新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

THE NEW BEGINNING

2013/02/10(日)15:00広島サンプラザホール | 観衆  4,780人(超満員札止め)

第6試合30分1本勝負

スペシャルタッグマッチ

[11分07秒]
キドクラッチ

レフェリー|マーティー浅見

試合経過情報

 高校時代からの親友である後藤と柴田が、タッグマッチで初対決。
 
 その両者が先発し、ロープ付近の離れ際に柴田が張り手。そこから激しいエルボー合戦が展開され、さらに柴田が左右の張り手を連射。すると、後藤がローリングラリアットを見舞うが、柴田が強烈な張り手で青コーナーへ追い込んだ。
 スイッチした桜庭が掌底を乱れ打ちすると、後藤はエプロンに下がった柴田にエルボーを浴びせる。怒った柴田が乱入してキックを連射し、止めに入ったマーティー浅見レフェリーを突き飛ばした。
 井上対桜庭の場面。井上が、片脚タックルからニークラッシャー。すると桜庭は、下から膝十字固めを狙うが、井上は技が極まる前にロープエスケープ。
 井上対柴田の場面。柴田がフロントネックロックを極め、フライングメイヤー。そこからロープへ走るが、井上の横を素通りし、控えの後藤にフロントハイキックを見舞う。しかし、直後に井上がバックドロップで逆襲。
 ここでタッチを受けた後藤は、柴田に追走式ラリアットを食らわせる。そして、控えの桜庭を場外へ吹き飛ばすと、柴田には串刺しニールキック、バックドロップで追撃。続いてPKを放つも、柴田が受け止めて反対に“本家”PKをお見舞い。
 次に柴田はスリーパーホールドを極め、後藤の体力を徐々に削り取る。しかし、井上が桜庭を振り切ってカットに入り、後藤がカウンター牛殺しで逆転。
 さらに後藤は、ラリアットを浴びせるが、柴田が2度受け止め、フロントハイキック、後ろ回し蹴りで報復。そして、桜庭にタッチするも、怒った後藤がかまわずラリアットを浴びせた。
 井上対桜庭となり、井上がカウンター水車落とし、串刺しスピアー。続いてジャーマンスープレックスを狙うが、桜庭が回避して腕を取る。そして、タックルに来た井上の顔面を膝蹴りで打ち抜く。
 それでも井上は、タックルで脚を取る。ところが、桜庭がキドクラッチで切り返し、3カウントが入った。
 
 試合後、後藤と柴田が急接近し、互いに再戦をアピールした。

コメント
――復帰以来、はじめての後藤洋央紀戦でしたが?
柴田「いや〜、まだわかんないね。ジャマさせない、とか言って、井上連れてきてるし。ジャマで仕方ないよ!」
――これまで見せなかったロックアップをリングで見せました。
柴田「あのね。悪いけど、ホントに。俺と後藤との試合は、ケンカとか、いまの新日本とか、そういう軽くくくってほしくない。本心で、本心のプロレスがしたい。以上」
桜庭「また、がんばります。がんばります」
 
後藤「言っておくけど、これで終わりじゃない。これが始まりだ。ここまで長かった。長かった。けど俺は、ようやくアイツと闘うことにこぎつけたんだ。タッグで終わるつもりまないし、あんな短い時間じゃね、受け止めきれねいし。とにかく今日から始まりです。このワクワク感が、どんどん増してくる! 俺、止まんないッスよ!」
――柴田選手とのシングルを希望するということですか?
後藤「そこを目指してやっていきますよ! 俺からしたら、そこしかないッスよ! 長年の夢でもあるし。これだけじゃ終わらない。こっからが始まり。とことんぶつかり合える最高の相手だと、改めて思いましたね。なんら、高校時代と変わってないですよ、気持ちはね。おもしろい! おもしろいよ、これからが!」
※井上はノーコメント
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.