新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

Road to THE NEW BEGINNING

2013/02/03(日)18:30東京・後楽園ホール | 観衆  2,015人(超満員札止め)

第5試合30分1本勝負

[16分55秒]
ゴッチ式パイルドライバー→体固め

レフェリー|マーティー浅見

試合経過情報

 前日の岐阜大会から始まった“CHAOSvs鈴木軍・全面対抗戦”の第2ラウンド。今回も鈴木軍のセコンドとして、松葉杖姿のタイチが登場。
 
 試合開始直後、オカダがトウナイを蹴散らし、鈴木を引っ張り出す。そして、ロープ際でクリーンブレイクしてレインメーカーポーズをしようとするが、鈴木が張り手で妨害。
 しかしオカダは、ランニングフロントハイキックで鈴木を倒し、低空ランニングフロントキックで追撃。そして、改めてレインメーカーポーズを決めると、鈴木が激怒。両者はお互いの髪の毛を掴んで叫びあった。
 中邑対真霜の場面。真霜が背中へのローキックで先制。しかし中邑は、真霜の首を支点にしたバク宙から膝蹴り。その後、両者は激しいエルボー合戦を繰り広げた。
 外道対トウナイの場面。外道がマイクを掴み、「オイ、そこにいるクソヤロー! 何が交通事故だ、コノヤロー! ウソつくぐらいビビッてんだろ、コノヤロー!! 出てくんじゃねぇよ!!」と、タイチを挑発。さらに、「タイチはどうしてほしい!? タイチは!? タイチは!?」と観客に聞き、「タイチは帰れ」コールを誘発させた。
 その後、トウナイが超低空タックルで外道を倒し、低空ドロップキック。すると、外道がマンハッタンドロップで逆襲するが、タイチが松葉杖攻撃で試合介入。たちまち激しい場外乱闘となり、鈴木軍が外道を捕獲する。
 そこから鈴木は、チキンウィングアームロックで外道に追撃。さらに、真霜がキック攻撃で続く。しかし外道は、低空ドロップキックで逆転に成功。スイッチした中邑が、膝蹴り連射、バイブレーション式踏みつけ攻撃で追い討ちをかける。
 中邑の攻撃は続き、真霜をコーナー最上段に固定し、ランニングニーアタック。すると、真霜は脇固めで反撃するが、中邑はロープエスケープ。しかし真霜は、中邑の腕にローキックを叩き込み、無道でギブアップを迫った。
 オカダ対鈴木の場面。オカダが、エルボースマッシュ連打、串刺しバックエルボー、DDT。そして、乱入したトウナイをフラップジャックで叩きつけ、鈴木にリバースネックブリーカー、ダイビングエルボードロップで追撃する。
 さらにオカダは、レインメーカーポーズからレインメーカーを仕掛ける。しかし、鈴木がかわしてスリーパーホールドで逆襲。オカダの力が抜けるのを確認すると、ゴッチ式パイルドライバーの体勢に入る。しかし、オカダがバックスープレックスで切り返し、カウンタードロップキックをお見舞い。
 外道対鈴木の場面。外道が外道クラッチを繰り出すも、トウナイがカット。すると外道は、チンクラッシャーで鈴木に追撃し、トラースキックからフォールに行く。
 これを鈴木が返すと、外道はロープへ走る。しかし、鈴木が背後に潜り込み、スリーパーホールド。そして、エプロンに上がったオカダをフロントハイキックで蹴散らし、ゴッチ式パイルドライバーで外道を仕留めた。
 
 試合後、鈴木が「オイオイオイオイ、何がCHAOSだよ。『ブーブーブーブー』言ってるオメーら(観客)も見ただろ? 俺たち鈴木軍はな、強いんだよ、バ〜カ!!」とマイクアピール。
 すると、今度はオカダがマイクを掴み、「鈴木さん! アナタにひとこと言わせて下さい。外道さんのかわりにな! 俺が言ってやるぞ。CHAOSと鈴木軍? ・・・レベルが違うんだよ!!」と絶叫。
 これで「オカダ」コールが巻き起こり、オカダがマイクアピールを続行。「広島のカード、決まってないよな? タッグマッチで!・・・・・・いや、違うな! シングルマッチでやろうぜ!! 俺とアンタのレベルの違い、見せつけてやるよ」と、鈴木に一騎打ちを突きつけた。

コメント
鈴木「広島、1週間後だな。俺とオカダ、確定だ! だろ? 俺はハナからそのつもりだ。どうだ? 苦しかっただろ? どうだ? 痛かっただろ? そりゃそうだ。オマエが経験したことのない、俺という存在は、テメーにとって、触れたことのないヤツだもんな? な〜、お坊っちゃん、おボクちゃん! “レインメーカー”とやらで、俺の首、へし折ってみろ! オマエの得意な技で、俺の腕へし折ってみろ! 笑って立ち上がってやるわ。わけのわかんねぇこと言ってんじゃねぇよ! 俺とオマエの、人としてのレベルの違い、見せてやる! 殺し合いだ殺し合い! ブッ殺すぞコノヤロー!」
真霜「中邑真輔! どうだ? もうスカしてらんねぇだろ、いい加減よぉ? カッコつけてらんねぇだろ? これでもまだ、スカすっつうのなら、指の1本1本から、爪の先1つ1つから、ダメージ与えて、ブッ殺していくからよ! オメーもよ、レインメーカーと同じように、さっさとシングル、口にしろよ! 俺が受けて立ってやるからよ!」
鈴木「オイオイオイオイ! テメーらが相手にしてんのは、誰だと思ってんだよ?! そうだ、オマエらが相手にしてんのは、俺達鈴木軍。鈴木軍こそがナンバーワン! 鈴木軍、(全員で)イチバン!!」
※トウナイはノーコメント
 
中邑「オウ。かまってほしい…みたいだなぁオイ? なんだっけ? 真霜かオイ? ちょっと物足りないけど、いいぜ? やってやっても。ただ、付いてこれるかな? レベルが……! 違うんだってよ?」
オカダ「リング上でも言ったとおり、鈴木軍とCHAOS…、レェベルが!! 違いますから。そしてアナタと、鈴木みのると、ワタシのレベルの違い。どっちもおたがいカード組まれてないんだ。やろうぜ? ただな! いまのままだと、。カネの雨が…、降らねーな! しっかり俺をもっともっと怒らせて、“とくにありません”以外の言葉を引き出させてください」
※外道はノーコメント 
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.