新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

Road to THE NEW BEGINNING

2013/02/06(水)18:30長野・茅野市民館マルチホール | 観衆  800人(満員)

第6試合30分1本勝負

[16分28秒]
ゴッチ式パイルドライバー→体固め

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 2月10日広島で行なわれるオカダvs鈴木、中邑vs真霜のダブル前哨戦。
 
 鈴木がオカダを指名し、両者の先発で試合開始。ロープ際でオカダがクリーンブレイクすると、直後に鈴木が飛び掛ってマウントパンチ連射。さらに、フロントハイキックを放つも、オカダがかわして反対にフロントハイキックをお見舞い。そして、低空ランニングフロントキックで追い討ちをかけると、レインメーカーポーズで鈴木を激怒させた。
 邪道対TAKAの場面。TAKAが、連続ショルダータックルからサミングを繰り出すが、邪道がショルダータックルで倒す。そして、逆水平チョップを連射して行くが、セコンドのタイチが場外から松葉杖攻撃。たちまち両軍入り乱れての場外乱闘となり、鈴木組が中邑組を圧倒。邪道を捕まえ、試合の主導権を握る。
 リングに戻った邪道は、TAKAの顔面攻撃、鈴木のニーリフト、タイチの松葉杖攻撃、真霜のパンチ連打&ハイキックなどを浴び続け、ファイティングポーズを取ったままダウンしてしまう。
 さらにTAKAが、ランニングニーアタック、スリーパーホールドで追撃すると、邪道は前方回転エビ固めで反撃。そして、真霜の蹴り脚を取ってTAKAにぶつけ、バックドロップで真霜を叩きつけた。
 ようやくタッチを受けた中邑は、ミドルキック連射、頭部への膝蹴り、バイブレーション式踏みつけ攻撃で真霜に追い討ち。さらに、真霜をコーナー最上段に固定し、ボディにランニングニーアタックを食らわせると、乱入したTAKAの急所へバイブレーション式踏みつけ攻撃。
 劣勢の真霜は、カウンターフロントハイキック、ミドルキック、サッカーボールキックで逆襲。そして、中邑の腕を取って転ばせ、腕へのローキック、腕固めで追撃する。しかし中邑は、ハンマースルーを切り返し、ボディに膝蹴りを叩き込んだ。
 オカダ対鈴木の場面。オカダが、エルボースマッシュ、串刺しバックエルボー、クロス式ネックブリーカー。対する鈴木は、カウンターフロントハイキック、ランニングローキックで巻き返し、スリーパーホールド。そして、ゴッチ式パイルドライバーの体勢に入るが、オカダが切り返してリバースネックブリーカーで逆転。
 さらにオカダは、ダイビングエルボードロップで追撃し、レインメーカーに行く。これは鈴木が回避したが、オカダはすぐにカウンタードロップキックをヒットさせた。
 邪道対鈴木の場面。中邑の串刺しジャンピングニーアタック、オカダの串刺しバックエルボーから、邪道がビューティフルスパイク。そこから邪道が、ハンマーブロー連射、パントキックで追撃する。それでも鈴木はスリーパーホールドを極めるが、オカダがカットしてエルボースマッシュ連打。
 だが、鈴木が追走式キチンシンクでオカダを蹴散らし、邪道のラリアットをかわして背後へ潜り込んでスリーパーホールド。最後はゴッチ式パイルドライバーをさく裂させ、勝利を収めた。
 
 試合後、中邑と真霜、オカダと鈴木が番外戦を開始。それが収まると、鈴木がマイクを掴み、「オイ、オカダく〜ん。俺さ、ダテにトシ食ってるわけじゃないんだよ。テメーが生まれる前からプロレスやってんだよ。去年から続いた“オカダ祭り”、“オカダフィーバー”、広島で終わりだよ!!」と、オカダを挑発した。

コメント
鈴木「オイ、オカダ! ボク! 一つ言っておいてやるよ。オマエ25歳だってな? 25歳でよ、“超新星”とかよ、もてはやされてその気になってんじゃねぇぞ。こっちはよ、テメーが生まれる前からプロレスやってんだよ。それによ、オメーの歳にはよ、誰かに祭り上げられるようなポジションじゃねぇんだよ。もう俺は独立してたんだ。小僧! オメーのすべてってなんだ? 25年分のすべてってなんだ? ぶつけてきてみろよ。俺が受け止めてやろうか? 小僧! 受け止めてやるよ、この俺が。ただな、オマエのものさしで計れない人間が、ここにいるってことだけは教えてやる」
真霜「中邑真輔、だんだんオメーのことがわかってきたよ。随分とマニアックなヤツみてぇだな。久々に何年かぶりかに、“合気道技”を出してやったぜ。オマエが楽しみにしてたヤツだ。これが続くってことが、どういうことかわかるか? オメーが知らない技がどんどん出てくるってことだ。オメーが、負けに近づいてんだよ」
TAKA「鈴木軍対CHAOS、連戦連勝だよ! 1回も負けてねぇよ。『今シリーズ中に終わらせる』って言ったよな? 明日、終わらせてやる!」
鈴木「オイ、昨日、オマエ負けたじゃねぇかよ! オイ、KAIENTAI、コノヤロー!」

オカダ「僕が生まれる前からプロレスやってる鈴木さん、お疲れ様です。ただな、長くやってりゃ強いってもんじゃねぇんだよ。そしたらな、おじいちゃんが一番強くなっちゃう。ただな、『25年やってるから引退しろ』とは言わねぇよ。引退したい気にさせてやる!」
外道「残念だったな! “オカダ祭り”絶賛継続中だよ、コノヤロー!」
中邑「真霜! もっと見せてみろ。なんか持ってんだろ? ジャンプしてみろ? チャリンチャリンって音しねぇか? 持ってるもんは、全部吐き出せ。そうこねぇと、俺もさ、たぎんねぇわ」
※邪道はノーコメント
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.