新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

永田裕志デビュー20周年記念興行 Blue Justice W 〜青義凱旋〜

2012/09/09(日)17:00千葉・東金アリーナ | 観衆  2,250人(超満員札止め)

第5試合30分1本勝負

[14分07秒]
シャープシューター

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 スミスと真霜拳號の加入によって勢いづく鈴木軍が、今回も真壁たち連合軍と対決。
 
 先発したのは真壁とTAKA。真壁がTAKAを圧倒し、タッチを受けた小島が逆水平チョップ乱射、串刺しジャンピングエルボー、「いっちゃうぞバカヤロー!」からのダイビングエルボードロップと畳み掛けた。
 小島対アーチャーの場面。アーチャーがラリアット、滞空式ブレーンバスター。しかし、小島がコジコジカッターで反撃し、天山との合体技で追撃。
 田口対アーチャーの場面。アーチャーが田口の攻撃を寄せつけず、串刺し攻撃に行く。しかし、田口がかわしてコーナーに激突させ、低空ドロップキックで逆襲。ところが、控えの鈴木がスリーパーホールドで田口を捕まえ、アーチャーがランニングフロントハイキック。これを合図に激しい場外乱闘が展開され、大ダメージを負った田口が長時間のローンバトルを強いられる。
 田口は鈴木の腕ひしぎ逆十字固め、アーチャーのジャンピングボディプレス&スミスのギロチンドロップなどで追撃される。さらに、鈴木がランニングローキック、張り手、膝蹴りで攻め込み、TAKAとスイッチ。
 すると田口は、ドロップキックでTAKAに逆襲し、足を掴まれると反対の脚で延髄斬りをお見舞い。これでようやく出番となった真壁は、串刺しラリアット、頭部へのパンチ連射でTAKAに追い討ち。
 ここで鈴木が乱入し、真壁をスリーパーホールドで捕獲。さらに、ゴッチ式パイルドライバーの体勢に入るが、田口がミサイルキックでカット。そして、小島がDDTでアーチャーを蹴散らし、スミスには天山との合体技テンコジカッターを食らわせる。
 このチャンスに真壁は、カウンターラリアット、キングコングパワーボムでTAKAに追撃。そして、コーナー最上段にのぼるものの、鈴木が脚にしがみついて攻撃を妨害。これを真壁が振り切ると、またもや真霜が乱入。しかし、今回は真壁がラリアットで場外に追いやり、花道で番外戦を開始。2人はもつれ合ったまま入場ゲートをくぐり、そのまま消えてしまった。
 一方、リング上では天山とスミスが対峙。天山がニールキックからアナコンダバイスを極めるが、アーチャーがカットしてトレイン攻撃を開始。スミスの串刺しラリアット、アーチャーの串刺しボディアタックが連続で決まり、スミスがパワースラムに繋げる。
 さらに、アーチャーがダークデイズで小島を倒し、天山が完全に孤立。ダブルショルダータックルを浴びてダウンしてしまう。
 続いてアーチャーが天山をブラックアウトで叩きつけると、スミスがシャープシューターで捕獲。鈴木が小島をスリーパーホールド、TAKAが田口をジャストフェースロックで分断すると、天山が力尽きた。

コメント
※真壁と真霜がつかみ合い、揉み合いながら、バックステージに。
真壁「テメー、来い、コラ!!」
真霜「オメーが来いよ!!」
※さらに揉み合ったあとで
真壁「オイ!! テメー、さっさと来いよ、コノヤロー!!」
真霜「じゃあ、さっさとカード組め、コノヤロー!!」
真壁「オウ、首を洗って待ってろ、コラ!!」
真霜「オウオウオウ!」
真壁「コノヤロ〜〜〜!!」
※    真壁はセコンドに連れられて、控室へ
真霜「オイ、いまの撮ったか?聞いたな?真壁の言葉を?ようやくだ!ようやくだ! カード、組んでくれるらしいぜオイ!もう一度言っておく!準備万端だ!(両手を広げて)。いつかは知らんが、アイツを倒す、ようやく試合が組まれる!そうとっておくぜ!」

