新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

NJPW 40th anniversary Tour BEST OF THE SUPER Jr. XIX 〜The door to the glory〜

2012/06/06(水)18:30東京・後楽園ホール | 観衆  1,900人(満員)

第5試合30分1本勝負

[16分37秒]
レインメーカー→片エビ固め

レフェリー|タイガー服部

試合経過情報

 6月16日大阪で行なわれるIWGPヘビー級選手権試合・オカダvs棚橋の前哨戦。
 
 赤コーナーはオカダの先発がスムーズに決まるが、青コーナーは棚橋と内藤が大モメ。すると、後藤とトンガが内藤を落ち着かせ、棚橋vsオカダで試合が始まる。
 エルボー合戦から棚橋がフライングフォーアームで先制。するとオカダは、打点の高いドロップキックで報復し、石井とスイッチ。しかし棚橋は、場外に降りたオカダへスライディングキックを見舞った。
 後藤対石井の場面。両者の強烈なラリアットが2度相打ちになり、3回目で石井が打ち勝った。その後、トンガ対YOSHI-HASHIとなり、トンガが前後の連続リープフロッグから空手チョップ。さらに、串刺しジャンピングボディアタックを繰り出すが、YOSHI-HASHIがかわしてコーナーへ激突させ、ヘッドハンターで逆襲。
 ここでYOSHI-HASHIがトンガをコーナー最上段に固定し、中邑がボディにランニングニーアタックをお見舞い。さらに、オカダ、石井、中邑の3人がトリプルフロントハイキック、YOSHI-HASHI、オカダ、中邑の3人が合体パワーボムで追撃。これでトンガが完全に孤立し、集中砲火を浴びる展開となる。
 そんな中、トンガはドロップキックで中邑に逆襲。さらに、コーナー最上段に飛び乗り、トルニージョで追い討ちをかける。これでようやくタッチを受けた後藤は、中邑のフロントハイキックをYOSHI-HASHIに誤爆させ、中邑にはローリングラリアット。
 さらに後藤は、両腕ラリアットでオカダと石井を吹き飛ばすと、中邑には串刺しニールキック、バックドロップで追撃。そして、中邑のボマイェをかわして自爆を誘発するが、膝蹴り、かかと落としで逆襲された。
 ここで棚橋と内藤が身を乗り出し、激しくタッチを求める。さらに、内藤が棚橋を突き飛ばして場外へ落とし、強引に後藤とスイッチ。だが、オカダのフラップジャックを浴びてダウン。
 オカダ組のトレイン攻撃となり、中邑の串刺しジャンピングニーアタック、石井の串刺しラリアット、オカダのリバースネックブリーカーが、連続で内藤へさく裂。そして、オカダがDIDで絞り上げるものの、棚橋がカットする。
 するとオカダは、ボディスラム、ダイビングエルボードロップで内藤に追撃。そして、レインメーカーに行くものの、内藤がかわして延髄斬りで反撃。さらに、ミサイルキックをオカダの背中に命中させ、ジャーマンスープレックスホールドで3カウントを迫る。
 ここで内藤はグロリアへ行くが、オカダが切り返してツームストンパイルドライバーの体勢に入る。すると、トンガがドロップキックで内藤の背中を押し、オカダを潰す。そこから両軍の選手が次々に飛び込む乱戦となり、リング上は内藤とオカダの一騎打ちとなる。
 そんな中、内藤がジャンピングエルボーアタック、グロリアと畳み掛け、コーナー最上段にのぼる。ところが、中邑がエプロンからハイキックで妨害。
 それでも内藤はジャンピングエルボーアタックに行くが、オカダがかわしてレインメーカーを狙う。これを内藤が回避すると、オカダはツームストンパイルドライバーで叩きつけ、今度こそレインメーカーで勝負を決めた。
 
 試合後、セコンドの外道がリングに上がり、「オイ! いっちょ上がりだよ! 自称エース(棚橋)がだらしないからよ、本物のエース(オカダ)が黙らせてやったぞ。感謝しろよ、コノヤロー! (※内藤に対し)オイ、サル!! テメー、2度と口開くな、コノヤロー!! (※棚橋に対し)次はテメーだよ、コノヤロー! オメーは、本物には絶対勝てねぇ! 大阪で完璧に終わらせてやるよ! 『DOMINION(6.16)』によ、カネの雨が降るぞ!!」とマイクアピールした。
 しかし、それでも棚橋はオカダと睨み合い、一歩も引かない構えを見せた。

コメント
石井「内藤!終わったな!女々しいヤツは、こういう終わり方すんだよ」
YOSHI-HASHI「オイ内藤!オマエ、『30までにIWGP巻く』って言ってたよな?そんなにな、世の中甘くねぇんだよ!せいぜい苦しめ!ブッ潰してやるよ!」
中邑「タコスは何か言ったのかい? 箸でメシ食う? 俺はそんなもん、聞いてねぇんだよ。テメーは、何が欲しいんだ?! タコス!」
オカダ「棚橋!情けねぇな。オマエ次期挑戦者か?見たろ?“本物”なら一発で黙らせるんだよ!これが、“レベルの違い”ってやつだよ」
外道「わかったか?オイ!チャンピオンの言った通りだ。レベルが違うんだよ!“自称エース”とよ、“本物のエース”との違いがわかったか!レインメーカーこそ本物だよ!プロレス界の中心だよ!『Dominion 6.16』で、テメーを終わらせてやる!」
 
後藤「あせるな、内藤あせるな。20代のうちのIWGP?俺はもう32歳で、6度も挑戦して、そのたび失敗してるんだ。夢ってのはよ、遠ければ、遠いほど、夢があるんだよ。あせるな。俺だって、IWGPのベルト、けして、けしてあきらめたわけじゃねーからな?それと中邑ァ!オイ、テメー、吐き出したいのか?吐き出したくないのか?どっちなんだオラ!」
棚橋「ハァ……。プロレスっていうのは、ホントに残酷だなって。今日、あらためて感じて……。ただ、今回の挑戦者をめぐる内藤の姿勢。向かっていく中での、失敗。それは、何もしない失敗と全然違うから。だから、俺は内藤のことがキライになれないっていうか。ただ、プロレスっていうのは、ホントに楽しんでもらって、喜びを表現して。その一方、残酷なんだなって。ただ!そういう想いも全部振り切って、俺は大阪に行きます!」
※タマ・トンガ、内藤哲也はノーコメント
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.