新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

DOMINION 6.16

2012/06/16(土)18:00大阪・大阪府立体育会館〜BODY MAKER コロシアム〜 | 観衆  6,850人(超満員札止め)

第5試合60分1本勝負

IWGP Jr.ヘビー級選手権試合

  • ○ ロウ・キー

[12分32秒]
ウォリアーズ・ラース

※ロウ・キーが王座防衛。

レフェリー|マーティー浅見

試合経過情報

 『BEST OF THE SUPER Jr.XIX』で悲願の初優勝を遂げた田口が、二冠王を目指してIWGP Jr.王者ロウ・キーと対決。
 
 ゴング直後、田口が延髄斬りをヒットさせ、モンキーフリップ、三角飛びミサイルキック。そして、いきなりノータッチトペコンヒーロをさく裂させる。
 さらに田口は、ロウ・キーをコーナーに追い込み、パンチ連射。しかし、ロウ・キーが脱出し、低空ドロップキックで逆襲。そして、場外でニークラッシャーを食らわせ、田口をカウントアウト寸前に追い込む。
 リングに戻り、ロウ・キーがレッグロック、ストンピング、膝固め、ヘッドバットなどで膝への集中攻撃を開始。田口がなんとか反撃に出ようとすると、コーナーを利用した両脚バックキックで追い討ちをかける。
 苦しくなった田口は、ロウ・キーの突進をかわしてコーナーへ激突させ、さらに頭を何度もコーナーへ叩きつける。そして、ドロップキック、前方回転エビ固めをすり抜けての低空ドロップキックで追撃。
 続いて田口はスリーアミーゴを繰り出し、ロウ・キーが3回目のブレーンバスターから逃げると、延髄斬りから前落としに繋げる。そして、どどんを阻止されてもすぐさまラリアットで追撃する。
 さらに田口はどどんの体勢に入るが、ロウ・キーが前方回転エビ固めに切り返し、すぐに離れてその場飛びフットスタンプで逆襲。そして、キークラッシャーの体勢に入るが、田口が首固めで抵抗。
 しかしロウ・キーは、浴びせ蹴りですぐに巻き返し、今度こそキークラッシャー。しかし、フォールは田口が跳ね返し、場内が大「田口」コールに包まれる。すると、ロウ・キーがタイダルクラッシュに行くものの、田口がかわしてコーナーに激突させ、今度こそどどん。しかし、フォールはロウ・キーがキックアウト。
 さらに田口はどどんの体勢に入るが、ロウ・キーが脱出してタイダルウェイブを発射。だが、田口がかわして再びどどんを狙う。ところが、ロウ・キーが回避し、その場飛びフットスタンプを田口の膝に投下。そして、シャープシューターを極めるが、田口は辛うじてロープエスケープ。
 するとロウ・キーが暴走し、田口の膝のサポーターをずらして中のテーピングをほどき、コーナー最上段へのぼる。だが、田口が起き上がってロウ・キーを追いかけ、コーナー上でどどんを仕掛ける。
 ところが、ロウ・キーが抵抗し、田口はコーナーで逆さづりとなってしまう。すかさずロウ・キーがコーナー最上段からダイビングフットスタンプをさく裂させ、王座を防衛した。
 
 試合後、第1試合に出場した飯伏が登場し、マイクアピールを開始。「アイ・ウォンツ・チャレンジ・ユー! ディス・ベルト・イズ・マイン! ネクスト・チャンピオン・イズ・ミー!」と、ややぎこちない英語で挑戦を表明した。
 これに対してロウ・キーが、「イブシ! ゼンゼンダイジョウブデス!」と日本語で応戦し、大歓声を受ける。そして、「デモ、オマエノケツヲケットバシテヤルカラ! ドウシテ? セカイノセンシデスカラ!!」と続け、完勝を予言した。

コメント
ロウ・キー「今夜、俺がみんなの前で誓ったことを実行してみせた。今夜は、いままでの戦い方とは違っていたろ?『SUPER Jr.』でタグチは俺に勝ったかもしれないが、今夜は、俺が世界ナンバーワンのチャンピオン、戦士ということをあらためて証明してみせた。イブシ、おまえは度胸のある男だな?どうして、100パーセント負けるとわかってる相手にチャレンジできるんだ?俺の勝利の瞬間をブチ壊して挑戦表明するなんて、恐ろしくて普通はできないぜ?おまえが観客の前で、ブザマに負ける姿をファンに見せつけてやる。俺は、おまえのケツを蹴っ飛ばす、準備はできてるんだよ。ドウシテ?アイ・アム・ワン・ワールド・ウォーリアー……。セカイノセンシデスカラ!」
 
田口「あと一歩。勝たなきゃ意味ないからね。勝たなきゃ!勝たなきゃ意味ないんだ。満足してないけど、これで諦めたら、終わりだから。『BEST OF THE SUPER Jr.』優勝したんだから。今、一番同士が闘って、たまたま負けただけ。必ずベルトは今年中に、この腰に巻きます」
  
――ベルトへの挑戦表明でしたが?
飯伏「そうですね、自分は、さっきも言いましたが、負けてベルトを獲られたわけじゃなくて、自分のケガで返上したので、自分にはまだ、チャレンジする資格はあるかなと。あれはまだ、自分のベルトだと思ってるんで」
――欠場してから1年半ぶりに新日本のリングに上がりましたが?
飯伏「『BEST OF THE SUPER Jr.』も、たまに観に行ってたんですど、やっぱ『出たいな』って。自分の入る隙間が徐々に無くなってきたんじゃないかっていう気持ちで、焦ってたましたね。『今日の試合で少しもアピール出来ればいいかな』って思ってたんですけど。それはちょっとまだ実感してないんで。でも絶対、次、ベルト獲りたいんで、受け入れて欲しいですね」
――最高峰といわれるIWGPジュニアのベルトに対して、飯伏選手自身はどういう気持ちを持っている?
飯伏「そうですね、一番はやっぱり、昔から見てたんベルトっていうか、自分が一番欲しかったベルトだったので、一回手にして、負けてもないのに、違う人に行った(渡った)っていうのが、自分の中でまだ、悔いが残って」
――ロウ・キー選手は、かなりパワーで押し込んで来るという印象がありますが?
飯伏「自分はずっとパワートレーニングしてたんで、パワーに関しても、別に負ける感じはしないです。打撃に関しても、負ける気はしないです」
――タイトルマッチが決まれば、一発で決めたい?
飯伏「一発でいきたいですね。気持ちはかなりいってるんで、大丈夫だと思います」
――DDTでもタイトル挑戦が決まってますが?
飯伏「もちろん両方、大丈夫ですよ。全部いきますよ」
――英語はどこで?
飯伏「英語は吹き込まれたんで。大丈夫ですよ、中1ぐらいですか?そのくらいの英語は話せますよ」
――カンペは?
飯伏「必要ないですよ。勝ちます。これって決まってないんですかね?決まってください!決めてください。決まったら勝ちます」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.