新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

THE NEW BEGINNING

2013/02/10(日)15:00広島サンプラザホール | 観衆  4,780人(超満員札止め)

第3試合60分1本勝負

IWGPジュニアヘビー級選手権試合

  • ○ プリンス・デヴィット

[14分01秒]
ブラディサンデー→片エビ固め

レフェリー|マーティー浅見

試合経過情報

 IWGP Jr.王座を懸け、Apollo55のパートナーであるデヴィットと田口が激突。
 
 クリーンなスタートのあと、田口がドロップキックでデヴィットを場外に落とす。しかし、デヴィットが素早くリングに戻り、田口を場外へ追いやってノータッチトペコンヒーロを見舞う。
 その後、デヴィットがエプロンからの延髄斬り、トップロープ越えのフットスタンプ、変型コブラツイスト、逆水平チョップ、串刺し低空ドロップキックなどで田口に追撃。
 苦しくなった田口は、前方回転エビ固めをすり抜け、顔面への低空ドロップキックで逆転。さらに、エプロンのデヴィットに低空ドロップキック、三角飛びミサイルキックを食らわせ、ノータッチトペコンヒーロをお返しした。
 田口の攻撃は続き、ミサイルキックからスリーアミーゴ。すると、デヴィットが3回目のブレーンバスターから脱出し、トラースキックで逆襲。しかし、田口が前落としで巻き返し、円盤中毒で追撃。そして、ラリアットをかわして延髄斬りをヒットさせるが、デヴィットがショートレンジラリアットで報復。
 エルボー合戦を挟み、両者のラリアットが相打ちになる。そこからデヴィットがカウンターニールキックを叩き込み、串刺しドロップキック、背中へのダイビングフットスタンプで追い討ち。
 次にデヴィットは、ドリームキャストを繰り出すが、田口がかわして低空ドロップキックで反撃。そして、ラ・マヒストラルで丸め込む。
 これをデヴィットが返すと、田口は延髄斬りからどどんの体勢に入る。すると、デヴィットが前方回転エビ固めに切り返すが、田口がさらに回転してフォール。だが、カウントは2。
 劣勢のデヴィットは、ラリアットをかわしてオーバーヘッドキックをお見舞い。しかし、すぐに田口がラリアットで吹き飛ばし、再びどどんを狙う。これをデヴィットが抵抗し、切り返しの応酬になるが、田口がラリアットを命中させる。そして、今度こそどどんを成功させるも、デヴィットがカウント2でキックアウト。
 次にデヴィットは、コーナー最上段にのぼるが、田口がドロップキックをお見舞い。そして、雪崩式どどんを狙ったものの、デヴィットがうまく体勢を入れ替え、トップロープ上からから雪崩式ブレーンバスターを敢行。さらに、腹部へダイビングフットスタンプを投下する。
 ここでデヴィットは、ブラディサンデーを仕掛け、抵抗されるとリバースブラディサンデーを狙う。すると、田口が切り返してどどんに行くが、デヴィットが回避して今度こそリバースブラディサンデー。
 そして、ドリームキャストを延髄斬りに叩き込むと、最後はブラディサンデーでとどめを刺した。

コメント
デヴィット「みんな知っての通り、前哨戦は6人タッグマッチで闘って来た。今日は田口に勝って、IWGPジュニアのベルトをまた防衛することができて、そして世界でベストなレスラーだということを示すことができてハッピーだ。先週の後楽園ホール大会で、IWGPヘビーのチャンピオンである棚橋から獲った。本当にIWGPヘビーのタイトルマッチに挑戦したいと思っている。『誰が世界中でベストなレスラーか?』とみんな言うけど、ロウ・キー? どこにいるんだロウ・キー? イブシ? イブシは倒した。デイビー・リチャーズ? どこにデイビー・リチャーズがいる? 俺は自分が一番だと思っている。世界でナンバーワンだと。棚橋とアンダーソンの勝った方と、次のチャンピオンシップを闘いたい。2010年『G1 CLIMAX』両国大会で、俺はシングルマッチで棚橋を倒した。すべてにチャレンジしたい。IWGPジュニアのチャンピンだけでなく、IWGPヘビー、『G1 CLIMAX』、『Super Jr.』も」
 
田口「(倒れこんで)ハァハァ……。一人で帰ってこれないくらい、コテンパンに、やられました。IWGPの選手権でロウ・キーに負け、飯伏幸太に負け、プリンス・デヴィットに負け……。ここ最近のね、ジュニアを回していた3人に3連敗。全力で闘って、悔いはありません。3人に負けてね、レスラーとしてどうなのか? こんな弱っちくてね? 全然ダメ! ダメだ、ダメだ……どうしようもないよ……。と、言ってヘコンでいるのが、レスラーじゃないんですよ! 必ず、必ず立ち上がって!『Super Jr.』かな。『Super Jr.』を2連覇して、もう一度、IWGPジュニアベルト戦線に帰ってきます! ベルトを獲って、『G1』、『Super Jr.』優勝。ベルトを獲って、『G1』! 自分にプレッシャーをかけて、やっていきます!」
 
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.