新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

NJPW 40th anniversary Tour Road to POWER STRUGGLE

2012/10/30(火)19:00福島・鶴ヶ城体育館 〜東日本大震災福島チャリティー大会〜 | 観衆  1,300人

第5試合30分1本勝負

[14分18秒]
タイチクラッチ

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 新日本本隊連合軍が、鈴木軍と対決する10人タッグマッチ。
 
 タイガー対TAKAで試合開始。いきなり控えのタイチが介入するが、タイガーがTAKAもろとも場外へ追いやり、フィンタを披露。そして、すぐさまプランチャを繰り出し、2人まとめて押し潰した。
 永田対鈴木の場面。激しいエルボー合戦から、鈴木が張り手。さらに、一本足頭突きからランニングローキック3連発に行く。だが、永田が3発目のキックをキャッチし、膝にエルボースタンプを投下。そして、エクスプロイダーで投げ飛ばした。
 天山対アーチャーの場面。天山が、ジャンピングショルダータックルで先制。だが、アーチャーがハンマーブロー連射で巻き返し、ボディスラム。それでも天山は、顔面へのヘッドバット、モンゴリアンチョップ連射で反撃するが、控えのスミスが背中を蹴ってロープワークを妨害。すかさずアーチャーが逆襲し、鈴木組が天山の捕獲に成功する。
 天山は、スミスに肩車されたアーチャーのボディプレス、TAKAとタイチのトレイン攻撃、タイチの急所攻撃、鈴木のチンロックなどで苦しめられる。さらに、鈴木が腕ひしぎ逆十字固めで追撃し、カットに入った永田とカサスをアキレス腱固めで次々と排除。
 その後、天山がスミスとアーチャーに逆襲し、タッチを受けた小島が、スミスに逆水平チョップ乱射、串刺しジャンピングエルボー、「いっちゃうぞバカヤロー!」からのダイビングエルボードロップ、エルボー連打、ローリングエルボーと畳み掛ける。
 続いて小島は、右腕のサポーターを投げ捨ててラリアットを狙うが、スミスがカウンタージャンピングニーアタック、オリンピックスラムで逆襲。しかし小島は、替わったタイチの腕にラリアットを見舞い、コジコジカッターで蹴散らした。
 カサス対タイチの場面。天山組のトレイン攻撃となり、カサスのラリアット、タイガーのハイキック、小島のバックエルボー、永田のフロントハイキック、天山のモンゴリアンチョップ、カサスのドロップキックがすべて串刺しでさく裂。
 そして、カサスがタイチのラリアットをスウェーバックでかわし、低空ドロップキックからラ・マヒストラルを繰り出す。しかし、タイチが途中で脱出し、顔面攻撃、パントキックで逆襲。続いて、ショートタイツ姿に変身してキックを放つが、今度こそカサスが低空ドロップキックからラ・マヒストラルを決める。ところが、TAKAがレッドシューズ海野レフェリーの注意を引きつけ、カウントは入らず。
 その隙に起き上がったタイチが、急所キックからタイチクラッチで丸め込み、カサスから3カウントを強奪した。

コメント
鈴木「オイ、鼻クソども! 鼻毛と鼻クソのかたまりども! 鈴木軍、連戦連勝だな? 当たり前だろ? そろそろ本気だそうか、鈴木軍。な? さぁ、タッグのタイトルマッチもあるしな?」
アーチャー「俺たちがチャンピオンだ。デイビーボーイ・スミスJr,と“アメリカン・サイコ”ランス・アーチャー、俺達はK・E・S。全ての者に死を。天山、小島、オマエらは2度とこのタッグタイトルを手にすることはない。決してだ!」
スミス「K・E・Sがキラーボムを決めてやる」
TAKA「連戦連勝だ、オイ! 勝ちすぎて、負け方忘れちまったよ!」
タイチ「ネグロ・カサス、知ってるか? メキシコのレジェンドだよ。そいつに勝ったってことはよ、俺は最強だ」
TAKA「Jr.最強だぞ! ってことは? 『Super Jr. Tag Tournament』の決勝は?」
タイチ「俺とヨシダ対、邪道・外道、略してショウジ・ケイジだ!」
鈴木「鈴木軍!(※全員で)1番!!」
 
天山「クソッタレが! なにが鈴木軍じゃ? なにが1番じゃ、タコ! ナメんのもいい加減にせぇって! 台湾から帰ってきて、このザマかって、オラ! やったるって! どんどん強なるよ! ランス、スミス、もっと強くなれよ! 大阪までガンガンやれって! いくらでもやったるわ。テンコジがもう1回ベルト巻くんやぞ! よく見とけよ」
小島「これだけの短期間で、海外遠征も経験してきて、いまスゲー充実してるから、いろんな意味で何も負ける要素ないと思ってるし。今回の台湾遠征を経て、再び新日本の中に入ってきたテンコジっていうのを、楽しみにして見てもらいたいと思います。強いて言えば、小籠包パワーだな!」
※永田、タイガー、カサスはノーコメント
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.