新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

G1 TAG LEAGUE 2011

2011/11/06(日)18:30東京・後楽園ホール | 観衆  1,900人(満員)

第7試合時間無制限1本勝負

G1 TAG LEAGUE 2011 決勝戦

[17分42秒]
ダークデイズ→片エビ固め

※鈴木&アーチャー組が「G1 TAG LEAGUE 2011」制覇。

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 開幕戦(10月22日後楽園ホール)で行なわれた公式リーグ戦の再戦となった決勝戦。  

 先発したのは、アンダーソンと鈴木。パワーで押し込むアンダーソンに対し、鈴木は膝蹴り連射でお返し。
 バーナード対アーチャーの場面。両者のショルダータックル、エルボー、ラリアットがことごとく相打ちとなる。そこからアンダーソン対アーチャーとなるが、アンダーソンの攻撃を鈴木が妨害。たちまち場外戦となり、鈴木組が猛攻。そのままアンダーソンを逃がさず、2人がかりで攻め立てて行く。
 アーチャーの変型チョークスラム、鈴木のキック攻撃&関節技などでさんざんいたぶられたアンダーソンだったが、鈴木に逆襲してようやく自軍コーナーへ帰還。
 タッチを受けたバーナードは、地獄突き、ヘッドバット連射、串刺しボディアタック、コーナープレスで鈴木に追撃。そして、乱入したアーチャーをネックハンギングボムで蹴散らす。
 さらにバーナードはパワーボムを仕掛けるが、鈴木が脱出。さらに鈴木は、串刺し攻撃をかわしてリング外に脱出すると、スリーパーホールドからゴッチ式パイルドライバーを狙う。だが、アンダーソンがジャンピングキックで阻止。
 アンダーソン対アーチャーの場面。アンダーソンとバーナードが連携攻撃を狙うものの、アーチャーが回避。フロントハイキックでバーナードを場外へ落とす。対するアンダーソンは、串刺し攻撃をかわし、ジャンピングフロントハイキックで反撃するが、アーチャーもすぐにF’n Slamでお返し。
 ここで鈴木がバーナードに張り手とボディブローを連射し、フロントハイキックで蹴散らす。そして、アンダーソンに串刺しフロントハイキックを食らわせると、アーチャーが串刺しエルボーで続き、ヘラクレスカッターで叩きつける。
 続いて、アーチャーはコーナー最上段にのぼるが、バーナードが股下へ潜り込み、ジャンピングパワーボム。さらに、鈴木にはバーナードライバーを食らわせる。すると、アンダーソンがコーナー最上段からダイビングネックブリーカーをアーチャーにお見舞い。そして、バーナードと共にマジックキラーを敢行するものの、フォールはアーチャーがキックアウト。
 さらにアーチャーは、トレイン攻撃を狙うバーナードとアンダーソンをフロントキックで蹴散らし、ダイビングショルダーでバーナードを吹き飛ばす。そして、アンダーソンのガンスタンを回避すると、ハイアングルチョークスラムで叩きつける。
 続いてアーチャーは、ダークデイズの体勢に入るが、バーナードが妨害。するとアーチャーは、バーナードをチョークスラムで蹴散らし、再びアンダーソンへダークデイズを仕掛ける。これはアンダーソンがガンスタンに切り返したものの、フォールを鈴木がカット。
 するとアンダーソンは、鈴木にもガンスタンを仕掛ける。しかし、鈴木がスリーパーホールドに切り返し、ゴッチ式パイルドライバー。そして鈴木が、バーナードをスリーパーホールドで分断すると、ついにアーチャーのダークデイズがアンダーソンへ炸裂。鈴木&アーチャーが、2011年の『G1 TAG』覇者となった。

コメント
鈴木「なんだ? 聞くこともねぇか? 言ってんだろ? 強さが全てだって。ブーブーよ、豚みたいに叫びやがって、バカじゃねぇのか? それから新日本、こうやって端から食いつぶされてるのを、気づかないで」(※アーチャーとタイチがインタビュースペースに到着)
タイチ「どけどけ!ランスだ。今日の主役だ」
鈴木「おい、アイツ(TAKA)どこ行った?」
タイチ「売店です」
鈴木「ま、いいや、アイツ会計だからな」
タイチ「優勝おめでとうございます!乾杯!」(※と言って鈴木、アーチャー、タイチの3人はビールで乾杯)
――IWGPとGHC、2冠のタッグを獲ってるチームに勝ったが?
鈴木「じゃあくれよ。2つともくれ。アレ、俺んだから。両方とも」
――挑戦するっていう感覚ではありませんか?
鈴木「はぁ?なんで?なんで挑戦しなきゃいけねぇんだ?なにに挑戦するんだ?負け方習いに行くのか?オイどっちが強いか、いま出ただろ?リーグ戦でいつも思うんだ。『買ったら次はタイトルですか?』、オイ!予選会か?! って。いつも言ってんじゃん?予選会なら予選会って書けよ。毎回タイトルマッチの前に予選やってみろオマエら。違うだろ、俺達はチャンピオンなんだよ。違う?違うの?だから“挑戦”って言葉、おかしくない?」
――バーナード選手が、『これで1勝1敗なので、IWGPタッグを懸けて、すぐに再戦させてほしい』と言っていましたが?
鈴木「1勝1敗?なにが?」
――鈴木軍に開幕戦で勝利しています。
鈴木「うそ、俺には今日勝った記憶しかねぇけど?」
――次はタイトルを懸けてやらせてほしいっていうことですが?
鈴木「お願いされた? オマエ達がそんなに俺達に挑戦したいんだったら、考えてやるよ。あくまでも“考えてやる”だけどな。ただ俺には用事がある。オマエらの持ってるソレは俺んだから早く返せ」(※TAKAが登場。再度乾杯をする)
TAKA「乾杯!優勝!最強!最強!」
――次に新日本への要求は?
鈴木「要求? 『要求』ってことは俺がお願いして、向こうが『どうしようかな?』ってことだろ?違うよ。そんもんはしないよ。俺が勝手に全てを詰める。だって俺、強いもん。本当ごめんね。強すぎて、強すぎて。あのハゲ二人、この金でカツラ買ってやった方がいいんじゃねぇか?」
アーチャー「今日見ての通り、鈴木軍が勝利した。俺の事は全てのものが恐るべき存在だ。これからはナンバーワンのタッグチームは俺達だ。バーナード、アンダーソンの時代ではない。まもなくIWGPのタッグタイトルを俺達の手に収めてやる」
鈴木「IWGPタッグのタイトルに、俺達が優勝したから挑戦するんじゃない。2冠持ってる新日本とノアのチャンピオンなんだろ?アイツら。チャンピオンさん達が『挑戦させてください。このベルトあげるから』って言うから、やってやるよ。贈呈式だな、贈呈式。終わり、帰ろう。これ(賞金ボード)はユー(アーチャー)。別に金は要らねぇんだ。俺が欲しいのは、この城だ。金じゃねぇんだ」(※と言って控室へ)
 
バーナード「スズキ! アーチャー!! おまえたちが、もしIWGPのタッグタイトルに挑戦したいというなら受けてやるぜ。Bad Intentionsはナンバーワンだ。目の前の敵はすべて倒すだけだ!」
アンダーソン「俺たちのチームはもっともハードなトレーニングをしてきた、最高で最強のチーム。でも今日は、スズキ&アーチャー、おまえたちが勝った。だが、これで1勝1敗だろ? いつでもいい。リマッチをやってやるよ。次こそ、俺たちこそベストタッグということを証明してやる!!」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.