鈴木「オイ〜、弱ぇなぁ新日本。あれ何だ?アレ何?あの二人、タッグチャンピオンかアレ?真壁、弱ッ!もう一人お兄ちゃんは、なんだあれ病気じゃねぇか?さてと、真霜どうするんだ?新日本、真霜どうするんだ?真壁からは返答来たぞ。一緒にいなくなったろ?デートしに行っただろ?アイツのあれが返答だろ?真霜入れろ!それが俺達からの要求だ。ま、でもコイツら弱ぇえからな、弱いヤツらえで、肩組んで頑張ればいいんだよ。今シリーズの最後に何あるか知ってるか?メインイベントで何がある?」
――IWGPヘビーのタイトルマッチです
鈴木「IWGPってなんだ?俺に負けたモン同士のよ、弱いヤツと弱いヤツの、何番目決定戦だよ?! ハハハ(笑)弱すぎて話にならねぇよ。高見の見物させてもらうわ。キミらの、弱いヤツと弱いヤツ、どうしようもねぇヤツとどうしようもねぇヤツの闘いなんか、誰も望んでねぇんだよ。な、日本中のプロレスファンが望んでんのは……内緒!(と言って控室へ)」
アーチャー「スズキグン、イチバン!スミスとサイコ、俺達はK・E・S。Killer(殺し屋)・Elite(エリート)・Squad(スペシャルチーム)だ!テンコジ、オマエらは今、IWGPタッグチャンピオンかもしれないが、すぐに俺達K・E・SがそのIWGPタッグのベルトを手にする。俺達を止められないぞ。俺はランス・アーチャー、アメリカン・サイコ!そしてハーリー・スミス。俺達は恐れられるべき存在だ!どけ!」
スミス「俺達がそのタイトルを手にするのは時間の問題だ。さあ、時間だ!スミスとサイコは、テンコジに勝つ!ちゃんと見ておけ。K・E・、Killer(殺し屋)・Elite(エリート)・Squad(スペシャルチーム)だ!」
TAKA「オイ、いまボスが何言いたかったかわかるかな? でもよ、アイツらが何言いたいか、わかるよな? テンコジ、いつまでもベルト巻いててもなんにももないんだからよ! そろそろアイツらに挑戦させてやれよ? あと、真壁くんよ、そろそろ真霜の相手してくれよ? じゃねーと、いつでもテロ行為しちゃうぞ? おまえもその気なんだろ? だったらよ、相手してくださいよ!」
  
小島「とりあえず、いまの鈴木軍か? 今日で30点だな、合計。俺にしたら、毎日、10点づつ加算しているにすぎないよ。平均点重ねているだけ。こっちは余力あるよ? あとは、昨日言ったこと……。どうなったのか? 誰か知ってますか?」
――丸藤選手が「ノアに来い」とコメントを出したそうです。
小島「さすが副社長だ。話が早いし、仕事もできる。本人がオッケーなら、あとは会社の問題か? 何も問題ないだろ? 副社長なら、その権限使ってでも、やらしてもらおうか。あとは新日本プロレスのほうがどうなのか? 俺は口に出した以上は、やるつもり。ケジメをつけさせてもらう! とりあえず、場所、ノアのリング? どこでも構わないよ。日にちはそっちで指定すればいいし。タッグはタッグで大事にするけど、いまは丸藤のことで頭が一杯なんで。俺の勝手な言い分を言わせてもらってんで、叶うことを祈ってます!」
田口「何回もいいますけど、IWGPジュニア、ロウ・キーに譲るつもりはないから。飯伏幸太からベルトを奪うことに意味があると思ってますから。同じ日本人相手に、これ以上、負けるわけにはいかないんで。飯伏幸太だから名乗りをあげた。だから、挑戦を認めてもらいたい。奪ったあとに、ロウ・キーを相手に防衛しますよ。とりあえず、ロウ・キーに譲る気はありません!」
※天山、真壁はノーコメント
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.