新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

INVASION ATTACK

2013/04/07(日)16:00東京・両国国技館 | 観衆  8,200人

第5試合30分1本勝負

スペシャルシングルマッチ

[10分09秒]
ゴッチ式パイルドライバー→片エビ固め

レフェリー|マーティー浅見

試合経過情報

 試合開始前、場内のスクリーンにバックステージの映像が流され、メインイベントでオカダの挑戦を受けるIWGP王者・棚橋が登場。テレビ朝日の吉野真治アナウンサーの直前インタビューに答え、「愛とカネじゃあな!! 愛が勝つんだよー!!」と絶叫した。
 
 そこから開始された第5試合は、矢野と鈴木の遺恨決着戦。鈴木のセコンドには、松葉杖姿のタイチがついた。
 
 あとから入場した矢野が、リングインする前にタイチに襲い掛かり、松葉杖で何度も殴打。怒った鈴木が場外に下りると、矢野がバンテージで腕を鉄柵に固定し、ペットボトルの水を頭から浴びせた。
 しかし鈴木は、タイチの助けを借りて脱出に成功。リングに戻ると、スローイングを切り返し、矢野を金具がむき出しのコーナーに叩きつける。これで再び場外戦となり、タイチが矢野を襲撃。さらに鈴木も加わり、矢野に深手を負わせた。
 リングへ戻り、鈴木がサッカーボールキック、チョーク攻撃、アキレス腱固め、レッグスプリットなどで一方的に試合を進める。しかし矢野は、鈴木を突き飛ばしてコーナーの金具へぶつけ、スクールボーイで逆襲。ところが、それを鈴木が腕ひしぎ逆十字固めに切り返す。
 それでも矢野は、鈴木の髪の毛を掴んで引き倒し、YTRアピールを敢行。ところが、途中で鈴木が妨害し、左右の張り手を連射。しかし矢野は、顔面かきむしりで鈴木の動きを止め、鬼殺しで3カウントを迫る。
 さらに矢野は、スリーパーホールドから逃れるが、タイチが場外から追撃を妨害。すかさず鈴木がスリーパーホールドで捕獲し、グイグイと絞り上げる。
 追い込まれた矢野は、苦し紛れにマーティー浅見レフェリーの服を掴むが、鈴木がスリーパーを解いてその手を蹴り上げる。すると矢野は、鈴木を突き飛ばしてエプロン上のタイチと激突させ、裏霞で丸め込む。
 だが、鈴木が跳ね返し、カウンタードロップキックで逆転。最後はゴッチ式パイルドライバーで一気に勝負を決めた。
 
 試合後、鈴木が矢野に襲い掛かり、マウントエルボー連射。さらにスリーパーホールドを極めると、止めに入った若手たちをタイチが松葉杖で蹴散らす。これで矢野は完全に動けなくなり、鈴木がリング上から蹴散らした。

コメント
鈴木「オイ! 矢野コノヤロー! (若手の田中翔が、タイチに引きづられて鈴木の前に投げだされる)テメー矢野か? 赤いの着てるから、矢野か? コノヤロー! また来たのか? (と言って、田中の髪の毛を鷲掴みにし、頬に平手打ちを食らわす)オイ! テメーら! 誰にケンカ売ってんだコノヤロー!! オイ!! 誰にケンカ売ってんだ! (テレ朝寺川アナのネクタイを引っ張る)どいつもこいつもよ! オーイ!! 今日の大会名知ってるか?」
寺川アナ「『INVASION ATTACK』です」
鈴木「どういう意だ?」
寺川アナ「『侵略者の攻撃』です」
鈴木「こういうこというんだよ! (と言って寺川アナの首元を掴んで、床に転がす)オラ! オマエ、立つんじゃねぇよ! 向こう行けオラ! (と言って寺川アナの背中を蹴る)俺の前に立つんじゃねぇよ! どいつもこいつも! (倒れ込んでいる田中にもう1度蹴りを入れる)向こう行けオラ! 俺の前に立つんじゃねぇよ!」
 
矢野「チキショー!! また、ノアが負けた! また、ノアが負けたぞおおおお!」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.