新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

NJPW 40th anniversary Tour BEST OF THE SUPER Jr. XIX 〜The door to the glory〜

2012/06/03(日)17:00兵庫・明石市立産業交流センター | 観衆  1,560人(超満員札止め)

第2試合30分1本勝負

「BEST OF THE SUPER Jr.XIX」Bブロック公式戦

[08分31秒]
ヘビーキラー2号

レフェリー|佐藤健太

試合経過情報

 1勝3敗同士の対決となったTAKAと邪道のBブロック公式戦。
 
 邪道がショルダータックルを連発して先制するも、TAKAの逆襲に遭ってファイティングポーズを取ったままダウン。これでTAKAのペースとなり、スリーパーホールド、首4の字固め、踏みつけ攻撃に繋げる。
 これに対して邪道は、逆水平チョップで逆襲。すると、TAKAがトーキックで反撃し、佐藤健太レフェリーが邪道とコーナーに挟まれる。それでもかまわずにTAKAが逆水平チョップを連発し、そのたびに佐藤レフェリーが押し潰されてしまう。
 すると、邪道が逆襲して体勢を入れ替え、逆水平チョップを放つたびに「Woooo!」と叫ぶ。これにより、またもや佐藤レフェリーが何度も押し潰されてしまう。ところが、これをさらにTAKAが切り返し、逆水平チョップ連射。やはり、佐藤レフェリーが犠牲になってしまった。
 ここから両者はチョップ合戦を開始。すると、フラフラ状態だった佐藤レフェリーが、ついにダウン。その直後、TAKAもダウンしてしまい、さらに邪道も続いてダウンしてしまった。
 立ち上がった邪道は、ラリアット、ロープに足をかけてのDDT。しかし、TAKAがハンマースルーを切り返し、串刺しニーアタック、ジャンピングハイキックで逆襲。それでも邪道は、ビューティフルスパイクを決める。
 その後、TAKAがジャストフェースロックを仕掛けるが、邪道がすり抜けてクロスフェースオブJADOで逆襲。これをTAKAが逃れようとすると、邪道が体を回転させてポジションを変える。しかし、TAKAがすり抜けて邪道の両腕を取り、ヘビーキラー2号で3カウントを奪った。

コメント
TAKA「ヨッシャ! 邪道、いや秋吉さん(※邪道の本名)! 秋吉さんに、やっと辿り着いた! 世間じゃよ、“レジェンド”とか言われてるけどよ、俺にとっちゃよ、ライガー、邪道、外道、俺にとってはデケーんだ! Jr.の若いヤツがどんどん伸びてきてもよ、レジェンドなんて言わせねぇぞ。俺たちはな、まだまだ死んじゃいねぇんだ。まだまだ行くぞ。今日はとっておきの技だ。秋吉さん倒すためによ、初めて出したぞ! ヘビーキラー2号って言うんだ。ヘビー級でも返せねぇんだ。あえて秋吉さん倒すために、出した技だ。まだまだ、あと何試合かあるよな? こっから全部勝てば、まだ行けんだろ? なんだ? 飛んだり跳ねたりするのが、Jr.か? 大技バンバン出せばJr.か? いいじゃねぇか、飛んだり跳ねたりがJr.だっていうなら、見せてやるよ! そういう闘いを! 言っとくぞ! 俺はな、飛べねぇわけじゃねぇんだよ、飛ばないだけなんだよ。イッツマイ○ァッキン、ビジネス!」
 
邪道「何敗目だ? 4敗目だよ。まだまだこっからだ」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.