新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

Road to THE NEW BEGINNING

2013/02/03(日)18:30東京・後楽園ホール | 観衆  2,015人(超満員札止め)

第6試合30分1本勝負

スペシャルタッグマッチ

[15分43秒]
ブラディサンデー→片エビ固め

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 2月10日広島で行なわれるIWGPヘビー戦・棚橋vsアンダーソン、IWGP Jr.戦・デヴィットvs田口のダブル前哨戦。
 
 棚橋対アンダーソンで試合が始まり、アンダーソンがヘッドロック、ショルダータックルで先制。対する棚橋は、カウンターバックエルボー&フライングボディアタックの連続技で反撃した。
 その後、アンダーソン組が田口を捕まえ、デヴィットがエプロンから延髄斬り、トップロープ越しのフットスタンプ。しかし田口は、デヴィットの前方回転エビ固めをすり抜け、低空ドロップキックを顔面にお見舞い。
 続いて、田口がデヴィットをカニばさみで倒すと、棚橋が顔面に低空ドロップキック。そして、デヴィットのように両手を広げてポーズを決める。さらに田口と棚橋は、アンダーソンに連続低空ドロップキックの連携攻撃を浴びせる。
 これで今度は棚橋組がデヴィットを捕まえ、長時間のローンバトルに追い込む。しかしデヴィットは、棚橋のショルダースルーをトーキックで阻止し、オーバーヘッドキックで逆転。
 棚橋対アンダーソンとなり、アンダーソンが逆水平チョップ連射、カウンターゼロ戦キック。さらに、マシンガンアピールとエアギターをミックスさせたパフォーマンスからセントーンを投下する。そして、スピニングガンスタンを狙うが、棚橋が脱出してフライングフォーアームで逆襲。
 棚橋の攻撃は続き、コーナー2段目からダイビングサンセットフリップ。さらに、スリングブレイドを繰り出すも、アンダーソンが回避してガンスタンを狙う。これは棚橋がかわしたものの、アンダーソンはジャンピングフロントハイキック、ランニングパワーボム。そして、バーナードライバーの体勢に入るが、棚橋が脱出してドラゴンスクリュー。
 田口対アンダーソンの場面。田口が、低空ドロップキックからラ・マヒストラル。これを返されると、スクールボーイで3カウントを迫る。だが、アンダーソンはスピニングスパインバスターで逆転。タッチを受けたデヴィットが、田口を踏み台にし、棚橋にドロップキックを見舞う。
 劣勢の田口は、デヴィットをドロップキックで場外に落とし、三角飛びプランチャ。だが、寸前で脱出したデヴィットが、ノータッチトペコンヒーロで田口と棚橋をまとめて押し潰す。
 リングに戻ったデヴィットは、棚橋に串刺しドロップキック、田口に串刺しラリアット。さらに、棚橋には低空串刺しドロップキックで追撃。そして、田口にドリームキャストを食らわせてブラディサンデーを狙うが、田口が回避してどどんを仕掛け、抵抗したデヴィットに延髄斬りをお見舞い。
 棚橋対デヴィットの場面。棚橋がデヴィットの膝裏にタックル。さらに、テキサスクローバーホールドを狙うが、アンダーソンが妨害に入る。しかし棚橋は、低空ドロップキックでデヴィットを倒し、今度こそテキサスクローバーホールド。これをアンダーソンがカットすると、田口がプランチャで分断する。
 続いて棚橋は、ダルマ式ジャーマンスープレックスホールド、TWELVE SIXでデヴィットに追撃。そして、ハイフライフローでフィニッシュを狙うが、デヴィットが両膝を立ててブロックし、背中にダイビングフットスタンプを投下。その直後、アンダーソンが棚橋にガンスタンを食らわせ、デヴィットがブラディサンデーでとどめを刺した。

コメント
アンダーソン「棚橋! 東京のファン! 見ていてわかっただろ? 棚橋がチャンピオンとして君臨した時間が、余りにも長すぎた。時代が変わる時が来た。広島で新しい時代が来る。広島で新しいチャンピオンが誕生する。それがIWGPヘビーの新チャンピオン“マシンガン”だ!」
デヴィット「誰が1番かを示す時が来た。それはプリンス・デヴィットだ。今日見ての通り、俺はIWGPヘビー級チャンピオンの棚橋を倒した。俺はIWGPジュニアのチャンピオンだ。でも2013年は、もっと新しい時代にしてみる。ジュニアという枠にとらわれず、世界最強のグレーテストなナンバーワンだということを示してみようと思う」
   
田口「昨日、今日と、デヴィちゃんと肌を合わせてみて、ますます、一昨日より昨日、昨日より今日……広島へ向けてのワクワク感が止まりません。いい試合はもちろん、そのうえでシッカリとベルトを巻きたいと思います。背中の日焼けのやけどのあとは、ベルトへ向けての意識の現れです! ま、失敗しちゃいましたけど、いままでにない意識の現れです」
棚橋「相手チームに、畳み込まれた。スキを見せた俺が悪い! 次はこうはいかねー!」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.