新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

NJPW 40th anniversary Tour BEST OF THE SUPER Jr. XIX 〜The door to the glory〜

2012/06/07(木)19:00栃木・栃木県総合文化センターサブホール | 観衆  750人(満員)

第3試合30分1本勝負

「BEST OF THE SUPER Jr.XIX」Aブロック公式戦

[08分41秒]
ガーゴイル→片エビ固め

  • × 外道
  • (2勝5敗=4点)

レフェリー|佐藤健太

試合経過情報

 前日の後楽園ホール大会でオロを下し、ようやく波に乗ってきたロメロが、同じCHAOSの外道と対決。
 
 ロメロがいつものように「フォーエバー!」と叫ぶと、なぜか外道も「フォーエバー!」と叫ぶ。そして、笑顔で握手の手を差し出すと、ロメロは「絶対に騙すなよ!」などと言って警戒。すると、外道は「ブラザー! フレンド!」と言い、ニコニコ顔でさらに握手を求める。これにはロメロも「トモダチ!」と反応し、もう1度「騙すなよ」と念を押した上で握手に応じる。
 ところが、握手の瞬間、2人が同時にトーキックを放って相打ち。これで大モメになってしまうが、気を取り直してもう1度握手。しかし、同時に放ったサミングが相打ちになった。
 ここから一気に試合が動き、ロメロが蹴り脚を取らせてのニールキックで、外道を場外に追いやる。そして、「トモダチジャナイヨ!」と叫んで大歓声を浴びた。
 すると、外道が場外戦を提案し、ロメロも場外へ降りる。ところが、外道が走って逃走し、素早くリングへ飛び込む。そして、遅れて入って来たロメロにトーキックをお見舞い。ここからチョーク攻撃でロメロをいたぶると、マンハッタンドロップ、チンクラッシャー、コンプリートショット、フライングメイヤー、トラースキックと畳み掛ける。
 劣勢のロメロは、カウンターラリアットで逆襲。さらにラリアット2連発で追撃すると、トップロープとセカンドロープのあいだで急停止。思わず近づいて来た外道を場外へ追いやり、トペスイシーダをさく裂させた。
 リングに戻ったロメロは、「フォーエバー」コールを扇動し、連続串刺しラリアットを開始。すると、外道がカウンターフロントキックで逆襲し、自分が「フォーエバー!」と叫びながら連続串刺しラリアットをお返し。だが、ロメロもカウンターフロントキックで迎撃し、変型大外刈りで追撃。
 続いてロメロはスライスブレッドに行くが、外道が回避してスクールボーイ。これをロメロが返すと、首固め、逆さ押さえ込みで勝利を狙う。
 さらに外道は、ロメロのトーキックを受け止め、その脚を振り回して佐藤健太レフェリーに激突させる。そこから急所キックを放つものの、ロメロがブロックして反対に急所キック。そして、今度こそスライスブレッドを成功させると、ガーゴイル(コーナー最上段からのダイビングダブルニードロップ)で決着をつけた。
 
 試合後、ロメロは「ヘイ、外道!  トモダチデナイヨー!」とマイクアピール。さらに、リングサイドの女性ファンと「フォーエバー!」を交互に連呼し、意気揚々と引き上げた。

コメント
ロメロ「ゲドウ! オマエを信用して握手したのに、オマエはキックして、目を狙ってきた。俺もそうしたから、ゴメンサイ! 俺達はまだトモダチだ。CHAOSのブラザーだ。ライガーとタイガーマスクのことは忘れてないぞ。オマエはナンバーワンのターゲットだ。俺はチャンスを獲得する。デイビー・リチャーズが帰って来るか、ロッキー・ロメロが誰か他の新しいヤツを連れてくるかして、俺はIWGP Jr.タッグに挑戦する機会を得る。そして再びチャンピオンになる! ロッキー・ロメロが勝者だ! 永遠に! フォーエバー! エンド・エバー!」
 
※外道はノーコメント
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.