新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

旗揚げ記念日

2013/03/03(日)18:30東京・後楽園ホール | 観衆  2,015人(超満員札止め)

第7試合30分1本勝負

旗揚げ記念日スペシャルシングルマッチ

[17分43秒]
ハイフライフロー→片エビ固め

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 IWGPヘビー級王者・棚橋とIWGP Jr.王者・デヴィットが激突するドリームカード。
 
 ゴング直後、「レッツゴー・デヴィット」コールを大音量の「棚橋」コールがかき消す。そこから両者は、グラウンドで互角の攻防を展開。
 その後、棚橋がショルダータックルでデヴィットを倒し、両手を広げるポーズを真似して挑発。さらに、強力なヘッドロックで絞り上げる。そこから両者がもつれてロープ付近に移動し、デヴィットがクリーンブレイクを要求。ところが、棚橋が太陽ブローで不意打ち。
 続いて棚橋はコーナー最上段に座るが、デヴィットがジャンピングハイキックで場外へ落とす。そして、空中技を狙うも、素早くリングに戻った棚橋がカウンターエルボーで妨害。しかしデヴィットは、ドロップキックで改めて棚橋を場外へ追いやり、ノータッチトペコンヒーロを食らわせた。
 場外戦になり、エキサイトしたデヴィットがパイプイスで棚橋を殴る。さらに、止めに入ったレッドシューズ海野レフェリーを突き飛ばすと、エプロンからジャンプして棚橋の背中にイスを打ち下ろす。そして、棚橋を鉄柵に立てかけ、串刺しドロップキックをお見舞い。
 リングに戻ったデヴィットは、棚橋をコブラツイストで捕獲し、エアギターで挑発。しかし、棚橋がスクールボーイで巻き返し、低空ドロップキックで逆襲。そして、カウンターバックエルボーからフライングボディアタックを繰り出すが、デヴィットがかわして自爆させ、エアギターのアクションで挑発した。
 ここからデヴィットは、強烈な逆水平チョップを3連発。さらに、串刺し低空ドロップキック、チンロックで追い討ちをかける。そして、エプロンから延髄斬りを放つも、棚橋が受け止め、そのままドラゴンスクリューを敢行。
 これでデヴィットが場外に落ちると、棚橋はコーナー最上段からボディアタック式ハイフライフロー。さらに、ロープ越しのドラゴンスクリュー、膝への低空ドロップキックで追撃し、テキサスクローバーホールドを狙う。すると、デヴィットがロープを掴んで回避し、それでも手を離さない棚橋にブーイングが浴びせられた。
 続いて、棚橋が両手を広げて“逸材ポーズ”を決めると、またもやブーイングが飛ぶ。それでも棚橋はダイビングサンセットフリップを敢行するが、デヴィットがかわして自爆を誘発。
 ここでデヴィットが逆水平チョップ、棚橋がエルボースマッシュを交互に打ち合い、デヴィットのオーバーヘッドキックがヒット。それでも棚橋はフライングボディアタックを繰り出すが、デヴィットがかわしてコーナー最上段に固定し、ドロップキックをお見舞い。さらに、後頭部へダイビングフットスタンプを投下すると、リバースブラディサンデーの大技をさく裂させる。
 両者への声援で場内が騒然とする中、棚橋がグラウンドドラゴンスクリュー2連発。そして、今度こそテキサスクローバーホールドを極めるが、デヴィットが辛うじてロープへ手を伸ばす。
 すると棚橋は、TWELVE SIXでデヴィットを叩きつけ、コーナー最上段からハイフライフロー。ところが、デヴィットが両膝を立ててブロックし、首固めでピンフォールを狙う。
 これを棚橋が返すと、デヴィットはコーナー最上段からダイビングフットスタンプ。しかし、フォールを返した棚橋が、ドリームキャストを回避し、低空ドロップキックで逆襲。
 すると、デヴィットが棚橋を突き飛ばし、場外に落とそうとする。それでも棚橋は逆上がりで復活するが、直後にデヴィットがドリームキャストをお見舞い。そして、ブラディサンデーを狙うも、棚橋が回避してダルマ式ジャーマンスープレックスホールドで逆襲。
 両者へ向けたコールでさらに場内が騒然とする中、棚橋のスリングブレイドをデヴィットがエビ固めに切り返す。しかし、棚橋はもう1発スリングブレイドを食らわせ、ボディアタック式ハイフライフロー、(正調)ハイフライフローの2連発で決着をつけた。
 
 試合後、棚橋がデヴィットのもとへ行き、ダメージを気づかう。ところが、デヴィットは棚橋を突き飛ばし、止めに入った田口に向かってもエキサイト。そのまま憮然とした表情で退場した。
 
