新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

NJPW 40th anniversary Tour NEW JAPAN CUP 2012

2012/04/04(水)18:30茨城・ひたちなか市松戸体育館 | 観衆  800人

第5試合30分1本勝負

[16分10秒]
アーチャーのダークデイズ→体固め

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 激しい抗争を続けている真壁&永田と鈴木軍が、8人タッグマッチで対決。翌日の後楽園ホール大会で行なわれる『NEW JAPAN CUP』2回戦・真壁vs鈴木の前哨戦でもある。
 
 その両者の先発で試合が始まり、いきなり激しいチョップ合戦となる。そこから鈴木が連打で押し込み、フロントハイキックで追撃。すると、真壁もショルダータックルでやり返すが、鈴木がすぐに立ち上がり、もう1発フロントハイキックを見舞った。
 永田対アーチャーの場面。永田がフロントハイキックを前転でかわし、フェイントから膝への低空ドロップキック。しかし、アーチャーはすぐにラリアットでやり返し、高らかに笑った。
 田口対TAKAの場面。田口が、ドロップダウンとリープフロッグでTAKAを翻ろうし、高速回転ヘッドシザースホイップ。さらに、乱入したタイチにも同じ技を試みるが、阻止されてしまう。
 だが、KUSHIDAが飛び込み、田口と2人同時にドロップキックを発射。これでTAKAとタイチが場外に落ち、KUSHIDAがプランチャでTAKAに追撃。
 続いて田口がロープへ走るが、タイチが場外から足を引っ張って妨害。たちまち両軍入り乱れての場外戦となり、鈴木軍が田口の捕獲に成功する。
 そのまま長時間のローンバトルを強いられた田口だったが、アーチャーの雪崩式ブレーンバスターを阻止して、ミサイルキックで逆襲。それでもアーチャーが倒れずにいると、ラリアットかわし、膝に低空ドロップキックを食らわせた。
 これでようやく出番となった真壁は、アーチャーのショートレンジラリアットをかわし、パンチ連射、串刺しラリアット2連発、頭部へのパンチ連射。だが、アーチャーはノーザンライトスープレックスを回避し、トーキック、ラリアットで逆襲。
 真壁対鈴木となり、鈴木が串刺しフロントハイキック、ランニングローキック2連発、フェイントからのローキック。しかし、真壁は左のラリアットで反撃。
 永田対タイチの場面。鈴木軍がトレイン攻撃を敢行し、さらにアーチャーがバックドロップで追撃。そして、タイチが側頭部へのキックからフォールに行くが、KUSHIDAがカット。すると、タイチは敬礼を決めてからブレーンバスターを狙うが、永田が阻止して反対に投げ捨てた。
 KUSHIDA対タイチの場面。真壁組のトレイン攻撃となり、KUSHIDAの串刺しダブルニーアタック、田口の串刺しジャンピングエルボー、真壁の串刺しラリアット、永田のカウンタートーキックが連続でさく裂。そして、KUSHIDAがコーナー最上段から空中胴締め落としを繰り出すが、カウントは2。
 続いてKUSHIDAはバズソーキックを放つが、タイチがかわして顔面攻撃で反撃。そして、ショートタイツ姿に変身するが、KUSHIDAがカウンターエルボーで迎撃し、延髄斬り、9469で逆襲。さらにKUSHIDAは、カットに入ったTAKAをハンドスプリングエルボーで蹴散らすと、タイチにはムーンサルトプレスを見舞う。
 ところが、その直後に鈴木が乱入し、KUSHIDAに背後からスリーパーホールド。そして、アーチャーがダークデイズでKUSHIDAを叩きつけると、鈴木がタイチを放り投げ、強引に3カウントを獲らせた。
 
 試合後、鈴木は永田を蹴散らし、TAKAたちと鈴木軍フラッグを誇示した。

コメント
鈴木「茨城の田舎モンが! ちょっと横文字入ると歌も唄えねぇのか、コイツら。オイ、こんな弱いヤツ(タイチ)に負けてんじゃねぇよ、バカじゃねぇの? オマエら?! 正義だ、正しいだ、キングコングだよ、エラそうなことヌカして、こんなヤツにも勝てねぇんだぜ? オマエら喋る資格ナシ! 明日、真壁は、どこヘシ折ってほしい? 腕か? 足か? 首か? テメーのチェーンごと、リングにブッ刺してやるからよ! どこがいいかな? 足かな? 手かな? それともテメーの首か? コノヤロー!」
アーチャー「俺は『NEW JAPAN CUP』の闘いはもうない。でも、新日本プロレスでいつでもすぐに闘う準備が出来ている。これからも、この先も、俺は恐れられるべき存在だ! 戻ってきて、皆殺しだ!」
TAKA「見たか、オイ! 牧(タイチの本名)が勝ったぞ!」
タイチ「新兵器! “ローフライフロー”。どうだ?」
TAKA「ハハハ! 低いな! 低いな、オイ!」
タイチ「ダークデイズじゃねぇぞ! フ ィニッシュ、間違んなよ。俺のローフライフローだぞ」
TAKA「低空だぞ、低空」
タイチ「意味わかるか? あの棚橋みたいによ、俺は高く飛ぶ必要ねぇんだよ。俺のは低くても決まるんだよ」
TAKA「勝率100%だぞ、今まで」
タイチ「あれで負けた時はねぇんだよ、俺のローフライフローが出た時は。誰も返せねぇんだよ、どうだ? 効くだろ、KUSHIDA。こんな俺に負けてるようじゃ、予選会からやり直したほうがいいんじゃねぇか? オマエは本戦出る資格ねぇよ。俺に何回負けてるんだ? 俺のローフライフローで。やり直せ、やり直せ。高橋(広)とか渡辺と一緒にやり直せ」
TAKA「したっ!」
 
真壁「オイ! 今日の貸しはよ、しっかり返してやる、明日! 楽しみだろ、テメーら?! 俺も楽しみなんだよ、コノヤロー! ただじゃ済ませねぇぞ! 冗談じゃねぇ!」
※永田、KUSHIDAはノーコメント
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.