新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

NJPW 40th anniversary Tour BEST OF THE SUPER Jr. XIX 〜The door to the glory〜

2012/06/10(日)18:30東京・後楽園ホール 優勝決定戦〜 | 観衆  2,050人(超満員札止め)

第8試合時間無制限1本勝負

BEST OF THE SUPER Jr.XIX 決勝戦

[17分01秒]
ミラノ作どどんスズスロウン→エビ固め

※田口が「BOSJXIX」を制す。

  • × ロウ・キー

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 5月27日『SUPER Jr.』初日の再戦となった決勝戦。田口にとっては、そのときの雪辱戦であり、悲願の初優勝を懸けた大事な一戦。そこへ『SUPER Jr.』出場メンバーが両者のセコンドとして付き、田口のコーナーには同期の後藤も姿を現した。
 
 ゴング直後にロウ・キーが奇襲を仕掛け、逆水平チョップ。田口もチョップを打ち返すが、ロウ・キーが重いチョップでやり返し、ランニングエルボードロップ。
 ロウ・キーの攻勢は続き、カウンターエルボー、バックドロップ、変型キャメルクラッチ、ブレーンバスター、ボディシザース。そして、場外戦に持ち込むと、マットを剥がしてブレーンバスターを狙う。しかし、田口が反対に投げ捨てた。
 リングに戻ると、両者が打撃を打ち合い、ロウ・キーがバックブローで田口をダウンさせる。しかし田口は、串刺し攻撃をかわし、ラリアットでロウ・キーを吹き飛ばす。そして、逆水平チョップ連射から、ロウ・キーの脳天をコーナーに2度ぶつける。さらに、突進をリープフロッグでかわし、またもやコーナーへ激突させた。
 続いて田口は、ドロップキックでロウ・キーを場外へ追いやり、ロープへダッシュ。そして、ロウ・キーの回避行動に合わせ、三角飛びプランチャに移行する。ところが、ロウ・キーがラフプレーで巻き返し、田口をテーブルの上に寝かせてコーナー最上段にのぼる。しかし、いち早く起き上がった田口がロウ・キーを転落させ、どどんでテーブルへ叩きつけた。
 ロウ・キーがカウント19でリングへ戻ると、田口はスリーアミーゴを敢行。3回目のブレーンバスターを阻止されると、前落としに移行する。しかし、ロウ・キーはキックで逆襲し、セカンドロープへもたれかかった田口の背中へダイビングフットスタンプ。そして、キークラッシャーを仕掛けるが、田口が阻止して丸め込み、カニばさみから外道クラッチII。
 だが、ロウ・キーが浴びせ蹴りで巻き返し、キークラッシャー。さらに、コーナー最上段からダイビングフットスタンプを見舞うが、いずれも田口は3カウントをまぬがれる。
 するとロウ・キーは、フェニックススプラッシュを敢行するが、田口がかわして自爆させる。そして、どどんを仕掛けるものの、ロウ・キーの抵抗を受け、タイガースープレックスホールドに移行。さらにどどんを成功させるが、カウントは2。
 だが、大「田口」コールの中、田口がどどんスズスロウンをさく裂させ、ついに初優勝を決めた。

コメント
※デヴィット、タイガー、KUSHIDA、後藤、オロ、PAC、広夢らが集結して田口を祝福。
一同「カンパーーーイ!!」
※田口の目が腫れているため、背中や上半身にビールのシャワー。田口は立ち上がって、全員と握手。ビールを一気に飲み干す田口。
――優勝の感想は?
田口「ちょっとゲップが……(笑)。ゴホン、ハイ。毎年、毎年、海外遠征を抜かして、毎年、『SUPER Jr.』には出させてもらって、いいところまでいきながら、なかなか結果が出なかったんで。今日は、最高にうれしい。最高にうれしいです、ハイ。これ以上の喜びは、ないかもしれないです」
――PAC、ロウ・キーと強敵を撃破したが?
田口「今回のメンバー、どの選手も決勝に残ってもおかしくない、広夢も最後にあれだけのものを見せましたし。その中で、この4人が勝ちあがって。PAC選手はあれだけ凄い動きを見せられて、僕は動きでは魅せられなかったですけど、新日本プロレスで鍛え上げられたものをね、ぶつけて。新日本プロレスの意地というものをみせて、ギリギリの勝ちでしたけど。ロウ・キーはね、初戦でも負けてますし、チャンピオンですし。あのローリングのチョップで、戦意喪失しかけたんですけど……。でもね、昨日、広夢がつなげてくれて。みんながつないでくれた、この決勝進出ですから。この一発で、あきらめてたまるかって。新日本ジュニア、みんながつないでくれたんで。なんかいまになってボーッとしてきました(笑)」
――決勝では、Apollo55対決をしたかった?
田口「ハイ。去年は準決勝で当たってますけど、今回は。違うブロックだったから、やりたかったすけど。ま、ロウ・キーですからね。しょうがないです。でも、準決勝でデヴィちゃんが、ダメージを与えてくれて、そこもやっぱりみんながつないでくれた。だから、Apollo55を背負い、田口隆祐というよりは、新日本ジュニアみんなでつないでもらったっていうものですね。最後、僕には勝利の女神の姿がね、見えました。僕には、シッカリ見えたんで。僕に微笑んでくれました」
――目の状況は?
田口「チョップをくらった瞬間はボワーとしましたけど、血が出ていないんで。見え方がボーッとしてますけど、見えます。二重とかにはなってないんで」
――後藤洋央紀選手もセコンドにつきました。
田口「ハイ!後藤とは同期で、同じ部屋ですごして、1ヶ月だったんすけど、新弟子で練習中に、僕とロックアップした瞬間に肩が外れて、脱臼して。クセがあったみたいなんですけど、それで一回、退団して……。それで、後藤が一回、出ていくときに……、あれ、ちょっとすみません……(涙ぐんで)。僕のせいで……彼のプロレス人生をね、終わらせたら、くやしいなって……(涙を流して)。でも、帰ってきてくれたんでね、彼とは切っても切れない縁で。後藤が試合をするときは、僕がセコンドにつきますし。今日も凄いうれしかったです」
――次は、6.16大阪でジュニアベルトに挑戦したい?
田口「ハイ、ベルトは一回、巻いてますけど。デヴィちゃんがずっと持っていたんで、一歩引いていたところはあったんですけど、いまApollo55ではもってないですし。これからは、欲をドンドン出して、田口隆祐を出していきたいと思います。『SUPER Jr.』は15年越しの、高校生のときに見た夢をようやく叶えたんで。これからは、違う夢をね、追いかけて。それを叶えるために。それは何かっていうのは、胸のうちに秘めておきたいことなんで、ハイ。次の夢に向かって、がんばっていきます。ま、近い目標はまずベルト。今日、勝ちましたんでね。シングルではロウ・キーとは、1勝2敗ですけど。いまの僕なら、獲れる自信があるんで、必ず獲ります!」
 
ロウ・キー「なにか今コメントを出して欲しいって?田口に言いたい。次は叩き潰してやる。ノックアウトしてやる。締め落としてやる。今日の結果は自分にとって悪い結果だった。でも同じ失敗は2度としない。田口、今日だけは喜んでおけ。今日ほどいい日は2度と訪れない。俺はIWGP王者だ。田口、オマエは所詮2番の男だ。俺がチャンピオンなんだから。俺はCHAOSの盟友にかけて誓う。ワタシノキョウダイ。再びこのような事が起こることはない」

  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.