新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

NJPW 40th anniversary Tour NEW JAPAN ISM 2012

2012/01/30(月)19:00千葉・千葉ポートアリーナ・サブアリーナ | 観衆  700人(満員)

第7試合30分1本勝負

[16分10秒]
レインメーカー→片エビ固め

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 2月12日大阪で行なわれるIWGPヘビー戦・棚橋vsオカダ、IWGPインターコンチネンタル戦・田中vs後藤、スペシャルシングルマッチ・内藤vs中邑、タッグマッチ・本間&ファレvs高橋&YOSHI-HASHIの“四重”前哨戦。
 
 棚橋とオカダの先発で試合がスタート。オカダがショルダータックルで先制すると、棚橋はコーナー2段目からのフライングボディアタックでお返し。
 本間対高橋の場面。エルボー合戦のあと、本間が、追走式バックエルボー、ラリアットで競り勝つ。
 後藤対田中の場面。ショルダータックル合戦が互角となり、両者は舌戦を繰り広げながら交替。内藤対中邑になり、内藤がランニングサンセットフリップなどの得意技を連発。しかし、中邑が後ろ回し蹴りで逆襲。続いて放ったボマイェはかわされたものの、内藤をコーナー最上段に固定し、ボディへランニングニーアタックを食らわせる。
 これをきっかけに、中邑組が内藤の捕獲に成功。そのまま逃がすことなく、集中砲火を浴びせて行く。
 中邑の打撃、高橋の逆水平チョップ、アバランシュホールド、オカダのバックブリーカー、低空ドロップキック、田中のジャンピングエルボーなどを浴び続けた内藤だったが、田中にジャンピングエルボーアタックで逆襲。
 替わった後藤は、高橋を串刺しニールキックで蹴散らし、田中にはバックドロップ、PK、ジャーマンスープレックスホールドで追撃。そして、昇天の体勢に入るものの、田中が脱出して串刺しラリアットで反撃。すると、後藤はカウンターラリアットでやり返すが、田中はすぐにブレーンバスターで報復した。
 棚橋対オカダの場面。棚橋が、ボディブロー連射、フライングフォーアーム。そこからエルボースマッシュ合戦を挟み、棚橋がドラゴンスクリュー、スリングブレイド。
 続いて棚橋はコーナー最上段にのぼるが、高橋が脚を掴んでハイフライフローを妨害。起き上がったオカダが、変型リバースゴリースペシャルボムで逆襲。続いてのレインメーカーはかわされたものの、フロントハイキックからツームストンパイルドライバーの体勢に入る。だが、内藤が水面蹴りで阻止。
 本間対オカダとなり、本間がミサイルキックで先制。そして、内藤が両膝にオカダを寝かせ、本間が小こけしを見舞う。このチャンスに本間はコーナー最上段からこけしを敢行。しかし、オカダがかわして自爆を誘い、中邑組がトレイン攻撃を展開する。
 さらに、オカダがダイビングエルボードロップで本間に追い討ちをかけ、最後はレインメーカーでトドメを刺した。

コメント
中邑「(※2/12大阪の内藤とのシングル戦について)オイオイオイオイ! せっかく組ませてやったんだろ? もっと燃えるようなシチュエーション作ってくれよ。遊びにもなんねぇぜ! 前回遊んでやったけどな。今回、もうちょっと楽しませてくれよ」
田中「どんなに頑張ってもよ、どんなに頑張っても、オマエ(後藤)は“善戦マン”で終わるんじゃ! この(IWGP IC)ベルトはな、オマエには似合わへん。オマエはずっと、善戦だけしてればいいんだよ。俺がオマエに負けるわけがないんじゃ! 甘ちょろいぞ、ボケ!」
外道「(棚橋は)ついに終わったな! 昨日、今日、首にテーピングが見えるぞ! あんなカスが(IWGP)チャンピオンか? 笑わすな、コノヤロー!テメーはよ、去年までだよ! これからはよ、“レインメーカー”だよ!」
オカダ「この俺が、新日本プロレス、引っ張っていくからな。あんな『首痛いです』? せめて勝ってくれよ! 物足りない! タイトルマッチ、楽しみたいからな。以上だ」
※高橋はノーコメント
 
内藤「(※中邑について)もう大阪で、シングル決まったんで。(中邑は)文句あるのかもしんないけど、内藤対中邑が組まれた不満であったり、俺につきまとわれる不満であったり、その辺を全部、大阪でぶつけてくれよ! 俺が普通以下の人間だったら、速攻で勝てるでしょ?! その全部、大阪でぶつけてこいって。俺が受け止めてやっから、中邑! あとは、本気モードの中邑で来てもらう。俺がそこまで火つけてやるよ、中邑。テメーで動かねぇんだ。決められたことに文句言ってんじゃねぇよ! 文句があんだったら、自分の口で言えよ! いつまでもスカしてんじゃねぇよ」
後藤「またやられた。田中将斗、またやられた。でも、俺はしっかり見たよ、本間さん! 昨日(後楽園ホール大会)、助けに来てくれましたよね?」
本間「中途半端で悪かったな」
後藤「せっかく助けに来てもらったのに、またやられた。ホント申し訳ないッス」
本間「でも後藤、オマエはやればできる子だ。絶対、大阪ではオマエが勝つ!」
後藤「メチャメチャ悔しいッスよ! 本間さん! 田中将斗に勝ちたいッスよ、本間さん!」
本間「イケんだろ?! オマエなら!」
後藤「俺の気持ちを一番よくわかんのは、本間さん、あなたですよね?」
本間「俺だって勝ちてぇよ。そうだよ、よくわかってるよ」
後藤「12日大阪、俺のセコンドに付いてくれませんか? 一緒に闘いませんか? 一緒に闘って、アイツ目にモノ言わせてやりましょうよ」
本間「それは」
後藤「あ! 答えはまだここで聞かなくてもいいッスよ。とにかく、とにかく田中将斗、12日、俺が必ず勝つ! バカだろうが、なに言われてようが、いいよ。頑張ってる人間が勝たないよ、嘘だろ?」
本間「答えはいいらしいから……」
※棚橋はノーコメント
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.