新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

NJPW 40th anniversary Tour Road to DESTRUCTION

2012/09/07(金)18:30東京・後楽園ホール | 観衆  1,950人(超満員)

第6試合30分1本勝負

スペシャルタッグマッチ

[17分00秒]
ガンスタン→片エビ固め

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 『G1 CLIMAX 22』優勝者で、2013年1月4日東京ドーム大会でのIWGPヘビー級王座挑戦を宣言しているオカダが登場。『G1』決勝戦の相手だったアンダーソンとタッグ対決。
 
 アンダーソン対オカダの場面。オカダがショルダースルーでアンダーソンをコーナー最上段に固定し、中邑がランニングニーアタックをお見舞い。これでアンダーソンの動きがストップしてしまい、長時間のローンバトルを強いられる展開となる。
 中邑の膝蹴りやキック、オカダの低空フロントキックや変型ネックロックなどでさんざんいたぶられたアンダーソンだったが、中邑のボマイェをエルボースマッシュで阻止して脱出に成功。
 ようやく出番となった後藤は、串刺しニールキック、バックドロップ、ジャーマンスープレックスホールドで中邑に追撃。しかし中邑は、強烈な飛び蹴りで報復した。
 後藤対オカダの場面。オカダがコーナー最上段にのぼると、後藤が起き上がって牛殺しの体勢に持ち込む。すると、オカダが脱出してフロントハイキック。しかし、後藤が追走式ラリアットですぐに巻き返した。
 アンダーソン対オカダの場面。アンダーソンが、ショルダータックル、逆水平チョップ、エルボースマッシュ、ボディスラム、セントーンと一気にラッシュ。続いてコーナー最上段にのぼるが、オカダがドロップキックで逆襲し、リバースネックブリーカーからDID。
 さらにオカダは、コーナー最上段にのぼり、今度こそダイビングエルボードロップを成功させる。そして、レインメーカーに行くが、アンダーソンが阻止してリバースガンスタンで逆襲。しかし、今度はオカダがフラップジャックでやり返し、中邑にタッチ。
 その中邑は、ミドルキック連射、スリーパーホールド、バッククラッカーでアンダーソンに追撃。しかし、次のリバースパワースラムはアンダーソンが回避し、ジャンピングフロントハイキックで反撃。
 ここからエルボー合戦となり、アンダーソンがエルボースマッシュ連打で押し込む。しかし、中邑がフェイントからのニールキックで報復。そして、ボマイェを発射するも、かわしたアンダーソンがジャンピングフロントハイキック、ランニングパワーボムで巻き返す。
 ここで後藤が加勢に入り、アンダーソンの串刺しバックエルボー、後藤の串刺しラリアット、後藤の牛殺し、アンダーソンのダイビングリバースガンスタンが連続で中邑を襲う。
 さらに、アンダーソンはガンスタンを狙うが、中邑が脱出して突き飛ばし、オカダがカウンタードロップキックをヒットさせる。
 続いて中邑は、リバースパワースラムでアンダーソンを叩きつけ、ボマイェを発射。しかし、後藤が飛び込んでラリアットで迎撃し、プランチャでオカダを分断。
 ここでアンダーソンは、バーナードライバーからフォールに行くが、カウントは2。しかし、すぐにガンスタンをさく裂させ、中邑から完璧な3カウントを奪った。
 
 試合後、快勝を収めたアンダーソンが、オカダとセコンドの外道を挑発した。

コメント
後藤「中邑ァ、おまえにインターコンチのベルトは、ま・か・せ・ら・れ・ねぇって言ってんだよ? なんかアメリカでぬるい相手と防衛戦やってきたみてーだな? ここにいる俺が、おまえの相手だ! ま、海外でやるのは、俺も考えたことだからいいけど、誰でも挑戦できるベルトじゃねーだろ? あのベルトは俺に任せとけ!! 以上!」
アンダーソン「『G1』は優勝まであと一歩のところだった。だが、オカダとはもう一度闘ってみたい。マシンガンvsオカダ、どこでもいいよ。今日は、シンスケ・ナカムラに勝つことが出来た。彼は世界のトップクラス。俺が同じくトップだということが証明できたよ。とにかく、まず俺の目標は、あのゲドーが持っているIWGPヘビー級王座挑戦の権利証の入ったブリーフケース、あれをオカダに勝って奪うことだ。そして、ネクストの1.4東京ドームのメインに立ちたいね。マシンガンvsオカダ、この勝者がドームのメインに立つ。もう一度、チャンスをくれ!」
  
オカダ「マシンガン、(外道の持つ金色のアタッシュケースを手で叩きながら)これに東京ドームのメインイベントの権利書が入ってんだ。オマエ『またやりてぇ』って?また俺に負けてぇのか?今度は本気でくんのか?全力で来いよ!」
外道「オイ!“紙一重”だと?『G1』の決勝が、紙一重”だと?笑わすなコノヤロー!完璧によ、レベルが違ったろ?テメーではよ、東京ドームにカネの雨が降らねぇんだよコノヤロー!」
――せっかくの新チャンピオンベルト披露が、残念な結果になってしまいましたが?
中邑「関係ねぇよ。(肩にかけたベルトを指して)ベルトはここだから。インターコンチネンタルはここだ。オカダもいいもん持ってたな。俺にとって、優先順位はどれか。このベルト、“死んだ10円玉”をよ、新しくしてやったんだ。もちろん喜んで、責任を取ってやるぜ。誰でもいいんだ。海外のメディア、伝えろ。世界のプロレス団体に。『中邑はこのインターコンチネンタル持って、どこへでも防衛に行くよ。NJPW、ニュージャパンプロレスリング、上がりてぇだろ?オマエら』」
――IWGPとは違う価値観を創ってくれると期待しています
中邑「言ったぜ、言ったぜ!『Wanna be starting something』だ。これも一つ。俺のやりたい新しい事の一つ」
 
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.