新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

DOMINION 6.22

2013/06/22(土)17:00大阪・大阪府立体育会館(BODY MAKER コロシアム) | 観衆  7,240人(超満員札止め)

試合経過情報

 試合開始前、場内の大型スクリーンに、バックステージで決戦に備える真壁が登場。テレビ朝日・寺川俊平アナウンサーのインタビューに対し、「『とうとうやってきたな』と思ったな。前フリが長すぎるよ。今日はバッチリ見してやるよ」と、自信満々で語った。
 
 そこから始まった第2試合は、BULLET CLUBのアンダーソン、トンガ、ファレが登場。迎え撃つは、永田、本間、キャプテンのトリオ。
 
 アンダーソンが永田を急襲して、敬礼で挑発。しかし、永田がすぐに報復し、アンダーソンを交替させた。
 本間対トンガの場面。本間が、ラリアット、串刺しジャンピングエルボー、フェースクラッシャークラッシャー、小こけしとラッシュ。しかし、トンガが変型ヘラクレスカッターで巻き返し、BULLET CLUBが本間に集中砲火を仕掛ける。
 長時間のローンバトルを強いられた本間だったが、ブレーンバスターでアンダーソンに逆襲。替わった永田が、ミドルキック連射、串刺しフロントハイキック、エクスプロイダーで追い討ちをかけ、脇固めで捕獲する。
 それをファレがカットに入り、トンガと共にトレイン攻撃を狙う。しかし永田は、ファレの突進をかわしてコーナーへ激突させ、フロントハイキックでトンガをなぎ倒した。
 キャプテン対トンガの場面。キャプテンが、頭部へのパンチ連射、カウンターショルダータックル、カウンター地獄突き、ヒラボトムと畳みかける。
 しかし、次のダイビングヘッドバットをトンガがかわし、ファレが両腕ラリアットで永田と本間を蹴散らす。それでもキャプテンは地獄突きで反撃するが、アンダーソンが飛び込んでガンスタンをお見舞い。最後はファレがグラネードでとどめを刺し、決着をつけた。

コメント
※アンダーソンが会見場の机を蹴り飛ばす。東京スポーツ・岡本記者を強引に掴んで。
アンダーソン「恐れろ! 恐れるんだ! 我々バレットクラブのことを! タマ・トンガを! 恐れろ! このマシンガンを! 恐れるんだ、このファレの拳を…! ファレ、コイツを殺せ!」
※ 岡本記者の後頭部を捕まえて、ファレがナックルを近づける。
岡本「ノー! ノー!」
※ ファレは、岡本記者の頬をパチンと叩いて退場。
アンダーソン「恐れるんだ……! わかったな?」
 
――バレットクラブと闘ってみて、どんな印象でしたか?
永田「あんまりやっぱり動いてるように見えなかったし、よくわかんない。目付きはやっぱり違いますよね。睨んできましたから。かつての優しいファレとは違ってね。目付きが鋭いもんがきましたよ。睨みつける表情だけは、ちょっとは違うかなと。それ以外はまだわからない。バレットクラブ。リアル・ロックンローラ。何がロックンローラなんだろ? やれるもんならやってみろ! ロックンロールで! 『ツッパリロックンロール』で踊ってろって!今日も元気にドカンをキメたらヨーラン背負ってリーゼント! リーゼントできないもんね、スキンヘッドで」
――まだまだ永田選手を熱くさせるような存在ではなかったと?
永田「そうですね。本腰入れてやるからにはもの足んないなと。やるなら、これからでしょ。ちょっと今は路線は違うかもしれないけど、俺を味わったら、本物の新日本がわかる。新日本の本流が、俺に触れればわかる。時代が流れていく中で、俺に触れてみろ。新日本の本流がわかる。以上!」
本間「立場が人を変えるっていうのはホントだね。バレットクラブ、スゲーよ。俺の知ってるファレ、タマちゃん、あんなのじゃねぇよ。でもよ、俺なんか、もっとスゴイ立場なんだよ。毎日が勝負! でも俺は、まだまだ負けねぇよ! 負けたら終わっちまうから!」
キャプテン「アイツらに毎回毎回、連敗するわけにいかねぇ! 必ず、このスーパーヒーローが、そして棚橋君と共にな、ヤツらをブッ殺してやるからな!」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.