新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

THE NEW BEGINNING

2013/02/10(日)15:00広島サンプラザホール | 観衆  4,780人(超満員札止め)

第4試合60分1本勝負

IWGPタッグ選手権試合

[14分16秒]
キラーボム→片エビ固め

レフェリー|タイガー服部

試合経過情報

 2012年11月11日大阪以来の再戦となったKESとテンコジのIWGPタッグ戦。過去2回の対戦は、いずれもKESが勝利している。
 
 スミスは黒と赤のマスクを被って登場。そして、セコンドのTAKAみちのくが、アーチャーとスミスを「鈴木軍が誇る最強タッグチーム」と紹介。さらに、天山と小島に対し、「コイツらに挑戦するの2回目ですよね? 今日、負けたらあとがないんじゃないですか!? 一生懸命、闘って下さい」などの挑発的な言葉を浴びせる。そして、TAKAの「レッツ・ゲット・クレイジー!」という叫びと共に、アーチャー組の奇襲で試合が始まる。
 しかし、天山組が巻き返し、ヘッドドロップ&エルボードロップの合体攻撃をスミスにお見舞い。続いて小島が、逆水平チョップ乱射、串刺しジャンピングエルボーで追い討ちをかける。
 ところが、直後にアーチャーが小島へ襲いかかり、スミスとアーチャーの合体ラリアットがさく裂。さらに2人は、ダブルショルダータックル、ギロチンドロップ&ジャンピングボディプレスの連携に繋げる。
 苦しくなった小島は、アーチャーの串刺し攻撃をかわしてコーナーに激突させるも、フォールには行けず。アーチャーがラリアット、スミスがブレーンバスター、ノーザンライトスープレックスホールドで追撃する。
 しかし小島は、スミスのラリアットを腕へのラリアットで迎撃し、DDTをお見舞い。これでようやく出番となった天山は、スミスにモンゴリアンチョップ連射、ヘッドバット連射、串刺しラリアット、カーフブランディングで追い討ちをかける。
 すると、スミスがカウンタージャンピングニーアタックで反撃し、パワーボムの体勢に入る。しかし、踏ん張って回避した天山が、マウンテンボムで逆襲。さらに、カウンターニールキックでアーチャーを蹴散らすと、スミスにはギロチンドロップ、アナコンダバイス、バックドロップで追い討ちする。ここで天山はコーナー最上段にのぼるが、スミスが立ち上がり、雪崩式ブレーンバスターで逆転した。
 小島対アーチャーの場面。小島が逆水平チョップ乱射、串刺しジャンピングエルボー。そして、今度こそ「いっちゃうぞバカヤロー!」からのダイビングエルボードロップをさく裂させる。
 すると、アーチャーがエルボー連打で反撃し、ローリングラリアットを発射。しかし、小島が腕へのラリアットで妨害し、エルボー連打をお返し。そして、ローリングエルボーを放つも、アーチャーが受け止めてF’n Slamを見舞う。
 続いてアーチャー組がトレイン攻撃を敢行し、スミスのサイドバスター&アーチャーのギロチンドロップという合体技が決まる。そして、大ブーイングの中でアーチャーがムーンサルトプレスを繰り出すが、小島がかわして自爆させる。すると、天山もリングに入り、スミス、アーチャーの順でテンコジカッターをお見舞い。
 「小島」コールが起こり、小島がスミスの延髄にラリアットを打ち込む。しかし、スミスがカウンターフロントハイキックで巻き返し、アーチャーとキラーボムを仕掛ける。これを天山がカットしたものの、モンゴリアンチョップで腕をあげたところをアーチャーに捕らえられ、自分がキラーボムの餌食になってしまう。
 続いてアーチャーとスミスは、小島にもキラーボムを仕掛けるが、小島がスミスを蹴って脱出。そして、ラリアットでスミスを場外に落とし、アーチャーにはコジコジカッターを食らわせる。
 ここで小島は右肘のサポーターを投げ捨て、アーチャーにラリアットをクリーンヒットさせる。ところが、TAKAがタイガー服部レフェリーの脚をを引っ張り、カウントを妨害!
 それでも小島は、もう1度ラリアットを狙うが、アーチャーが受け止めてダークデイズで叩きつける。そして、ブラックアウトからフォールに行くも、カウントは2。
 すると、天山がリングへ飛び込み、スミスの顔面にヘッドバット。しかし、スミスがカウンターフロントハイキックで天山を蹴散らし、最後はキラーボムで小島が轟沈した。

コメント
スミス「テンコジをブッ壊してやったぜ! オマエらのラストチャンスだった。オマエらは俺のキラーボムを喰らったら、絶対に俺達に勝てない。デイビー・ボーイ・スミスJr.と“アメリカン・サイコ”ランス・アーチャー、俺達はKES! 俺達はクレイジーだ!」
アーチャー「まだ、俺達は世界一のタッグチームだ。そして最も危険なタッグチーム、キラー・エリート・スクワード! 鈴木軍は新日本を征服する。キラーボムですべてのものに死を。KES、俺達はキラーズでチャンピオンだ」
――なぜTAKA選手はサポートするのか?
アーチャー「鈴木軍だからだ! 鈴木軍はイチバンだ! デイビー・ボーイ・スミスJr.はランス・アーチャーは鈴木軍だ。いつでも俺達がイチバンだ」
――「正々堂々と闘おう」と言っておきながら、あれはないんじゃないですか? あれが鈴木軍のやりたいことなんですか?
TAKA「あれが鈴木軍の“正々堂々”だよ! テンコジさんよ、何回やればわかるんだよ? 何回同じ手でやられればわかるんだよ? テンコジさんよ、もう次はねぇからな。何度やってもいいけどよ、何回やっても結果は一緒なんだよ! なぜならば、鈴木軍(全員で)イチバン!! レッツ・ゲット・クレイジー!!」
  
※コメントルームに倒れこむ小島
天山「コジ、大丈夫か、オイ! コジ、どうすんねん? どうするんや? もうわけわからんよ、どうしたらええか。こんな結果、考えもしなかった。想像もつかなかった。コジ! どうする? どうしたらええんや? このまま、引き下がるのか? このままフェイドアウトして、テンコジももう終わりか? クッソ、せっかくこの広島でベルト獲り返して、2013年、突っ走ろうと思ったけど……。こんなんで終わりやったら、やりきれへんな? コジ、まだまだあきらめんぞ。このまま終わってたまるかって! 終わりたくないよ。なぁ、コジ?」
小島「……ありがとうございました。」
※    握手して、先に天山は控え室へ
小島「これが、今日の試合が、テンコジの、いや小島聡の、現実かもしれない……。これが現実だよ。ただ! 未来は、変えるためにあるから。がんばれば変えられるのが未来だと思ってる。落ち込んで、ドンドン沈むのは、簡単だよ。ただ、20年以上、プロレスやってきて、そんなことは腐るほど経験してきた。絶望して、落ち込んで、メシもノドを通らない、寝不足になる、どうすればわからない。そんなことこれまでも腐るほどあった。それでも、俺は未来を変えてきたから、いまここにいるんだ。1996年、この場所で、橋本真也のIWGPに挑戦してから、15年以上たって、生きて、プロレスやってるんだ。絶対にあきらめないぞ!」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.