新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

POWER STRUGGLE

2011/11/12(土)18:00大阪・大阪府立体育会館 | 観衆  6,000人(超満員)

第6試合60分1本勝負

IWGP Jr.ヘビー級選手権試合

[12分13秒]
ブラディサンデー→片エビ固め

※デヴィットが初防衛に成功。

レフェリー|マーティー浅見

試合経過情報

 TAKAのセコンドとして登場したタイチに対し、容赦ない「帰れ」コールが浴びせられる。
 
 そんな中、デヴィットがTAKAを場外に落とし、ロープへ走る。だが、TAKAがエプロンからカウンターエルボーで逆襲し、サミング、顔面攻撃、串刺しニーアタック、強烈なフロントネックロックなどで追い討ちをかける。
 長時間の劣勢を強いられたデヴィットだったが、追走式ドロップキックでTAKAを場外へ落とし、ノータッチトペコンヒーロをお見舞い。そして、リングに戻ると、ミサイルキックで追撃する。
 しかし、TAKAがジャストフェースロックで反撃し、コーナー2段目からニードロップを投下。だが、デヴィットがかわして自爆を誘い、串刺し低空ドロップキック、プリンスズスロウン、ダイビングフットスタンプと畳み掛ける。
 続いて、デヴィットはブラディサンデーを狙うが、TAKAが切り返してジャストフェースロックで逆襲。これをデヴィットがロープに逃れると、延髄斬りで場外に落とし、ラ・ケブラーダで追撃。
 リングに戻ったTAKAは、串刺しニーアタック&ニールキック、ランニング低空ニーアタックで追撃。さらに、ドリームキャストをかわしてニールキックを浴びせるが、デヴィットも間髪入れずにオーバーヘッドキックでお返し。
 エルボー合戦を挟み、デヴィットがスクールボーイ。これを返したTAKAは、サミングからの首固めで逆襲。さらに、ラ・マヒストラルの回転からスクールボーイを繰り出し、返されるとジャンピングフロントハイキックからさらにフォールを狙う。
 それでもデヴィットが跳ね返すと、TAKAはみちのくドライバーIIの体勢に入る。しかし、デヴィットが切り返し、反対にみちのくドライバーIIで逆襲。そして、捻りを加えた変型リバースブラディサンデーで叩きつけ、ドリームキャストを発射するものの、TAKAがトラースキックでお返し。
 しかし、デヴィットは追走式ドロップキックですぐにやり返し、倒れたTAKAの背中にダイビングフットスタンプを投下。そして最後は、垂直落下のブラディサンデーで決着をつけた。

コメント
デヴィット「まず最初に、オーサカのファンにサンキューと言いたい……」
※ここで、デイビー・リチャーズがコメントルームに登場!
リチャーズ「ヘイ、デヴィット! 俺はオマエを今年、2度も倒している!次は、この俺の番だ。この俺に挑戦させろ!」
リチャーズ「オーケー。リチャーズ。いいだろう。このベルトにだな? おまえらが『フォーエバー』と言うのなら、ボクはその上を行ってやるよ!」
リチャーズ「イヤ〜、覚悟しておけよ!」
※ここでリチャーズは退室。
デヴィット「このオーサカで、去年の6月、ボクはベルトを戴冠した。思い出の場所なんだ。今回は、そのオーサカで、小さいときから、ビデオやWWFで観ていたTAKAみちのくに勝ててうれしい。光栄だし、2月のセンダイよりもさらにハードな闘いだったよ。ネクスト、デイビー・リチャーズとの試合は、オーサカ、アイチ、トーキョー、場所はどこでもいい。Apollo55としてヤツらから、Jr.タッグベルトを取り返さなきゃならないけど、まずはシングルのタイトルマッチでリチャーズを倒すよ!」
  
TAKA「アレ? デヴィットってあんなに強かったっけ? いまの本当にデヴィットか? リバースのブラッディサンデー、アレは警戒してたんだけど、その前に食らったことのねぇ、強烈な技食らった気がするんだよな。なんだかわかんねぇんだけよ。あれでよ、飛んじまったよ。デヴィットかいまの?結果どうなってんだ?俺負けたのか?今回は万全の、これ以上ないコンディションでで来たんだけどよ、それでも勝てないのか。どうなってんだ、おかしいな、今日のはデヴィットじゃねぇよ。開き直るわけじゃねぇけどよ、俺は失うものねぇんだ。今日は体重が偶然にも77.7kgって、ラッキーセブンだったんだよ。だけど昨日パチンコで勝っちまったんだ。もしかして大阪に前乗りして、昨日運使っちまったかもしんねぇ。実力は差はねぇ。あとはタイミング、勝利の女神、運だと思うよ。いいよ、負けたんだろ?負けだ負け。前回負けて9ヵ月待ったよ。次はどうだ?いくらでも待ってやるよ。俺は狙った獲物は逃がさねぇからな。IWGPのベルト、シングル、タッグもだ。必ず、必ず奪い獲るからな。じゃないと俺は、ここに来てる意味がねぇんだよ。存在意義がなくなっちなうんだよ。鈴木軍として勲章が必要なんだよ。KAIENTAI-DOJOとして、お土産一つ持って帰んないとカッコつかねぇだよ。今日は運が向こうに味方したってことだ。素直に認めてやるよ?」

  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.