新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

NEW JAPAN ALIVE 2011

2011/12/04(日)16:00愛知・愛知県体育館 | 観衆  8,000人(満員)

第6試合60分1本勝負

IWGPジュニアヘビー級選手権試合

[12分16秒]
ブラディサンデー→片エビ固め

※デヴィットが2度目の防衛に成功。

  • × デイビー・リチャーズ

レフェリー|マーティー浅見

試合経過情報

 第62代IWGP Jr.ヘビー級王者・デヴィット、2度目の防衛戦。デヴィットのセコンドには田口、リチャーズのセコンドにはロメロがついた。
 
 立ち上がり、リチャーズがキック攻撃で先制。しかし、デヴィットがドロップキックでリチャーズを場外に落とし、ノータッチトペコンヒーロをお見舞い。
 しかしリチャーズは、エプロン上でのバックドロップでデヴィットに大ダメージを負わせ、トペスイシーダで追撃。
 リチャーズは、コーナー付近でデヴィットにストンピングの雨を降らせ、カウンターハイキックで追撃。しかし、デヴィットが追走式ドロップキックで反撃し、場外へ転落寸前となったリチャーズの脚をコーナーの金具で固定。そして、そのまま動けないリチャーズめがけ、ダイビングフットスタンプを投下した。
 リングに戻ったデヴィットは、ミサイルキック、串刺し低空ドロップキック、ブレーンバスターで追い討ち。そして、ドリームキャストを発射するものの、リチャーズが一瞬早くハイキックをヒットさせ、串刺しジャンピングエルボー、ミドルキック連射で逆襲。
 さらにリチャーズは、カウンターラリアット、ジャーマンスープレックスホールド、ジャーマンスープレックスホイップ、スピンキックで追撃。続いてのパワーボムは回避されたものの、ローリングソバット、張り手、ラリアットに繋げる。
 しかし、それでもすぐに立ち上がったデヴィットが、ラリアットを相打ちに持ち込み、さらにショートレンジラリアットでなぎ倒す。そして、リバースブラディサンデーの大技を敢行。
 続いてデヴィットは、正調ブラディサンデーの体勢に入る。しかし、リチャーズが阻止してデヴィットをコーナー最上段に乗せ、ハイキックをお見舞い。そして、トップロープからの雪崩式ブレーンバスターで叩きつけると、そのままクラッチを離さずに垂直落下式ブレーンバスター。さらに、パワーボムで3カウント迫るものの、デヴィットが辛うじてクリア。
 するとリチャーズは、エプロン上でパワーボムを仕掛ける。だが、デヴィットが延髄斬りで逆襲し、エプロン上でブラディサンデーを敢行。さらに、リチャーズをリングへ押し込んでダイビングフットスタンプで追撃すると、最後は正調ブラディサンデーで決着をつけた。
 
 試合後、IWGP Jr.タッグベルトを巻いたロメロがデヴィットに詰め寄り、対戦をアピール。怒った田口が割って入り、2対2の対戦をアピールした。

コメント
デヴィット「これで今日の戦争は終わった。今日は、いい試合が出来たと思う。次は、いよいよNRCの持っているIWGP Jr.タッグベルトを取り戻すときだ。ロッキー・ロメロの『フォーエバー、フォーエバー…』とうるさい口を止めてやるよ。いいか?このIWGPジュニア・シングルベルトだって、『エニイタイム、エニイタイム、エニイ・フ○ッキン、タイム!』いつでも挑戦を受けてやる。だが、まずはApollo55がIWGP Jr.タッグベルトをデイビー&ロッキーから、取り戻すこと。その舞台は、東京ドームだっていいよ!」
 
リチャーズ「3回目だ。次は、3回目、IWGPジュニアにもう1回挑戦する」(と言って控室へ)
ロメロ「プリンス・デビット!今夜デイビー・リチャーズが挑戦したけど、オマエは決して、またチャンピオンになることはない。俺はオマエのIWGPジュニアが欲しい。俺は再度チャンピオンになる!オマエのやりたいところ、後楽園ホールでも、いつでも、どこでもいい。オマエはNRCのチャレンジャーになりたいだろ?この(IWGPジュニアタッグ)タイトルの。何回でも、俺はニカイチャンピオンになりたい!2つのチャンピオン!2つのベルト!フォーエバー!フォーエバー!フォーエバー!エンド・エバー!」

  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.