新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

NJPW 40th anniversary Tour KIZUNA ROAD

2012/07/16(月)17:30北海道・函館市民体育館 | 観衆  1,000人

第2試合20分1本勝負

[14分12秒]
飛び付き回転十字架固め

レフェリー|佐藤健太

試合経過情報

 シリーズ最終戦・7月22日山形でIWGP Jr.タッグ戦を行なうライガー&タイガー、ロメロ&コズロフが前哨戦で対決。また、同所でシングル対戦するKUSHIDAとロウ・キーの前哨戦でもある。
 試合開始前、ロメロとコズロフが、マイクアピールでライガーとタイガーを挑発。コズロフが「イチ、ニ、サン、シバクゾ!」と脅しをかけた。
 
 そんな中、KUSHIDAとロウ・キーが先発し、素早いロープワークからKUSHIDAがドロップキック。これで場外に転落したロウ・キーは、怒ってパイプイスを投げつけた。
 マキシモ対邪道の場面。マキシモがセクハラまがいのボディタッチで邪道のペースを狂わせ、ヘッドシザースホイップからキス攻撃。これで邪道は足元がふらつき、やがて前のめりにダウンしてしまった。
 BUSHI対外道の場面。BUSHIが背中合わせで外道を飛び越え、回転エビ固めからウニベルサル。そして、低空ドロップキックで外道を場外へ追いやると、トペフェイントで場内を沸かせた。
 タイガー対コズロフの場面。タイガーが、ローリングソバットでコズロフを場外に落とし、ロープへ走る。そこへロメロが乱入するが、タイガーは冷静にショルダースルーで対処。これでロメロを場外へ放り投げ、コズロフを押し潰した。
 続いてタイガーはロープへ走り、フィンタでロメロとコズロフを翻ろう。しかし、直後に邪道と外道が乱入し、タイガーをローンバトルへ引き込んだ。
 長時間の劣勢を強いられたタイガーだったが、サーフボードストレッチを極めるコズロフにカンガルーキックで逆襲。ようやく出番となったライガーは、掌底でコズロフに追撃し、乱入したロメロをショルダースルーで蹴散らす。そして、続けざまにコズロフをパワーボムホイップで叩きつけるが、コズロフは遠心力をつけた強力な延髄斬りで逆襲。
 これをきっかけに今度はライガーが赤コーナーサイドに捕らえられ、チョーク、パンチ、マスク剥ぎといった反則殺法で苦しむ。しかし、ロメロの連続串刺しラリアットから脱出すると、風車式バックブリーカーでお返し。そして、ロウ・キーを掌底で吹き飛ばした。
 KUSHIDA対ロウ・キーの場面。KUSHIDAが、ハンドスプリングエルボー、串刺しダブルニーアタック、ジャンピングチョップ、その場飛びムーンサルトプレスと畳み掛ける。しかし、ロウ・キーは延髄斬り、ランニングドロップキックで逆襲した。
 タイガー対外道の場面。タイガーが、コーナー最上段からフライングボディアタック。さらに、開脚式ドロップキックで邪道と外道を吹き飛ばし、外道にはハイキック、タイガードライバーで追い討ちをかける。
 続いて、タイガーはタイガースープレックスを狙うが、外道が阻止してサミングで逆襲。しかしタイガーは、外道の突進を馬飛びでかわして場外へ追いやり、トペスイシーダをお見舞い。
 その直後、マキシモが邪道を場外へ落とし、トペスイシーダを敢行。さらに、BUSHIがヘッドシザースホイップでロメロを場外へ追い込み、トップロープ越えのトルニージョを食らわせる。そして、ライガーとKUSHIDAが2人同時にエプロンからトペコンヒーロをさく裂させ、ロウ・キーとコズロフをダウンさせた。
 リングに戻ったタイガーは、ミドルキック連射で外道に追い討ち。しかし外道は、突進をかわしてスクールボーイで丸め込み、これを返されると、キックをかわして再びスクールボーイを繰り出す。
 これでも決着がつかないと、外道は逆さ押さえ込みの体勢に入る。しかし、タイガーが回避し、飛びつき回転十字架固めで3カウントを奪った。
 
 試合後、ライガーたちはコズロフが忘れたロシア帽を勝手に持ち出し、ダンスを踊る余裕を見せた。

コメント
外道「いいかタイガー、今日のカタキは、フォーエバーフーリガンズが獲るぞ。札幌、札幌、山形、全部獲るぞ」
邪道「マキシモ、コノヤロー!オマエのこと、本当の男に戻して、メキシコ帰らせてやるからよ!」
ロメロ「山形はもうすぐだ。ライガー、タイガー、オマエたちは負けるんだ。そして俺たちが勝つ! ワン、ツー、スリー! シバクゾ!!」
コズロフ「シバクゾ!!」
ロウ・キー「CHAOSは山形で悪い結果を残すことはない。なぜかって? 俺とフォーエバーフーリガンズがいるからだ。山形でIWGP Jr.タッグの選手権と、KUSHIDA、オマエは俺にチャレンジしたいんだろ? そんなのはいくら『タイトルマッチに挑戦したい』と口数多くアピールしたって、俺に負けては意味がない。オマエは俺にブッ潰されるんだ。(日本語で)ドウシテ? セカイノセンシデスカラ!」
ロメロ「フォーエバー!」
コズロフ「オー、イエス!」
 
KUSHIDA「さすが“世界の戦士”。“世界の戦士”というだけあって、上からものを言うな。俺はアイツに『チャレンジしたい』なんて、一言も言っていない。俺はIWGP Jr.のベルトにチャレンジしたいんだ。俺は最終的には、世界で通用するレスラーになりたいんだ。そのためには、世界の戦士、倒さなければいけない相手でしょう」
※ライガー、タイガー、BUSHI、マキシモはノーコメント
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.