新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

NJPW 40th anniversary Tour BEST OF THE SUPER Jr. XIX 〜The door to the glory〜

2012/06/06(水)18:30東京・後楽園ホール | 観衆  1,900人(満員)

第6試合30分1本勝負

「BEST OF THE SUPER Jr.XIX」Aブロック公式戦

  • × アンヘル・デ・オロ
  • (4勝3敗=8点)

[10分38秒]
フォーリン・デビル(ダイビングダブルニードロップ)→片エビ固め

レフェリー|マーティー浅見

試合経過情報

 4連勝のあと2連敗のオロが、2勝3敗のロメロと対決。
 
 オロが、リープフロッグ、後転、ロープスプリング、バク宙でロメロを翻ろうし、ヘッドシザースホイップで場外へ追いやる。そして、ロープへ走るものの、ロメロが渡辺をリングへ押し込み、オロを急停止させる。
 そして、リングに戻ったロメロは、オロを場外へ追いやり、トペスイシーダをお見舞い。さらに、「フォーエバー!!」とマイクで連呼しつつ、ストンピングを連射する。
 リングへ戻ったロメロは、オロのマスクを半分ほど剥がしてしまう。そして、得意の連続串刺しラリアットを繰り出すが、オロがカウンターダブルキックで強制終了させる。
 さらにオロは、トップロープを飛び越えてエプロンへ飛び出し、ニールキック、スワンダイブミサイルキック。そして、側転からのノータッチケブラーダを敢行。
 リングに戻ったオロは、ウラカン・ラナ、ロープを利用したスタナー、セカンドロープからのムーンサルトプレスで畳み掛ける。そして、コーナー最上段にのぼるものの、ロメロにロープを揺らされ、転倒してしまう。そしてロメロが、トップロープ上から雪崩式フランケンシュタイナーの大技を敢行。
 さらにロメロは、打撃ラッシュ、スイングDDTで追撃。そこからスライスブレッドを狙うも、オロが回避してトラースキックで反撃。これでロメロが場外に落ちると、コーナー2段目からムーンサルトアタックを見舞う。
 リングに戻り、オロがスワンダイブ攻撃に行くが、ロメロがアッパーカットで妨害。しかし、オロがラリアットをかわし、バッククラッカーを前後で2連発。そして、ハイジャックバックブリーカー式フェースバスターを狙うが、ロメロが脱出してスライスブレッドに行く。しかし、今度はオロが脱出し、スクールボーイ。
 さらにオロは、飛びつき前方回転エビ固めを繰り出すが、ロメロが返して蹴り脚を取らせてのニールキックで逆襲。そして、今度こそスライスブレッドを成功させると、最後はダイビングダブルニードロップでオロを仕留めた。
 
 快勝を収めたロメロは、「コウラクエンホール、ゲンキデスカー! フォーエバー、イチバーン!」とマイクアピール。そして、「俺がもう1回チャンピオンになる!」と宣言すると、「フォーエバー!」「エバー!」を何度も絶叫した。
 

コメント
ロメロ「今日は良い例を示してやった。最後のフィニッシングムーブを見ただろう?あの技は“フォーリン・デビル”だ。今日の対戦相手、アンヘル・デ・オロはとても素晴らしい選手だ。メキシコでずいぶんトレーニングを積んだことがわかる。でも世界で一番なのは俺だ。ライガー、タイガーマスクはもう終わっている。今日の星もこれでイーブンになった。ロメロが強いことは誰もが知っている。ロメロが最強だ。IWGPタッグパートナーは、デイビー・リチャーズでなくても、誰か俺が選んで、タイガー、ライガーと闘って、俺は再びIWGPジュニアタッグのチャンピオンになる!なぜ?ロッキーは“暗闇のトリックスター”だからだ。ロメロは永遠のチャンピオンだ!フォーエバー!エバー!エバー!」
 
オロ「まだ終わったわけじゃない!今日は、80パーセントの力しか出せていない。外国のリングということで、油断してしまっただけだ。あともう1試合、残っているはずだ。アリガトウ!」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.