新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

NJPW 40th anniversary Tour NEW JAPAN ISM 2012

2012/02/05(日)16:00岐阜・岐阜産業会館 | 観衆  1,700人(満員)

第7試合30分1本勝負

[17分26秒]
ハイフライフロー→片エビ固め

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 2月12日大阪で行なわれるIWGPヘビー戦・棚橋vsオカダ、IWGPインターコンチネンタル戦・田中vs後藤、シングルマッチ・内藤vs中邑、タッグマッチ・本間&ファレvs高橋&YOSHI-HASHIの“四重”前哨戦。
 
 試合開始前、地元・岐阜県大垣市出身の棚橋に対し、岐阜市柳ケ瀬商店街のマスコットキャラクター“やなな”たちが、激励の花束が贈呈した。
 
 また、岐阜市議会議員の石川宗一郎氏も棚橋へ花束を贈呈。石川氏は、棚橋の立命館大学時代の先輩でもある。
 
 そんな中、試合は棚橋とオカダの先発でスタート。オカダがショルダータックルで棚橋を倒して両手を広げるが、場内からはブーイングが飛ぶ。その直後、棚橋が串刺し攻撃をバックエルボーで阻止し、コーナー2段目からのフライングボディアタックでやり返した。
  内藤対中邑の場面。内藤がミドルキックをキャッチし、ランニングサンセットフリップを繰り出す。これは中邑がかわしたものの、内藤はすぐにドロップキックをお見舞い。そこから2人は額を突き合わせ、乱闘寸前で睨み合った。
 本間対高橋の場面。本間が持ち前の打たれ強さを見せて攻め込むものの、田中が介入して場外から竹刀攻撃。たちまち両軍入り乱れての場外乱闘となり、オカダが棚橋を襲撃。そして、本間は深手を負い、完全に動きが止まってしまう。
 中邑がコーナー最上段の本間へランニングニーアタックを食らわせると、オカダはドロップキックで追撃。さらに、田中がジャンピングエルボー、ラリアットで続く。そこからトレイン攻撃となり、高橋の串刺しフロントハイキック、中邑の串刺しジャンピングニー、オカダの串刺しバックエルボー、田中の串刺しラリアットが連続で本間へ炸裂。
 しかし本間は、驚異的な粘りでフォールをキックアウト。そして、ブレーンバスターを仕掛けた田中を反対に投げ飛ばし、ようやく脱出に成功。
 替わった後藤は、田中に串刺しニールキック、バックドロップ、PK、ジャーマンスープレックスホールドで追撃。しかし、続いての昇天は田中が回避。すると、中邑がリングへ乱入するものの、内藤がジャンピングエルボーアタックで迎撃。その直後、後藤と田中のラリアットが3回相打ちになり、後藤がカウンターニールキックをお見舞い。そして、再び昇天の体勢に入るものの、田中がブレーンバスターに切り返した。
 棚橋対オカダの場面。棚橋のフライングフォーアームに対し、オカダはフロントハイキックで報復。続いて場外へ落とされそうになった棚橋だったが、逆上がりで帰還してスリングブレイドに行く。しかし、オカダがかわしてリバースネックブリーカー。
 15分が経過し、オカダがダイビングエルボードロップで棚橋に追い討ちをかけ、レインメーカーを狙う。だが、今度は棚橋がかわし、スリングブレイドでオカダをダウンさせた。
 棚橋対高橋の場面。高橋がインカレスラム、ブッコ抜きジャーマンスープレックスホールドで猛攻。そして、東京ピンプスを仕掛けるものの、後藤がラリアットで妨害。ここで両軍の選手が次々とリングに入る混戦となり、そこから棚橋が高橋へダルマ式ジャーマンスープレックスホールド。
 すると、本間がコーナー最上段からのこけしで高橋に追い討ちをかけ、最後は棚橋のハイフライフローが炸裂。2・12大阪の前哨戦で、ついに初勝利をあげた。

 試合後、棚橋はオカダを追い払い、仲間たちと一緒にファンの大歓声に応える。そして、「岐阜にーーー!! キターーーッ!!」と絶叫し、「皆さん、ただいま」と地元のファンに挨拶。さらに「チャンピオンとして帰ってこれて、そして(試合に)勝てて、スゲェうれしいです。ありがとうございました。まあ、当然ですけど、次の岐阜大会もチャンピオンとして帰って来ます! 約束します!」と力強く言い切った。
 
 続いて棚橋は、久々に3回のエアギターを敢行。2回目の演奏でギターを壊し、3回目の演奏の際にはリングサイドのファンからギターを(エアで)受け取っていた。
 そして最後は「岐阜の皆さーーん!! 愛してまーーす!!」という叫びで、凱旋興行を締めくくった。

コメント

後藤「今日も最高の勝利だな! ここ岐阜は俺のデビュー戦の地でもある。俺の原点の地だ。原点に戻って、12日大阪、必ず(IWGPインターコンチネンタル)チャンピオンになる! 俺の新しい、そこからが始まりだ。本間さん、ありがとうございました(と言って本間と握手)」
本間「ありがとうございました。昨日、裕二郎、俺になんて言った? 『下品な顔して、よく恥ずかしくないな』!? オイ! 俺のお父さんとお母さんに失礼だろ、コノヤロー! オマエ、イケメンかもしんねぇけど、本当のイケメンってよ、棚橋、内藤、そして後藤! こういう男のことを言うんだよ! 『NEVER.8』(2/10大阪)のシングルマッチで、オマエのイケメン、ブッ潰してやっかんな!」
後藤「本間さん、顔のことなんか、気にしなくていいッスよ。一番大事なのは、全部ここですよ(と胸を指差す)。ここが良ければ全てはオッケーですよ、本間さん」
本間「大阪! 田中から勝つのはこの男だ!」
後藤「絶対勝ちますから、本間さん、見ててくださいよ。本間さんの気持ちを背負って闘いますからね!」
本間「でも、俺の心はいまだに揺れてるよ。洋央紀には絶対勝ってもらいたいし、勝ってもらわなきゃ困る。でも、田中からベルト獲るのは俺だと思ってるから」
棚橋「ヨシ! 今日から反撃! 今日から反撃開始して、あと1試合。富山、前哨戦振り切って、全部この勢いを取り戻して、気持ち的には五分以上。もう言ったら『レインメーカー?! 知らねぇな』。俺の眼中にあるのは、もっと先の未来だからな。とにかく、岐阜のこの地で勝ててホントよかったです。ありがとうございました。本当に嬉しいッスね、岐阜で勝ててね」
※内藤はノーコメント
 
田中「俺の前で1回勝ったからって、なにえばってんねん、オマエ! オマエが決めるわけじゃねぇんだろうが! いつまでカッコつけとるんじゃ、ボケ!」
オカダ「棚橋、よかったな! オマエの地元でな、最後のチャンピオン姿見せれて。これが最後だ。俺も燃えてきたぞ! まだまだこれからだ、タイトルマッチ! 俺の腰にベルトがくることは決まってるんだ。楽しくなってきたな! オイ、棚橋」
外道「こうじゃねぇと面白くねぇよな! 一歩くらい譲ってやるよ! 本番ではよ、テメーの勝利はまずねぇぞ! 大阪に、カネの雨が降るぞ、オイ!」
中邑「オイオイオイ! 暗いよ。いた? また、またいねぇかと思ったぞ、内藤! 顔見りゃ『かまってくれ、かまってくれ』。オイオイオイオイ、相手してやってんだろ?!  試合も組まれてる。燃えさせろよ! いつも同じことばっかしやがって。足りねぇんじゃねぇのか?」
※高橋はノーコメント

  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.