新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

POWER STRUGGLE

2011/11/12(土)18:00大阪・大阪府立体育会館 | 観衆  6,000人(超満員)

第4試合30分1本勝負

スペシャルタッグマッチ

[08分39秒]
エベレストジャーマンスープレックスホールド

レフェリー|佐藤健太

試合経過情報

 かつてのタッグパートナー・高山に対する怒りが爆発し、真壁の要求で実現したタッグマッチ。
 
 真壁組の奇襲攻撃で試合が始まり、真壁が高山のフロントハイキックをかわし、ラリアットでなぎ倒した。
 田口対タイチの場面。今回もタイチがまともに闘おうとせず、場内から失笑、ブーイング、「帰れ」コールが起きる。それでもタイチがラフで攻めると、田口は髪の毛を引っ張って報復。そして、スワンダイブ式アームドラッグからのドロップキックで、タイチを場外へ追いやる。
 そして田口は、三角飛びプランチャに行くが、控えの高山が妨害。これで場外戦が勃発し、大ダメージを負った田口を、高山組が攻め立てる展開となる。
 長時間の劣勢を強いられた田口だったが、セカンドロープからのバックエルボーでタイチに逆襲。ようやく出番となった真壁は、タイチに対して串刺しラリアット2連発、頭部へのパンチ連射で追撃。そして、乱入した高山もラリアットで蹴散らすと、パワースラム、ラリアットでタイチを追い込んだ。
 田口対タイチとなり、田口がスワンダイブミサイルキックでタイチに追い討ち。しかし、青コーナーまでタイチが吹き飛んでしまい、高山とのタッチが成立。
 田口は、ドロップキック3連発で高山を倒すが、すぐに高山が逆襲し、ジャーマンスープレックスの体勢に入る。それを真壁がカットしてラリアットを発射するものの、高山は倒れず。すると真壁はロープへ走るが、控えのタイチが妨害。これでタイチに気を取られて背中を見せた真壁を、高山がエベレストジャーマンで投げ捨てる。
 続いて、高山はニーリフトで田口の動きを止め、エベレストジャーマンスープレックスホールドで3カウントを奪取した。
 
 試合後、真壁が高山に襲い掛かり、乱闘が勃発。それを若手たちが必死で引き離した。

コメント
タイチ「どうだ、高山さんの強さ、見たか? オイ、真壁! おまえは触れちゃいけないものに触れたんだよ? おまえ、死んじまうぞ?ねぇ、高山さん!」
高山「ま、そういうことだな? よくやった(ニヤリ)。真壁の印象? そんなの変わんねーよ! アイツ、人間じゃねーから、そういう感情がねーんだろうな。猿だからさ!しつこいんだよ、猿だから」
――シングルでの決着に興味は?
高山「夏に勝ったばっかだからな〜。べつに俺は興味ねーよ。ただ、アイツがリスペクトしねーから、イジメてただけだ。タイチの力を借りて(笑)」
タイチ「いやいやいや!」
――これから鈴木軍とともに闘っていく?
高山「もう、もちろん。鈴木みのるは俺のダチだし、タイチもTAKAもいいヤツだ。使える!」
タイチ「ありがとうございまっす!」
高山「狙っていくもの? まずは猿だな? ま、今日はあんま触ってないからね。ただ、猿ってやられると、どっか行っちゃうじゃん? そこまでやりたいね。新日本プロレスという群れから、追放してやるよ? タイチ、サンキュー!」
タイチ「俺と高山さんで、新ノーフィアーだ!」
高山「あ! アックスボンバー、よかったな〜!」
タイチ「でしょ! 見せたかったんですよ。絶対に、大森隆男なんかよりもいいすよ!」
高山「フフフ。タイチがイチバン」
タイチ「ありがとうございまっす!」
高山「タイチバ〜ン!!(一番ポーズで)」
タイチ「おお〜! おまえら、書いとけよ!」
 
※真壁、田口はノーコメント
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.