! そのままな!」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.