新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

BEST OF THE SUPER Jr. XX

2013/06/06(木)18:30東京・後楽園ホール | 観衆  1,620人

第7試合30分1本勝負

「BEST OF THE SUPER Jr.XX」Aブロック公式戦

[06分27秒]
ブラディサンデー→片エビ固め

※デヴィットがAブロック1位通過決定。

  • ○ プリンス・デヴィット
  • (8勝0敗=16点)

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 7戦全勝でベスト4進出一番乗りを決めたデヴィットが、“Jr.のレジェンド”ライガーと対決。
 今回もデヴィットのセコンドとして、カール・アンダーソン、タマ・トンガ、バッドラック・ファレが登場した。
 
 あとから入場したライガーがコーナーでファンにアピールすると、デヴィットが背後から急襲し、試合がスタート。たちまち場内が大ブーイングに包まれる。さらに、デヴィットがライガーのマントを羽織ってポーズを真似ると、さらなるブーイングが起きた。
 一方のライガーは、デヴィットの突進をかわして場外へ追いやり、スライディングキックを発射。しかし、ファレが受け止めて両脚を持ち、デヴィットが腹部へダイビングフットスタンプを見舞った。
 さらに、デヴィットがライガーを場外へ落とすと、アンダーソンとファレが襲撃。それを目撃したファンが大ブーイングを浴びせると、トンガがペットボトルの水を客席へぶちまけた。
 辛うじてリングへ戻ったライガーは、デヴィットの串刺し攻撃をフロントハイキックで阻止。さらに、風車式バックブリーカーで叩きつける。たまらずデヴィットはエプロンへ逃げるが、ライガーが掌底で場外へ叩き落とし、エプロンからトペコンヒーロを見舞う。
 続いてライガーはコーナー最上段にのぼるが、アンダーソンが突き飛ばして攻撃を妨害。これでデヴィットが串刺しミサイルキックで逆襲し、後頭部へのダイビングフットスタンプで追撃。
 それでもライガーは、ブラディサンデーを回避し、ショートレンジ掌底で反撃。そして、サンダーライガーボムからフォールに行くが、カウントは2。
 「ライガー」コールの中、ライガーは垂直落下式ブレーンバスターでフィニッシュを狙う。すると、トンガがエプロンへ上がり、それをライガーが掌底で排除。続いてコーナー最上段からダイビングボディプレスを繰り出すも、デヴィットが両膝を立ててブロック。
 さらにデヴィットは、ライガーの腹部へダイビングフットスタンプを投下し、最後はブラディサンデーで勝利。全勝のままAブロックを1位通過した。
 
 試合後、デヴィットたちBULLET CLUBのメンバーがライガーを捕まえ、指で作ったピストルを突きつける。だが、場内は大ブーイングに包まれた。

コメント
アンダーソン「全勝で予選通過だ! 地球一のグレートのプロレスラー、プリンス・デヴィットだ! バレットクラブが乗っ取った! バレットクラブは新日本プロレスでナンバーワンだ! イチ、ニ、サン、シ、ゴ、ロク、シチ、ハチ(デヴィットの腹筋を数える)! バレットクラブ、ゼッコウチョー!! バレットクラブはリアル!!」
デヴィット「マシンガン、落ち着け」
アンダーソン「ソーリー、ボス!」
デヴィット「“リアル・ロックンローラ”プリンス・デヴィットは、2013年『BEST OF THE Super Jr.』トーナメントで、レジェンドと呼ばれる獣神サンダー・ライガーを潰した。俺の右手にはIWGPジュニアのベルト、左手にはライガーの首だ。準決勝では、何も心配していない。俺にはこのチームがある。“バットボーイ”タマ・トンガ、俺の用心棒“アンダーボス”バットラック・ファレ、“マシンガン”カール・アンダーソン。バレットクラブはリアルだからだ。1つ質問があるから座れ(東スポ岡本記者が捕まりイスに座らされる)。誰が2013年の『Super Jr.』チャンピオンになると思う?」
東スポ岡本記者「デヴィット」
デヴィット「誰がリアル・ロックンローラだ?」
東スポ岡本記者「デヴィット」
デヴィット「誰がIWGPジュニアのチャンピオンだ?」
東スポ岡本記者「デヴィット」
デヴィット「誰がレジェンドであるライガーに勝ったんだ?」
東スポ岡本記者「デヴィット」
デヴィット「ファレ、コイツの言い方が好きじゃない」
※ファレは岡本記者を片手でネックハンギングして高く吊り上げ、頬を平手打ちする。
アンダーソン「バレットクラブはリアル!!(と言って控室へ)」
 
ライガー「『SUPER Jr.』は…、世界のジュニアの強豪が…、日本で強さを競い合って行われる世界一のトーナメントです。ジュニアの最高峰が見られる…シリーズです。年に一回の…祭典です。そう言っていたけど、俺は二度と口にしない! こんな恥ずかしい大会はない。世界に、これが新日本ジュニアです、と見せられるか? 現ジュニアのチャンピオンがアレだぞ? アレがストロングスタイルか? おまえら、いままで新日本ジュニアを見てきたろう? こんな大会あったか? こんなレスラーがいたか? 何が世界一だ? 何が最高峰だ? 二度と口にしない!」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.