新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

レスリングどんたく 2013

2013/05/03(金)17:00福岡・福岡国際センター | 観衆  6,800人(超満員)

第3試合60分1本勝負

IWGPタッグ選手権試合4WAYマッチ

[10分40秒]
ラリアット→片エビ固め

※その他にランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.(王者組)、矢野通&飯塚高史(挑戦者組)と対戦。4チーム同時に対戦。1チームが勝利の時点で試合終了の特別ルール。

  • × ストロングマン
  • 中西 学
  • (挑戦者組)

レフェリー|タイガー服部

試合経過情報

 試合開始前、場内の大型スクリーンに控え室の様子が映り、インタビューを受けた鈴木が「今日の天気はカネの雨は降りません! 強〜い風が吹くでしょう。天気予報でした」と、オカダを挑発した。
 
 その後、矢野組、中西組、天山組の順で入場。そして、王者組のアーチャー&スミスが現れた直後、飯塚がテレビ実況席の野上慎平アナウンサーを襲撃。それを中西が救出に入り、大混乱の中で試合が始まる。
 アーチャーとスミスが天山を捕まえると、中西とストロングマンもリングイン。アーチャーを場外へ蹴散らし、それぞれプランチャを食らわせた。
 場外乱闘のあと、飯塚が天山と小島をパイプイスで殴打。だが、天山と小島が巻き返し、矢野と飯塚を鉢合わせにする。次に小島が、矢野と飯塚に逆水平チョップを乱射。さらに、串刺しジャンピングエルボー、「いっちゃうぞバカヤロー!」からのダイビングエルボードロップで飯塚に追撃すると、天山は矢野にカーフブランディングを見舞った。
 天山組の攻勢は続き、スミスを合体攻撃の餌食にする。ところが、スミスが天山のダイビングヘッドバットをかわし、形勢逆転。アーチャーとスミスが、キラーボムで天山と小島を相次いで叩きつけた。
 ここで中西組がリングへ入り、アーチャー組に串刺しラリアットをお見舞い。さらに、中西がスミス、ストロングマンがアーチャーをアルゼンチンバックブリーカーで担ぎ、乱入した矢野と飯塚に投げつける。そして、ダブル野人ダンスラリアットを放ち、4人を一斉になぎ倒した。
 その後、ストロングマンがゴリラプレスからアーチャーをフォールするが、飯塚がカット。その飯塚がアイアン・フィンガー・フロム・ヘルを装備するも、タイガー服部レフェリーが厳しくチェックする。
 ところが、矢野が中西とストロングマンの背後に回り、同時に急所攻撃。そして、ストロングマンをスクールボーイで丸め込むが、天山たちがカットした。
 アーチャー対小島となり、アーチャーが滞空式ブレーンバスターで叩きつけ、スミスとキラーボムの体勢に入る。しかし、天山がカットに入り、ラリアットでアーチャーを場外に叩き出す。そして、小島と共にテンコジカッターをスミスにお見舞い。
 その直後、ストロングマンが、両腕ラリアットで天山と小島を蹴散らす。さらにストロングマンは、小島をアルゼンチンバックブリーカーで担ぎ上げるが、飯塚が地獄突きで妨害。
 これで自由になった小島が、飯塚にラリアットをお見舞い。続いて天山が、ニールキックで矢野を排除する。そして、小島がストロングマンをラリアットで吹き飛ばし、3カウントを奪った。
 
 見事、王座を奪還した天山と小島は、ファンの大声援を受ける。すると小島が、「俺たちが世界で一番しつこいタッグチーム、天山・小島、略してテンコジだ!!」とマイクで吼えた。

コメント
天山「オッケー、コジ!!」
小島「ありがとうございました」
※笑顔で握手
天山「あの最後の一発、目の前で決めたけど、あんなの見たことないって! コジ、やってくれましたよ。今日なんか、4チームもいる中で、ぐちゃぐちゃになったけど、いいところでコジがバッチリ決めてくれた。いつもの試合以上にうれしいすね!」
小島「なぜ、なぜ、俺たちが20年以上もテンコジでいられるか? 教えてやろう。いいか? そんな理由なんて、なんもねーんだ! 夢なんて何一つねーんだ。テンコジとして生きていること、それがすべてだ! おう、中西&ストロングマンは今日で脱落か? あとの2チーム、どうせ直接負けてないとか言うんなら、いいぜ。かかってこいよ! 俺たちが20オーバーのアルティメットタッグチーム、テンコジだ! 覚えておけ!」
天山「まだテンコジやってんの? と、そう言うヤツもいるだろうけど、俺ら関係ないって。新日本プロレスのリングで何十年もやってきた。このベルトは、俺たちの所有物。なんだかんだ言って、最後はテンコジなんや!」
小島「いいか? テンコジがマンネリ? 違うね。俺たちは進化した、究極のマンネリなんだ!」
 
アーチャー「俺達はまだ、フ○ッキンチャンピオンズだ! 俺達はどこも痛みを受けていないし、俺達は負けてもいない! あんなバカげたIWGPタッグチャンピオンがあるか!! バカヤロー!」
スミス「心配するな、テンザンコジマ。俺のパートナーはスゲー怒ってるぞ。この結果を認めるわけにはいかない。オマエらに、もっと怒りを、もっと痛みを与えてやる! ワン・ツー・スリーで沈めるぞ。鈴木軍イチバン! このNWAのベルトを保持して、そのIWGPタッグも必ず取り戻すぞ! 絶対にだ。約束する! どけ!」
 
ストロングマン「俺はダウンしたかもしれないが、俺は絶対にアウトになっていない! マッスル・オーケストラは戦士の闘志は持ったままだ。今夜はまたストロングマンは大きすぎて、強過ぎて、怒り狂っている!アッー!」
中西「コイツは負けても絶対闘志は萎えへん! まだまだこれからやろ! 3WAYであろうと、4WAYであろうと、なんでもええわ! 必ずこのタイトルは獲るからな! 俺とコイツがベルト巻くのが一番似合う! そんで、リングの上で闘うことが、俺とコイツの使命や! 見とけよ! これで絶対終われへん。これからや!」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.