新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

NJPW 40th anniversary Tour BEST OF THE SUPER Jr. XIX 〜The door to the glory〜

2012/06/10(日)18:30東京・後楽園ホール 優勝決定戦〜 | 観衆  2,050人(超満員札止め)

第7試合30分1本勝負

[15分47秒]
ハイフライフロー→片エビ固め

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 6月16日大阪で行なわれるIWGPヘビー級選手権試合・オカダvs棚橋の前哨戦。
 
 後藤対石井の場面。両者のラリアットが何度も相打ちになり、後藤が追走式ラリアット。それでも倒れなかった石井が、追走式ラリアットをお返しし、後藤をなぎ倒した。
 後藤対中邑の場面。後藤が串刺しニールキックを叩き込み、コーナー最上段にのぼる。だが、控えの石井が攻撃を妨害し、後藤をコーナー最上段に固定。すかさず中邑がランニングニーアタックを食らわせ、リバースパワースラムで追撃。
 続いて中邑はボマイェを発射するが、控えの内藤が後藤を踏み台にし、カウンタードロップキックで妨害。しかし、中邑&オカダ&石井がトリプルフロントハイキックを後藤に見舞い、完全に孤立させる。
 その後も長時間のローンバトルを強いられた後藤だったが、牛殺しで中邑に逆襲。すると、オカダと石井がタッチを阻止し、トレイン攻撃を仕掛ける。だが、脱出した後藤が、自分を羽交い絞めにするオカダへ石井のラリアットを誤爆させ、ローリングラリアットで石井を排除。
 内藤対中邑となり、内藤が場外のオカダへスライディングキック。さらに、中邑に蹴り脚を取らせた上で延髄斬りを見舞い、スイングネックブリーカー、低空ドロップキック、スワンダイブミサイルキック、ジャーマンスープレックスホールドと畳み掛ける。対する中邑は、ハンマースルーを切り返して膝蹴りを叩き込み、フェイントからの後ろ回し蹴り、カカト落としに繋いだ。
 内藤対オカダとなり、オカダがドロップキック。しかし、リバースネックブリーカーを回避した内藤が、ジャンピングエルボーアタックで逆襲。ここで棚橋が激しくタッチを求めると、内藤は熟考したあげくにようやくタッチした。
 その棚橋は、フライングフォーアーム、ドラゴンスクリュー、低空ドロップキックでオカダに追撃。そこからコーナー最上段にのぼるが、オカダが追いかけてリバースネックブリーカーで逆襲。続いてのツームストンパイルドライバーは未遂に終わったものの、クロス式ネックブリーカー、ダイビングエルボードロップで追い討ち。次のレインメーカーはかわされるが、フラップジャックで棚橋を叩きつけた。
 棚橋対石井の場面。石井が、パワースラム、雪崩式ブレーンバスター。その後、両軍入り乱れての乱戦となり、リング上は棚橋と石井の一騎打ちとなる。そして、棚橋がスリングブレイドからハイフライフローに行くが、石井がかわしてパワーボムで逆襲。そして、カウンターラリアットからフォールに行くが、カウントは2。
 続いて石井はブレーンバスターを仕掛けるが、棚橋が脱出してダルマ式ジャーマンスープレックスホールド。そして、今度こそハイフライフローで勝負を決めた。
 
 試合後、後藤と中邑が番外戦を繰り広げる中、レッドシューズ海野レフェリーが棚橋の手をあげる。ところが、オカダが背後から襲い掛かり、ツームストンパイルドライバー。さらに、レインメーカーをさく裂させ、棚橋を完全KO!
 すると、セコンドの外道がマイクを握り、「ハッハッハッハー!! ザマーみろ、コノヤロー!! 終わったな! 大阪を前にしてよ、レインメーカーの予測どおりだよ。終わらしてやったぞ、オイ! それでもテメーが出て来るんならよ、『DOMINION(6.16)』で完璧に終わらしてやる! エースでも! チャンピオンでもねぇ! ただのレスラーに戻してやるよ、オイ! 大阪『DOMINION』によ、カネの雨が降るぞ!」と、ボロボロの棚橋を激しく挑発した。

コメント
棚橋「うあああああ!いてえええええ!」
※    セコンドに担がれて控室へ
内藤「くやしいよ!……くやしいし、情けないし、むなしいし。棚橋にタッチにいく何秒間、スゲー迷ったよ。スゲーなやんだ。でも、俺、オカダに負けたらあきらめるって言っちゃったから。……ま、こんな理不尽なね、挑戦権横取りつーか、意義申し立てっつーか。可能性のないようなね、ことを言ったけど、それでも俺を応援してくれたり、今日も『内藤いけ、おまえがいけ!』という声援が聞こえたよ。俺だって、いきたかったよ?でももう……このままじゃ俺、前に進めないんじゃないかと思って。スゲーくやしいけど、引きましたよ。これでね、俺にガッカリしたって人、いっぱいいると思うし。いつまでたっても、俺はファンを裏切ってばかりだけど、それでも俺を応援してくれる人に、おつりがくるような。ただの喜びじゃ表現できないぐらいの大きいものを、いつか恩返ししたいなって。どこに進むかわかんないけど、とりあえず、一歩一歩、前に進んでいきます!」
※後藤はノーコメント
  
中邑「オイ後藤、『吐き出せ』だ?俺に、『吐き出せ』だ?そろそろ吐きたいね。吐きたいんだよ!テメーとやるとな、俺の動きがよ、固くなっちゃうんだよ。ありがた迷惑だぜ。もっとしなやかに、もっとソフトに、絞め殺してやる!」
オカダ「棚橋、言ったよな?大阪を前に、オマエの首、終わらせてやるってな。ただ、オマエの首が終わっただけだよ。『Dominion 6.16』で、オマエも終わる。今日は首だけだ。棚橋弘至という
レスラーを、俺が終わらせてやる」
外道「頑張り屋の棚橋君はよ、出てくんのか?首破壊されても『頑張ります!』って出てくんのかオイ?出てこいコノヤロー!大阪でよ、完膚なきまでに叩き潰してやらぁ!一方的に首破壊してやらぁ!“首破壊ショー”だコノヤロー!」
――棚橋選手に対して、ベルト守るために、首を破壊する以外に作戦はありますか?
オカダ「特にありません」
※石井はノーコメント
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.