 その後、一旦はリングを降りようとした棚橋が、ファンのコールに応えてリング内へ戻る。そして、「今日、『旗揚げ記念日』で新日本プロレスは41年目の新しい1歩を踏み出しました! これからも丁寧に1歩ずつ上がって行きたいと思います。今日はホントにありがとうございました!」とファンに挨拶した。
 続いて棚橋は、ファンの要望に応える形で3回のエアギターを敢行し、ボーナストラックで4回目のエアギターも演奏。さらに、「今日、デヴィットにそっぽを向かれ、ついに俺の仲間はキャプテン・ニュージャパンしかいなくなったけど・・・、違う!違う! 俺の仲間は、ここにいる全員だ!!」とマイクアピール。最後は、「愛してまーーす!!」の叫びで『旗揚げ記念日』を締めくくった。

コメント
棚橋「41回目の旗揚げ記念日!! 新日本プロレス、40年を経て……ようやく、みんなにね、楽しんでもらって、夢を感じられる団体になってきました! だからこそ! 何がね、起ころうと、リングの中心で、いままで以上の新日本プロレスを見せて、そして日本全国の誰にでも、わかって頂けるように、丁寧に、丁寧に、俺の名前は棚橋弘至です! そっからでいいから、もう一度、プロレスを知ってもらって、よりみんなに近いところに、プロレスが行けるようにね、丁寧に丁寧に、ときどきヤンチャになったりして。だから、これからも新日本プロレス、棚橋弘至、ぜひ、期待してください!」
――試合の感想は?
棚橋「レスラーはみんなね、一番になりたい。デヴィットは“俺は世界で一番のレスラーだ”と英語で言ったけど、みんなそう思ってて当然だと思う。だからこそ、ジュニアのチャンピオンであっても、おごることなくヘビーのベルトも狙ってくる。だからこそムキになる。今日のデヴィットはそう感じましたし、ただ、田口にも突っかかっていった。彼のイラダチの原因はわからないですけど、ただアンダーソンともやったけど、新日本プロレスの外国人は、手ごわいっすね」
――NEW JAPAN CUP優勝者を迎え撃つことに関しては?
棚橋「そうすね。この旗揚げシリーズは短いから、実質、このシリーズ中にNEW JAPAN CUP始まって。誰が挑戦者で上がってくるか……いや、挑戦者という言い方はもったいないね? いまこのレベルの高い新日本プロレスの中で、誰が一番にこのベルトに駆け上がってくるか? 勢い、実力含めて、俺は見てます!」
――コメントで「丁寧に」という言葉にこだわった理由は?
棚橋「ハイ。長くね、プロレスを見てもらって、本当にありがとう、と。そして、初めて、プロレスを観に来たよっていう人。何かのきっかけでプロレスに興味を持ってもらった方が、続けてね、興味を持ってもらえるように。プロレスおもしれーじゃんって思ってもらえるように。どんな団体で、どんなレスラーがいて、そういうところから始めても、何も間違いじゃない。いまの新日本プロレス、ありがたいことに盛り上がってくれてるから、こういうときこそ、奢らずに、丁寧に丁寧に行きたいという、ボクの本心っすね」
――プリンス・デヴィットの勢いは感じた?
棚橋「ハイ。新日本プロレスのジュニアで気を吐いて、ひっぱってきた第一人者だし、新日本プロレスにかける気持ちというのは充分、感じたから。手ごわい相手だし、シンドくなるし、ジュニアとヘビー。ずーっと続いてるテーマだけど、これは普遍でしょう! ヘビーは負けちゃいけないと、そう試合前に思って、試合に臨みました」
――ヘビーを本格的に視野に入れてくる可能性もあるとおもいますが?
棚橋「そういういろんなレスラーの思惑、変化が新日本プロレスに新しい熱を生んでくれると思うから。ちょっとした変化でもいいと思うんです。髪形変わったじゃん? とか、肩の筋肉付いたじゃん? とか、そういう細かいところも新日本プロレスのファンは見てくれてる。そういう最たるものがデヴィットの変化だと思います。……ハイ、いつもよりも長くしゃべってしまいましたが、41年目も新日本プロレスのファンのみなさん、愛してます!」 
  
デヴィット「クソ!今日は、負けという結果だ。棚橋選手と闘って、十分勝てる自信があったし、勝てるものだと思っていた。俺は世界一のジュニアのレスラーだ。6回、IWGPジュニアタッグのチャンピオンにもなった。田口とのApollo55のコンビで、できるだけ早く、タイムスプリッターズに勝って、7度目のチャンピオン、俺にとって2つ目のベルト、IWGPジュニアタッグベルトを取り戻したいと思う。でもそれに留まろうとは思ってない。IWGPヘビーのチャンピオンを目指している。棚橋に再戦して、ベルトを獲る。すべてのベルト、すべてのトロフィー、大きな勝利を獲ってみせる。そしてその勝利で、俺が世界一のレスラーだということを証明したい」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.