新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

NJPW 40th anniversary 旗揚げ記念日

2012/03/04(日)18:30東京・後楽園ホール | 観衆  2,040人(超満員札止め)

第7試合60分1本勝負

IWGPヘビー級選手権試合

[28分50秒]
レインメーカー→片エビ固め

※オカダ・カズチカが初防衛に成功。

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 2月12日大阪で棚橋を破り、IWGPヘビー級王者となったオカダの初防衛戦。その相手は、かつて新日本の道場で同部屋だったという内藤。
 
 新日本プロレスの旗揚げ40周年にちなみ、田中ケロこと田中秀和リングアナウンサーが登場。「40年目のテッペンは生え抜きの俺が獲る!」と言って内藤、「今日は“新日本プロレス・レインメーカー記念日”!」と言ってオカダを呼び込んだ。そして、オカダが入場する際には、紙幣(※オカダの顔が入ったドル紙幣を模した物)の雨が降りそそぐド派手な演出が行なわれた。
 続いて、田中リングアナが、「新日本プロレス、40年目のメインイベント。締めるはこの闘い。この若き力で新たな伝説と歴史を作る。いざ勝負! 新日ロード、魂のタイトルマッチ・IWGPヘビー級選手権試合60分1本勝負を行ないます!」という前口上のあと、力強く両選手をコール。場内のムードが最高潮に達した。
 
 大「内藤」コールの中でゴングが鳴り、直後に「オカダ」コールも起きる。そこからグラウンドで互角の勝負が展開されると、またもや両者へ大きなコールが送られた。
 再びグラウンドの攻防となり、そこからオカダがショルダータックル。そして、レインメーカーポーズでアピールする。だが、内藤がカウンター低空ドロップキックで流れを変え、ランニングサンセットフリップ、リバースインディアンデスロック。しかし、オカダはフロントハイキックで内藤の動きを止め、ツームストンパイルドライバーで逆転。
 これで場外戦となり、オカダが鉄柵を悪用して内藤の首を攻撃。そしてリングに戻ると、ジャベ、ネックロック、ドロップキック、セントーンなどで畳み掛ける。
 さらにオカダはエルボードロップに行くが、内藤がかわして自爆を誘発。そして、エプロンに飛び出して水面蹴りでオカダを倒すと、その膝にミサイルキックを食らわせた。
 続いて内藤は、スライディングキックでオカダを鉄柵へ叩きつけ、場外でニークラッシャー。さらに、助走をつけたドロップキックでオカダを鉄柵の外まで吹き飛ばす。
 リングに戻っても内藤の攻撃は続き、ニークラッシャー、低空ドロップキック、変型足4の字固め。すると、「オカダ」コールが起こり、オカダはロープエスケープ。
 劣勢のオカダは、低空ドロップキックをかわして突破口を開き、コーナー最上段へ座った内藤をドロップキックで場外に叩き落とす。そして、場外ツームストンパイルドライバーで追撃すると、リング上ではDDT、DID、ボディスラム、ダイビングエルボードロップ。さらに、レインメーカーを狙うが、内藤がかわして脚に絡みつき、変型膝固めでギブアップ寸前まで追い込んだ。
 大「内藤」コールの中、内藤はニークラッシャー、膝へのトーキックで追撃。すると、オカダがエルボー連打で逆襲するが、内藤はジャンピングエルボーアタックでお返し。さらに、延髄斬り、脚を取らせてのバックスピンキック、ジャーマンスープレックスホールド、雪崩式フランケンシュタイナー、ドラゴンスープレックスと、大技攻勢を仕掛ける。しかし、オカダは決して3カウントを許さない。
 25分が経過し、内藤がエボルシオンからスターダストプレスに行くが、オカダがかわして自爆させる。ここで両者が同時に走り、内藤がカウンター低空ドロップキック。だが、オカダは串刺し攻撃をフロントハイキックで迎撃。そして、突進を受け止めて内藤を持ち上げ、リバースネックブリーカーで逆襲。
 さらにオカダは、ヘビーレイン(変型デスバレーボム)で追い討ちをかけ、レインメーカーを狙う。すると、内藤が回避してポルボ・デ・エストレージャで丸め込むが、返したオカダがなおもバックに回ってレインメーカーに行く。
 これを内藤が切り返すと、オカダはジャーマンスープレックス。すると、内藤がバク宙で着地してジャンピングエルボーアタックを繰り出すがが、オカダがかわしてバックを取り、今度こそレインメーカーで決着をつけた。

コメント
※外道がカネの雨(オカダ札)を降らせながら
外道「異名どおりよお、オイ! カネの雨、振りっぱなしだなあ、オイ! ああ? オカダが帰ってきてからよ〜、オイ、新日本プロレス、カネの雨、振りっぱなしだ、オイ! ほかのヤツらによお、カネの雨、降らすことはできねーんだ! オイ、言ったとおりだ、オイ! コイツが帰ってきたとたんだよ。カネの雨が降ってるよ、オイ! オーサカ! 今日! ソールドアウトだよ! チケットは一枚もねーぞ、オイ! ああ? カネの雨が降ったなぁ、チャンプ!!」
オカダ「次、誰が来るんだ? 誰が? 今日、新日本プロレス、大・先・輩・方! みんな俺の試合観て、勉強してたみたいだな? ちょっとは強くなって? いいよ、勉強したら、必ず伸びる。俺が言ってる。勉強した子は伸びるんだ(ニヤリ)。もっともっと勉強して大先輩方、この俺に挑んでこい!!」
  
内藤「言葉はないッスよ」
――なにか思うことがあれば教えてください。
内藤「俺は入門テストから這い上がってきて、なんの期待もかけられずに、ここまで来たよ。それでも、40周年の記念大会のメインイベントに、たどり着けたっていうのは、俺の中で、スゲー自信になるし、これ以上ない。これを誇りに思って、俺はこれから生きていけるんじゃないかってくらい、ここに立てたことをスゲー嬉しく思ってますよ。でも俺は、『器が小さい』って言われるかもしれないよ。『考えが古臭い』って、『昭和みてぇな考えだ』って言われるかもしれないよ。でも俺は、“新日本プロレス”にこだわり、プライドを持ってるんで。誰になんと言われようと、俺は、“生え抜き”としてのプライド、常に持ってリングに上がってるんで。そのことに関して、器が小さいとかなんだ、言われる筋合いはないんでね。ただそういう意味で、約束した大阪のお客さんも裏切り、今日来てくれたお客さんも裏切り、もうね、どういう顔して試合すればいいのか、俺はわかんないよ、もう」
――まだ先のことは考えられない?
内藤「ここ(自分の腰)にベルトがあるもんだと思ってたからね、試合が終わったら。別にオカダに文句つける気はないんで。普通に負けた。俺は負けた。“生え抜き”じゃないオカダに。負けた。それはしっかり、現実受け止めますよ」
 
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.