新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

NJPW 40th anniversary DESTRUCTION

2012/09/23(日)16:00兵庫・神戸ワールド記念ホール | 観衆  8,000人(超満員)

第2試合20分1本勝負

[09分37秒]
I-94 →体固め

レフェリー|佐藤健太

試合経過情報

 IWGP Jr.タッグ王座をめぐって対立中のロメロ&コズロフ、KUSHIDA&シェリーが6人タッグマッチで対決。
 
 先発したのはシェリーとコズロフ。押し込まれたコズロフが握手を求めるが、シェリーは応じずにコズロフを蹴散らした。
 BUSHI対外道の場面。BUSHIがウニベルサルからトペフェイントを披露。しかし、追撃を妨害されて捕まってしまい、マスク剥ぎやロメロとコズロフの連携で追い込まれる。
 さらにコズロフが、ロシア帽を被ってコサックダンスキック、外道がパンチ、チンクラッシャーで追撃。しかしBUSHIは、外道のトラースキックをキャッチしてコードブレイカーで逆襲し、ようやく脱出に成功。
 スイッチしたKUSHIDAは、チョップとアームホイップでロメロとコズロフを蹴散らす。そして、その場飛びムーンサルトプレスで、コズロフと外道を同時に押し潰した。
 その後、KUSHIDAがハンドスプリングエルボーを繰り出すも、ロメロとコズロフが受け止める。しかし、シェリーがコーナー最上段からのフライングボディアタックで、KUSHIDAをアシスト。
 ここでKUSHIDAとシェリーは、ダブル串刺しバックエルボー、KUSHIDAを踏み台にしたシェリーの串刺しバックエルボーでロメロに追撃。さらに、シェリーが前方宙返りでロメロの上体をそらし、KUSHIDAが側転からの低空ドロップキックを頭部へヒットさせる。
 次にKUSHIDAはムーンサルトプレスに行くが、コズロフの回避行動を読んで足から着地。しかし、コズロフが遠心力を利用した延髄斬りで逆襲。すると、そのコズロフにシェリーがトラースキックを見舞うも、ロメロがシェリーをコンプリートショットで叩きつける。
 だが、BUSHIがロメロをミサイルキックで蹴散らし、外道をヘッドシザースホイップとプランチャで分断。
 ここでコズロフがロシアン・ストライクを発射するも、KUSHIDAがスピンキックで迎撃し、KUSHIDAの串刺しニーアタック&シェリーの延髄斬りという同時攻撃がさく裂。そして最後は、合体殺法I-94でKUSHIDAがコズロフを仕留めた。

コメント
KUSHIDA「よし、俺はもう覚悟はできましたよ。過去、現在、未来! 俺はすべてと闘う。この頼もしいパートナー、アレックス・シェリーと、新日本プロレスの新しい歴史を作るんじゃなくて……そんなこと言って、いろんな人が結局作れないで終わってきたから。新しい時間軸を、新しいタイムラインを、俺とシェリーでタッグチームで作っていく。ニュージャパンの歴史とも闘っていきますし、ライガーさんとタイガーさん、そのすべてと闘って、新しい時間軸を俺らは作ります。俺らは、TIME SPLITTERS(タイム・スプリッターズ)です! これでいきます!」
シェリー「ロメロとコズロフは、フォーエバー・フーリガンズだよね? でも、フォーエバーのはずないだろ? 彼らがタッグチャンピオンの時間は、もう終わりに近づいているよ。俺らが、TIME SPLITTERSがタッグチームのレボリューションを見せていく」
KUSHIDA「(腕のテーピングに描かれた時計の絵を見せて)これは、彼らがチャンピオンでいる時間は限られているし、逆に俺らがチャンピオンになる時間は…」
シェリー「ティックタック、ティックタック…」
KUSHIDA「あと、もう少しだ!」

ロメロ「KUSHIDA、今日勝てたのはただのラッキーだったにすぎない。俺達は世界のチャンピオンだ」
コズロフ「覚えておけよ。俺達はレジェンドを倒してきた。タイガー、ライガーもそうだ。俺達が勝ってこのベルトを手にしてきた。このベルトが欲しいなら、いつでもかかってこい!今、俺達がベストだ。今のはラッキーだっただけだ」
ロメロ「俺達がチャンピオンだ!フォーエバー!フォーエバー!エンド・エバー!」
※外道はノーコメント 
 
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.