新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

INVASION ATTACK

2013/04/07(日)16:00東京・両国国技館 | 観衆  8,200人

第6試合30分1本勝負

スペシャルタッグマッチ

[11分32秒]
レフェリーストップ

レフェリー|マーティー浅見

試合経過情報

 高校時代の盟友である後藤と柴田が、2月10日広島以来、タッグマッチで2度目の対決。さらに、3月17日尼崎で17年ぶりにタッグ対戦した永田と桜庭が、再びあいまみえる。
 
 後藤と柴田の先発で試合開始。ロープ際で柴田が張り手を放ち、激しいエルボー合戦が勃発。そこから後藤がショルダータックルで倒すが、柴田がハイキックでお返し。しかし、フライングメイヤーからのローキックは、後藤がかわした。
 永田対桜庭の場面。桜庭が、ロープ付近の離れ際に張り手。対する永田は払い腰で桜庭を倒すが、すぐに桜庭が片脚タックル。そこからグラウンドへ持ち込み、サイドポジションを取るも、永田が体勢を入れ替えた。
 その後、永田がフロントスープレックスで桜庭を投げ、グラウンドでフロントネックロックを極める。しかし、桜庭が自軍コーナーへ引き込み、柴田とスイッチ。
 その柴田が控えの後藤に蹴りを見舞うも、永田がフロントスープレックスで逆襲。これで後藤が登場し、追走式ラリアットで柴田に追撃。だが、柴田は串刺しジャンピングエルボーで巻き返し、ブルドッキングヘッドロック、頭部へのパンチ、ミドルキック、フライングメイヤー、サッカーボールキック、足4の字固めと猛攻。
 すると、永田が乱入して追撃を断つが、柴田が怒って強烈な張り手をお見舞い。しかし、直後に後藤がカウンター牛殺しで逆転に成功。それでも柴田は、次のラリアットを受け止め、ローリングラリアットをかわして武者返し(変型大外刈り)で叩きつけた。
 これで後藤対桜庭となり、桜庭がミドルキックをヒットさせる。しかし後藤は、かまわず柴田にラリアットを食らわせた。
 永田対桜庭の場面。桜庭が打撃ラッシュで先制すると、永田がハンマーブロー連射、膝蹴り連射で逆襲。それでも桜庭は腕を取り、グラウンドでサクラバロックを狙う。だが、永田が振りほどき、大☆中西ジャーマン(※第1段階)で逆転。
 ところが、桜庭は下から腕を取ってグラウンドへ引き込み、腕ひしぎ逆十字固めの体勢に入る。これを永田が腕固めに切り返し、場内が「白目」コールに包まれる。だが、すぐに柴田が張り手でカット。
 その柴田を後藤が分断する中、永田がバックドロップを繰り出すが、桜庭が空中で切り返して押し潰す。ところが、着地の際に右肘を負傷してしまい、続行不可能と判断したマーティー浅見レフェリーが、試合をストップした。
 
 試合後、永田&後藤と柴田が睨み合いになり、柴田が2人に張り手。一方、ようやく立ち上がった桜庭は、永田のもとへ歩み寄り、互いに「もう1回」の意思を示した。

コメント
永田「いや〜、とてつもない角度でヒジが曲がってたね。あれはバックドロップか? (上に)乗られたな、と思ったんだけど、あわてて起き上がったら、(桜庭が)立てなくなってた。……こういう結末になるとはね」
――ご自身としては不本意な結末ですか?
永田「いや、くやしいすよね! こんなかたちで終わるとは。やっぱ、彼とのグラウンドレスリングとか、凄い緊迫感があって。こんな感情、この雰囲気はひさしぶりだなって、俺的には、ワクワクしたんですよ。それがこういうかたちで終わるとは、残念で仕方ない。申し訳ないけど、一日も早く直してもらいたい。そしてもう一丁」
――17年ぶりに、尼崎で再会をはたして、今日の試合でした。
永田「尼崎よりも、なんか全然シビアな感じでした。蹴り、ポジションとりにしても、積極的だった。これから! ってところだったのに。まぁ、言っても仕方ない。復活を待つしかないですね」
――後藤選手はいかがですか?
後藤「試合的には、最後あんなかたちで残念というか。アイツが、リング上で言ったのは、『おまえら二人を一人で相手にしてやる!』と。柴田がリングでそう言ってたんです。それを聞いて、コイツさすがだな、と。あらためて、もう一度ガンガンやりたいな、と。今日は、不完全燃焼でしたけどね。いつでもいいですよ」
――懐かしさは?
後藤「このあいだ、広島で当たってから、約2ヶ月間。凄く長く感じましたよね。まだまだやり足らないし、見せたいものはあるし。そんな感じですね」
永田「これで終わったら、俺もくやしいし、桜庭選手本人もくやしいだろうし。柴田だって無念だろう。だから、アイツのビンタをあえて受けましたよ。くやしいのをぶつけるところがないだろうし。ただ、試合ではこうはいかないですよ! ……でも、試合って怖いですね。受身一つ間違えば、ケガになる。そこを改めて思いました」 
 
柴田「なんだよ!」
――これから、というところでしたが。
柴田「もう1回だな! あのタッグと、もう1回だな! いいぞ! 次、俺一人で、やってやるよ、2人!文句ねぇだろ?! 一人やってやるよ! 2対1で!以上!!」
※桜庭はノーコメント
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.