新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

NEVER.9 〜ROAD TO THE SUPER Jr.2DAYS TOURNAMENT Final〜

2012/04/15(日)12:30東京・新木場1st RING | 観衆  250人(満員)

第6試合無制限1本勝負

「ROAD TO THE SUPER Jr. 2DAYS TOURNAMENT」決勝戦

  • × 円華

[09分56秒]
BTドライバー→片エビ固め

※ブラック・タイガーがベスト・オブ・ザ・スーパーJr.XIXに出場決定。

  • ○ ブラック・タイガー

レフェリー|佐藤健太

試合経過情報

 『BEST OF THE SUPER Jr.XIX』(5月27日〜6月10日)出場権を懸けた「LORD TO THE SUPER Jr. 2DAYS TOURNAMENT」の決勝戦。
 
 円華が先制攻撃を仕掛け、ドロップキック、首固め。そして、ブラックを場外へ追い込み、ラ・ケブラーダで追い討ちをかける。
 しかし、ブラックは膝への低空ドロップキックで逆襲。そこからロープを悪用した脚折り攻撃、足4の字固め、踏みつけ攻撃、低空ドロップキック、レッグロック、膝十字固め、ドラゴンスクリューなどを繰り出し、円華の膝に集中攻撃をくわえる。
 追い詰められた円華は、串刺し攻撃を回避してパンチを連発し、串刺しラリアット2連発、ミサイルキック。そして、コーナー最上段からダイビングボディプレスを敢行するが、ブラックが両膝を立ててガード。
 すると、円華は逆さ押さえ込みに行くが、阻止されてネックブリーカーに移行。そして、今度こそダイビングボディアタックを成功させると、ラ・マヒストラルで3カウントを狙う。
 だが、跳ね返したブラックが、シャイニングウィザードで逆襲。最後は、BTドライバーで決着をつけた。
 
 試合後、TAKAとタイチが現われ、『SUPER Jr.』へ出場することになったブラックを祝福。するとブラックは、手渡された鈴木軍Tシャツを迷うことなく着用。そして、タイチが「鈴木軍イチバーン!」とマイクアピールした。

コメント
タイチ「オイ、おまえら、ちゃんとスペイン語で聞けよ? 日本語わかんねーだろ?」
TAKA「ちゃんと聞けよ!」
ブラック「……しゃべれるよ、オイ!」
TAKA&タイチ「おおーーっ!?」
ブラック「なんか聞きてーことあるか、オラ? 中身知りてーんだろテメーコラ? 俺はブラック・タイガーだからな! テメーらが思っているのとは違うぞ? 俺は新しいブラック・タイガーだからな。オイ、予選獲ったぞ? 新日本のヤツ、一人もいねーな? いい調整になったわ、ブランクがあるからな! 相棒!」
TAKA「おお、相棒!」
ブラック「スズキグン? スズキサン? タカヤマサン? ミスター・ランス? タイチサン、そしてヨシダ! 合流するぞ! ボスは知ってるからな! ボスとは古い……」
タイチ「大丈夫か、オイ?」
ブラック「……今日はここまでだ! 『SUPER Jr.』かき回してやるからな! オイ、フロックじゃねーぞ? 新しいブラック・タイガーだからな。中身誰ですか、なんて聞いてみろ、東スポ? ぶっとばすからな!」
タイチ「ククク。ためしに聞いてみろ!」
ブラック「ビビッてんじゃねーぞ!」 
 
円華「もうダメですね。全然ダメですね。期待感もあったもんじゃないし。こんなんで負けてるようじゃ、もうダメですね。なにも言えることないっす。ダメです!」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.