新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

NJPW 40th anniversary Tour Road to DESTRUCTION

2012/09/13(木)18:30長野・長野運動公園総合体育館 | 観衆  1,200人

第5試合30分1本勝負

[12分26秒]
キラーボム→エビ固め

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 果てしなく続く連合軍vs鈴木軍の抗争。
 
 永田と鈴木が先発し、いきなり激しいエルボー合戦を展開。そこから鈴木がフライングメイヤーで永田を投げ、前方からランニングローキックを連発。
 だが、3発目のキックを永田が受け止め、エクスプロイダーの体勢に入る。すると、これを鈴木がフロントネックロックに切り返すが、永田が膝蹴りで鈴木の動きを止め、改めてエクスプロイダーで投げ捨てた。
 これで両軍とも選手交替して真壁対真霜になるが、永田と鈴木は場外で番外戦を展開。一方、リング上では真壁がエルボー連打で押し込むも、真霜が左右のミドルキック、胸板へのローキック連射で逆襲。さらに、カウンターキチンシンクで追撃すると、TAKAが場外から真壁のロープワークを妨害。
 これを合図に大乱闘となり、鈴木軍が真壁の捕獲に成功。代わるがわるの攻撃で徹底的に痛めつけて行く。
 しかし真壁は、パワースラムでアーチャーに逆襲し、ようやく自軍コーナーへ生還。タッチを受けた小島は、逆水平チョップ乱射、串刺しジャンピングエルボーでアーチャーに追撃。そして、「いっちゃうぞバカヤロー!」をファンと大合唱するが、ダイビングエルボーは鈴木が妨害。
 それでも小島がアーチャーにDDTを食らわせると、天山がモンゴリアンチョップ連射でアシスト。そして、乱入したスミスをテンコジカッターで叩きつけるが、直後にアーチャーが両腕ラリアットでやり返した。
 BUSHI対TAKAの場面。BUSHIがドロップキックで先制し、即座にヘッドスピンで立ち上がる。そして、ウニベルサル、低空ドロップキックで追い討ち。しかしTAKAは、その場飛びニールキックで逆転。
 BUSHI対スミスの場面。真壁組のトレイン攻撃となり、天山のモンゴリアンチョップ、真壁のラリアット、永田のフロントハイキック、小島のエルボーがすべて串刺しで決まる。そして、BUSHIが回転十字固めを繰り出すも、カウントは2。
 するとBUSHIは、コーナー最上段からフライングボディアタックを敢行。ところが、スミスが受け止め、ハイアングルボディスラムで反撃。
 さらにスミスは、ランニングフロントハイキック、フロントスープレックス2連発でBUSHIに追撃。それを見て天山と小島がリングに入るが、スミスとアーチャーが2人同時のアバランシュホールドで蹴散らす。
 そして、スミスとアーチャーは、2人がかりでBUSHIを担ぎ上げ、そのままシットダウン式パワーボムで叩きつけるキラーボムを初公開。スミスがBUSHIから3カウントを奪った。
 
 試合後、永田と鈴木、真壁と真霜が番外戦を展開。しかし、セコンドたちが引き離し、鈴木軍がリング上を完全に占拠した。

コメント
鈴木「どうした? どうした新日本。どうした天山・小島。略して、アホバカマヌケ、腰抜け! どうした永田? どうした真壁? オマエらお得意の束になってかかってこいよ。オイ、弱いヤツ相手にしたって意味ねぇんだよ。な? もうちょっと頑張れよ。盛り上がんねぇじゃねぇか。悪りぃな、強すぎて。強すぎるって、やっぱ罪だな。試合が一方的になっちまうもんな。だろ? 強さと言えば、今日も言うぞ、オイ棚橋、丸藤(正道)、テメーらのIWGP戦なんてな、俺は認めねぇぞ。なんだテメーら? オイ、『日本中にプロレスの火をつける』? 着けてみろよ! (丸藤が)いないのにどうやって火をつけんだよ?! オイ、来てやれよ。来て火つけてみろよ。いないのに、どうやって火つけるんだよ? 教えてくれよ! どっちもよ、俺に負けた2人なんだよ。俺より弱いヤツら2人で、弱ーい、弱ーいチャンピオンシップでもやっとけ!」
スミス「スミスとサイコ、Killer(キラー=殺し屋)・Elite(エリート)・Squad(スクワド=スペシャルチーム)だ! テンザンコジマ、タイトルマッチを楽しみにしとけ。ここにいる将来のIWGPタッグチームチャンピオンが相手だ」
アーチャー「何度も言うが、時間だ! 俺は恐れられるべき存在だ。そしてKESも恐れられるべき存在だ。IWGPタッグチャンピオンとなる! 今夜はキラーボム(合体パワーボム)を見舞った。誰もキラーボムを食らって立ち上がるヤツはいない。テンザン、コジマ、もしキラーボムを食らったら、オマエらは死ぬ。俺達は永遠のチャンピオンになる」
真霜「真壁さんよ、キングコングさんよ! (真壁のチェーンを手に持って)忘れもんだぜ! どうしたよ? いいのか、これ? いらねぇのか? 俺がもらっといたるわ。これなくても、キングコングなのか、アイツ? オイ、どうなんだ? どうなんだよ! 俺が試してやるよ。これなしで来てみろよ!」
鈴木「オイ真霜! もっと暴れろ! もっと暴れろ! 好きにやっていいぞ。試合なんてブチ壊してしまえ! もっといけ! もっと!」
真霜「もっと! もっと! もっとだ! いいもん見つけたしな! もっといったるぜ」
TAKA「オイオイ、真壁くんよ、真霜のこと“タヌキ”とか言ってたな? 面白いこと言うなぁ! 千葉から出てきたタヌキによ、キングコングがイカれちまうぞ! チェーン持ちゃったな! チェーン持ったタヌキはおっかねぇからな」
 
真壁「オーイ! タヌキヤロー(真霜)! まだまだだコノヤロー! 俺様をもっと怒らせてみろ! もっと来てみろ! それからだ、始まんのはよ! タヌキヤロー!」
小島「冗談じゃねぇ」
天山「ランス・アーチャー、スミス、オマエら俺らテンコジナメんな。オマエらそんじょそこらの、ついさっき組んだやつやろ? アイツら何があんねん? 何が出来るんじゃ。勢いだけや。吠えてるだけやろ? 俺ら違うんや、アイツらと。アホンダラ、ボケ! いつでも相手になったるわ。胸貸したるわ。来いやって! な? コジ」
小島「オマエ達がどんなに頑張ったってな、ランス・アーチャーは仮面ライダー1号か。スミスは仮面ライダー2号だろ? 俺達は2人合わせて“V3”なんだ。この意味がわかるか、コノヤロー!」
天山「テンコジ、ナメんなよって、オラ!」
※永田、BUSHIはノーコメント
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.