新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

DOMINION 6.22

2013/06/22(土)17:00大阪・大阪府立体育会館(BODY MAKER コロシアム) | 観衆  7,240人(超満員札止め)

第8試合30分1本勝負

[15分33秒]
ブラディサンデー→片エビ固め

  • ○ プリンス・デヴィット

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 4月7日両国でBULLET CLUBを結成し、『BEST OF THE SUPER Jr. XX』をメンバーの試合介入で全勝優勝したデヴィットが登場。前IWGPヘビー級王者・棚橋と対決。
 
 デヴィットは今回もアンダーソン、トンガ、ファレを引き連れて入場。いつものようにLED式のジャケットを七色に光らせる。
 すると、あとから入場した棚橋は、持参したメガネを光らせて対抗した。
 
 試合が始まると、棚橋がデヴィットを圧倒。ところが、ファレが場外からデヴィットの足を引っ張り、場外へエスケープさせる。
 それを棚橋が走って追いかけるが、待ち構えたファレがカウンターラリアットをお見舞い。すかさず、デヴィットが背中から鉄柵へ叩きつけ、串刺しドロップキックで追撃。
 これで棚橋は大ダメージを負ってしまい、デヴィットが変型アームロック、ロープを悪用した首折り攻撃で追い討ち。さらに、アンダーソンがどさくさに紛れて暴行を加える。
 すると、棚橋が太陽ブロー連射で反撃し、コーナー最上段にのぼる。ところが、デヴィットがジャンピングハイキックで場外へ転落させ、アンダーソンがパワーボムでエプロンへ叩きつける。
 デヴィットの攻勢は続き、強烈な逆水平チョップ連射で追い討ち。苦しくなった棚橋、はカウンター低空ドロップキックでようやく逆襲し、フライングフォーアーム、ボディスラム、ダイビングサンセットフリップに繋げる。
 すると、ファレが場外から足を引っ張り、棚橋のロープワークを妨害。しかし、棚橋がドロップキックで場外に落とし、デヴィットも場外へ追いやる。そして、コーナー最上段からのハイフライフロー式ボディアタックでまとめて押し潰すと、ロープ越しのドラゴンスクリューでデヴィットをダウンさせ、テキサスクローバーホールドを極める。
 その後、デヴィットがブラディサンデー、棚橋がドラゴンスープレックスを狙うが、いずれも不発となる。そこから棚橋が張り手を浴びせるが、デヴィットがすぐにオーバーヘッドキックで逆襲。さらに、サミング、エプロンからのジャンピングハイキック、ロープ越しのフットスタンプに繋ぐ。
 続いてデヴィットは、棚橋の後頭部に串刺しドロップキック、ダイビングフットスタンプをお見舞い。そこから再びブラディサンデーとドラゴンスープレックスの攻防となり、デヴィットがリバースブラディサンデーで棚橋を突き刺す。
 次にデヴィットはダイビングフットスタンプに行くが、棚橋が回避してスリングブレイドで叩きつける。そして、ダルマ式ジャーマンスープレックスホールド、TWELVE SIXで追い討ち。そこからコーナー最上段へのぼるが、アンダーソンとトンガがエプロンへ上がり、レッドシューズ海野レフェリーの注意をそらす。そして、ファレがグラネードで棚橋を転落させ、デヴィットが垂直落下式のブラディサンデーでとどめを刺した。

コメント
アンダーソン「レディス・アンド・ジェントルメン! 俺たちをよく見ろ! バレット・クラブだ! 俺たちを恐れろ!」
※東京スポーツ・岡本記者を足下に蹴散らして
アンダーソン「そしてこのプリンス・デヴィットを恐れろ! 彼を恐れるんだ! すべてのレスラーは、この男の前でひざまづけ! コイツこそ、この地球上でナンバーワンのレスラー、それを今日、棚橋を倒すことで証明した! 恐れるんだ!」
※  デヴィットは、倒れている岡本記者の足首を掴みながら
デヴィット「プリンス・デヴィットは勝利した。いいか? もう俺はナイスガイじゃない。バレットクラブなんだ。今日、棚橋をパーフェクトに倒した。次、俺が倒すべき相手は誰だ? 今夜、IWGPヘビー級選手権が行われる。その勝者が次の標的になる。文句あるか? 俺は、バレットクラブ、そしてリアルロックンローラのプリンス・デヴィット。誰か、質問はあるか?」
アンダーソン「誰か、質問はないのか?」
※  東京スポーツ・岡本記者をテキサスクローバーホールドの状態にしながら。「うぎゃああ!」とわめく岡本記者。
デヴィット「痛いのか? ビービーうるさいな? これは、オープンの挑戦状だ。 IWGPジュニアヘビー級王者、そして『SUPER Jr.』覇者であるこの俺が、IWGPヘビー級王者に挑戦し、そして必ずベルトを奪う!」
※デヴィットは控室へ
アンダーソン「オイ、ファレ、その小僧をおまえの拳で今度こそやっちまえ! やるんだ!」
岡本記者「うわああああ!」
※殴ると見せかけて、張り手一閃し、控室へ去るファレ
 
――バレットクラブのやり方っていうのは、やはり許されるものではないと思うのですが。
棚橋「俺の実力が足らないだけ。全員に勝ってやる。ただ今思っているのは、IWGPは遠いなってこと。IWGPは通り。ただ、思い返してみても、ずっと、腐らずに遠回りしてきたから。俺の宿命が炸裂するぜ」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.